Down


★サナエ(サナヘ)Sanae.早苗.

[植物]苗代Nawashiroから本田へ移し植える頃のイネ(稲)Oryza sativaの苗.

田植えに用いるイネの若苗.

イネはイネ目Poalesイネ科Poaceaeイネ属の単子葉植物.

イネ目はパイナップルBromeliaceae、カツマダソウCentrolepidaceae、カヤツリグサCyperaceae、ホシクサEriocaulaceae、トウツルモドキFlagellariaceae、ヒダテラHydatellaceae、ヨインウィレアJoinvilleaceae、イグサJuncaceae、マヤカMayacaceaeイネ、ラパテアRapateaceae、サンアソウRestionaceae、ミクリSparganiaceae、トゥルニアThurniaceae、ガマTyphaceae、トウエンソウXyridaceae科等からなる単子葉植物の総称だが、もっと細かく分類する場合やカヤツリグサ目Cyperalesに含ませる場合もある.

なお、タケタケ亜科Bambusoideaeとして本科に含める場合と独立した科として分離する考えがある.

イネ科はオガルガヤススキメガルガヤヨシ属等約600属1万種が属するイネ目最大の科で、かつては禾本Kahon科とも呼ばれた.

イネ属は22種からなるが、うちアジアイネとアフリカイネO.glaberrimaの2種が栽培されており、前者は短粒種のジャパニカ種O.s.subsp. japonicaと長粒種のインディカ種O.s.subsp.indicaに分かれる.

「サ」は田植えに関係する接頭語であろうと考えられており、五月は早苗月の略であるといわれる.

夏の季語.

---------------------------------

駆逐艦早苗

1918計画(二等)駆逐艦として浦賀船渠で23.11/5(#453)or15(日本の軍艦14)竣工し呉鎮守府籍となり第2駆逐艦等とともに第13駆逐隊に編入24.4/24第6号駆逐艦と改名された日本、第2(号)駆逐艦級駆逐艦(3/8+5)第6駆逐艦(候補艦名菖蒲)を

IJN Wakatake class destroyer.Illustrated by A-140.

28.8/1若竹級駆逐艦(3/8+5)早苗@と改名

12/10第13駆逐隊は軽巡洋艦神通等と第1艦隊隷下に第1水雷戦隊を編制、艦長板垣盛(兵39)少佐

29.11/1(30.11/20兼早蕨)艦長橘正雄(兵45)少佐/30第13駆逐隊は軽巡洋艦那珂等と第1艦隊隷下に第1水雷戦隊を編制

30.12/1第13駆逐隊は呉鎮守府部隊に編入

31.11/13第13駆逐隊第2遣外艦隊に編入され華北で警備任務に従事

32.3/13第13駆逐隊第3艦隊に編入5/11第13駆逐隊は呉鎮守部隊に編入11/15艦長福岡徳治郎(兵48)大尉(12/1少佐)12/1第13駆逐隊は馬公要港部部隊に編入/3第13駆逐隊(早蕨早苗呉竹若竹)は補給物資を搭載して呉出港後馬公へ航行中/5基隆の北方約120nm(27゚17'N/122゚12'E)の台湾海峡で荒天(北北東の風、風速20m/s、波高6m)に遭遇、沈没した早蕨を捜索/7-8基隆/8馬公入港

33.11/15第13駆逐隊は呉鎮守部隊に編入/23馬公出港/27呉入港12/11第13駆逐隊は呉警備戦隊に編入

34.5/25艦長大迫東(兵50)大尉9/29艦長矢野寛二(兵50)大尉(35.11/15少佐)11/15第13駆逐隊は呉鎮守部隊に編入

35.11/15第13駆逐隊(駆逐艦若竹呉竹早苗)は軽巡洋艦夕張等と第3艦隊隷下に第5水雷戦隊を編制し華南に派遣

36.9/3広東省で発生した北海事件により/15-10/1南遣部隊に部署され警備に従事12/1第13駆逐隊夕張等と第3艦隊隷下に第5水雷戦隊を編制(37.12/9-38.1/2兼呉竹)艦長吉井五郎(兵50)少佐

37.7/28第13駆逐隊夕張等と第3艦隊隷下に第5水雷戦隊を編制10/20第5水雷戦隊は新設された支那方面艦隊隷下に第4艦隊を重巡洋艦足柄等と編制12/1第13駆逐隊は呉鎮守府部隊に編入

38.4/15第13駆逐隊の解隊により第4予備駆逐艦7/25呉防備戦隊に編入、艦長柴山一雄(兵52)大尉

40.10/15第13駆逐隊を再編し特別役務駆逐艦、艦長柳瀬善雄(兵55)少佐11/15警備駆逐艦

41.1/15兼練習駆逐艦4/15艦長小川陽一郎(兵57)大尉/19-20第13駆逐隊司令天野重隆(兵47)中佐の司令駆逐艦を呉竹から一時継承6/2第13駆逐隊司令駆逐艦を呉竹から一時継承10/1艦長小泉四郎(兵57)少佐12/8開戦により第13駆逐隊は呉鎮守府部隊海面防備部隊に部署/12沖ノ島灯台沖で空母鳳翔が探知した潜水艦を攻撃/14豊後水道伊予灘で対潜掃討/3高雄出港

