Down

Hatsukaze.

初加勢.初風.はつかぜ.

古川隆久教授に

2007年、御著「大正天皇」発刊のお祝いに.

[気象]初風.

季節の初めに吹く風.

「古今集」に撰ばれた藤原敏行の「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」等に顕著であるが、季節の移り変わりは風とともに変化するものと考えられていた.

Up
Down

初加勢

皇室、汽走ヨット

1900.10/26皇太子(大正天皇)の視察記念に三菱長崎造船所で01.5/10起工02.10/4進水後品川で艤装されて11/16or26竣工

/26横須賀に回航され岩崎男爵家から皇太子に献納と同時に宮内省より海軍に移管され横須賀鎮守府所管雑役船初加勢@

05.10横浜沖凱旋記念観艦式に皇族用ヨットとして使用

06皇太子の東京湾第2海堡視察に使用

16.11神戸港から戦艦榛名まで大正天皇が乗艦

21.3呉海兵団から兵学校に臨時貸与され高松宮が使用

45.8/15敗戦後アメリカ第8軍が接収しアイケルバーガー司令官の娘の名をとってドロシーと改名

49返還後志摩航運に売却され観光船初風となり機関をディーゼルに換装.11就役

50.3/18鳥羽から渡鹿野Watakano島へ航行中、石鏡Ijika村沖で座礁事故により全損.

80T oa31.32m R 230ihp 11.38knt.

風を加勢と書いたのは万葉仮名による表記.

UpDown

駆逐艦初風

日本A 陽炎級駆逐艦(7/18)

IJN Kagerou class destroyer.Illustrated by Iyapopo.

1937B計画甲型(一等)駆逐艦第23号艦として川崎神戸造船所で37.12/3起工

38.9/20駆逐艦初風と命名

39.1/24進水、呉鎮守府第1予備駆逐艦11/15艤装員長高橋亀四郎(兵49)中佐、艤装員(機関長)岡村徳太郎(機32)機関少佐、(水雷長)海老原太郎(兵59)大尉、(砲術長)成谷昇(兵58)大尉、(航海長)田中繁(兵64)中尉/20艤装員事務所を設置

40.2/15高橋艦長の指揮下に竣工し第2艦隊第2水雷戦隊第16駆逐隊に編入され司令島崎利雄(兵44)大佐の司令駆逐艦を継承10/15(-41.9/20)航海長福本一雄(兵65)中尉11/1機関長伊藤荘美(機39)機関大尉(41.10/15機関少佐)/15砲術長久津輪久雄(兵63)大尉

41.2/15水雷長名和孟(兵66)中尉

9/15水雷長関清栄(兵65)中尉(10/15大尉)

10/15航海長吉武四郎(兵67)中尉12/6第2艦隊第2水雷戦隊第16駆逐隊は南方部隊比島部隊南比支援隊所属としてパラオ出港/8レガスピー上陸作戦に参加し空母龍驤によるダバオ空襲時に軽巡洋艦神通等とともに前程に進出し出撃機の道標役として使用

42.3/1第2水雷戦隊旗艦軽巡洋艦神通を狙ったアメリカ潜水艦(SS183)シール天津風等とともに爆雷攻撃、スラバヤ北方60nmバウエアン島付近でオランダ潜水艦KXを撃破(/2自沈)、機関長藤川三二機関特務大尉

6/21第16駆逐隊司令渋谷紫郎(兵44)大佐の司令駆逐艦を雪風から継承/24砲術長大井隆三(兵67)中尉7/15第16駆逐隊司令駆逐艦を雪風に継承8/14第16駆逐隊司令駆逐艦を雪風から継承9/10第16駆逐隊司令駆逐艦を雪風に継承、航海長岩崎征重予備中尉

11/3第16駆逐隊司令駆逐艦を雪風から継承12/15艦長岡三知夫(兵50)中佐/28艦長渡辺保正(兵49)中佐/31横須賀出港後空母瑞鶴を護送

43.1/4トラック入港/10ガダルカナル島への輸送作戦に従事中、同島エスペランス岬沖でアメリカ魚雷艇9隻と交戦し右舷39番フレーム付近(冷却機室)に魚雷1本を受けて艦首部が若干沈下後駆逐艦に護衛されてトラックに自力回航後応急修理3/7水雷長が転出(後任発令されず)

4/15呉入港後呉工廠で復元修理に着手5/1水雷長福山鉄弥(兵68)中尉(11/1大尉)

7/1艦長蘆田部一(兵50)中佐、機関長山本幸助機関