42.3/30-4/3呉竹とともに佐世保鎮守府指揮下に編入4/1佐世保出港後対潜掃討/10第13駆逐隊は特設巡洋艦浮島丸等と南西方面艦隊隷下に第1海上護衛隊を新編し第1海上護衛隊第1連隊1番隊第1小隊に艦隊区分/27呉出港/29六連出港後船団を護衛/26-8馬公寄港6/4呉出港/14六連出港後船団を護衛/20-8馬公7/5-7呉寄港/7-14六連寄港後船団護衛/20-2馬公寄港/28門司入港8/4六連出港/10-2馬公寄港/15-8徳山寄港後船団護衛/29-9/1徳山/5-8門司寄港後船団護衛/11-3馬公/18-10/5呉/5-6門司寄港後船団護衛/10馬公入港/12第1海上護衛隊第1護衛部隊に部署され第13駆逐隊は第1海上護衛隊2番隊に艦隊区分/17出港/25艦長長倉義春(兵60)大尉11/21-6馬公寄港後船団護衛12/10第13駆逐隊の解隊により第1海上護衛隊に編入され第1海上護衛隊北護衛隊に部署/23-

43.1/1高雄寄港後護衛任務に従事/1第1海上護衛隊北支隊に部署/19-22高雄寄港後船団を護衛/28門司入港/29-3/2呉寄港/2-6門司寄港後船団護衛/13-6高雄/20-7門司寄港後船団護衛4/5-9門司寄港後船団護衛/13-7高雄寄港後船団護衛/25-5/1高雄寄港後船団を護衛6/26-

7/1高雄寄港後船団護衛/6-10門司寄港後船団護衛/16-8馬公寄港後船団を護衛/18-20高雄寄港後船団を護衛/25-30門司寄港後船団護衛8/1第1海上護衛隊の艦隊区分を廃止/4-7高雄寄港後船団護衛/12-9/2呉/2-4門司寄港後船団護衛/11-3馬公/19-21高雄寄港後船団護衛/23マニラ寄港/27-10/5バリクパパン寄港後2608船団を護衛/11-6パラオ寄港後2511船団を護衛中、日僚丸等を分離し日栄丸を護送/20艦長酒井信一(兵63)大尉/22-11/4バリクパパン寄港後特務艦佐多等からなる2610船団を護送/10-5パラオ寄港後特務艦穏戸等を護送して航行中/18ホロ島西方のセレベス海(05゚00'N/122゚00'E)でアメリカ潜水艦(SS222)ブルーフィッシュの発射した魚雷を受けて沈没し酒井艦長以下、乗員多数が死亡

44.1/5除籍.

IJN Wakatake class destroyer Sanae,1936.


★サヌキSanuki.讃岐(讚岐).

[地名]讃岐国.

南海道6ヶ国の1つ.

現在の香川県.

南北朝以降、細川、三好、長宗我部氏が領有1871.7/14廃藩置県により各藩名を冠した県を設置76.9/5愛媛県の一部となり88.12/3香川県として分離.

五色台を境にして東讃、西讃に分けられる.

---------------------------------

ニュー・アドミラルティー/サンクト・ペテルブルク工廠で1897-9竣工1905日本が拿捕し05.8/22丹後級(一等)戦艦(1/1)丹後@と改名されたロシア、ペトロハヴロフスク級戦艦(2/3)ポルタワの候補艦名.

旅順港内で着底していて拿捕されたロシア戦艦4隻の第1次候補艦名は阿波讃岐伊予土佐と四国の旧国名を使用することになっていたが、実際には相模丹後周防肥前と各鎮守府のある旧国名を中心に命名された.

---------------------------------

讃岐丸

日本郵船貨客船

ネイピアNapier Shanks & Bell/グラスゴー造船所で1897進水9/13回航

1925.8/3個人船主に売却

29日本工船漁業に売却

32合併により日本合同工船に移籍

35.3/30解体.

6117T pp135.64x14.97x(10.21)m R(3連成)x2/2 14.26knt.

船舶番号1699.

信号符字HLDR.

神奈川丸級6隻の5番船.

---------------------------------

讃岐丸

日本郵船貨物船

三菱重工業長崎造船所に1937.2発注され724番船として38.8/29起工39.2/8進水5/1竣工

2/20(?)処女航海で横浜=ロサンゼルス間を11日7時間で航走6/2横浜出港後パナマ運河経由で7/10ロンドン入港(32日23時間は貨物船の速度新記録)

41.8/17海軍が徴用9/5舞鶴鎮守府所管特設水上機母艦となり第3艦隊第2根拠地隊に編入、艦長露木専治(兵36召)大佐

42.2/6スターリング湾出港後千歳等とともにマカッサル攻略作戦を支援6/2艦長竹田六吉(兵36召)大佐8/11長崎で入渠中、外南洋部隊に編入12/1特設水上機母艦相良丸聖川丸とともに除籍と同時に舞鶴鎮守府所管特設運送艦(雑用船)となり海軍省に配属

43.3/21カロリン諸島南方(07゚40'N/139゚48'E)でアメリカ潜水艦(SS230)フィンバックの発射した魚雷を受けて中破/27-31佐世保寄港4/1舞鶴入港後修理/12艦長長谷部喜蔵(兵40)大佐7/25河原金之輔(兵39)大佐

44.3/11.0730シンガポール出港後御室山丸帝亜丸建川丸厳島丸清洋丸音羽山丸阿波丸日栄丸北陸丸黒潮丸他2隻の計13隻とヒ48船団を編制し海防艦三宅等に護衛されて門司へ航行中、雷撃を受けて損傷し船団から分離4/8徳山入港5/8臨時艦長山田鉄夫(兵49)大佐8/5(/12着任)艦長上岡小彪(兵48)大佐/25.0630門司出港後ヒ73船団を編制し練習巡洋艦香椎等に護衛されて/29高雄寄港9/5シンガポール入港

45.1/26門司出港後ヒ91船団を編成し佐世保経由で高雄へ航行中/28朝鮮半島南西岸小黒山島の西方約110nm(33゚55'N/122゚55'E)でアメリカ潜水艦(SS411)スペードフィッシュの発射した魚雷を受けて沈没し上岡艦長以下が死亡3/10徴用解除と同時に除籍.

7158>9246T pp145.00x19.00x(12.50)m D(三菱ズルツァー)x2/2 9600bhp 17(19.8)knt.

船舶番号45864.

信号符字JGBN.

日本郵船(近海郵船)崎戸丸級高速貨物船7隻の第2船.

---------------------------------

讃岐丸

日本国有鉄道鉄道連絡船

新三菱重工神戸造船所で915番船として1960.11/22進水61.3竣工4/25宇高(宇野=高松)航路に就航

74.3/9第1讃岐丸と改名

75.3/9引退、売却.

77.12解体後錨を五色台瀬戸内海歴史民俗資料館玄関前とサンポート高松のホテル前に設置.

1828(887)T oa78.0pp73.2x15.1m D/2 12.5knt.

船舶番号IMO5313373.

Photo by Mr. Tomekichi Yamamoto.

Courtesy of .

Special Thanks !

伊予丸級鉄道連絡船の第4船.

---------------------------------

讃岐丸

日本国有鉄道(>JR)鉄道連絡船

内海造船瀬戸田工場で385番船として1974.3/23進水.6竣工7/20宇高(宇野=高松)航路に就航

97Good SaviourIと改名98Dharma Kencanaと改名2008現存.

3088(1096D)T oa88.9pp84.0x15.8m D/2 15knt.

船舶番号IMO7374541.

姉妹船伊予丸.


★サネSane.

[人名]Jacques-Noel Sane、1740-1831.

帆走時代のフランスの造船監.

---------------------------------

フランス サネ級コルヴェット

2017t

wl79.38x11.00x5.59-5.87m

R/1 15knt

同型艦(3/)

サネ.セニュレー.ファヴェール.

1874二等巡洋艦.

---------------------------------

Sane

フランス サネ級コルヴェット(1/3)

ツーロン工廠で1867起工69進水72竣工

92除籍.

---------------------------------

Sane

フランス デュピュイ・ド・ローム級潜水艦(2/2)Q106

1913計画潜水艦としてツーロン工廠に2/28発注5/30命名.11起工16.1/27進水.9竣工

22主機をDに換装

35.7/24解役8/27除籍

36.8/6売却.


★サネットThanet.

[地名]サネット島Isle of Thanet.

イングランドケント州にある島.

597アングロ・サクソン人をキリスト教に改宗する目的でローマから派遣された聖アウグスティヌスAugustinus Cantuariensis、?-604or5が上陸した場所で、この人物が建てた教会堂が今日のカンタベリー大聖堂Canterbury Cathedralの前身である.

現在は本土と繋がっている.

---------------------------------

HMS Thanet

イギリス@ シムーン級(アドミラルティー、S型)駆逐艦(54/67)G24>H29

1917第2次戦時緊急計画駆逐艦としてホーソン・レスリー/ヘバーン・オン・タイン造船所に.6発注12/13起工18.11/5進水19.8(G24)/30竣工

42.1/27オーストラリア駆逐艦(D68)ヴァンパイアとともにマレー半島エンドウEndauに突入し軽巡洋艦川内等からなる第3水雷戦隊と交戦、沈没(エンドウ沖海戦).


PREVIOUS  NEXT

Since 3 Feb. 2015.

Last up-dated, 27 Jun. 2015.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Sana-.

Ver.1.15a.

Copyright (c) hush ,2001-15. Allrights Reserved.

Up


動画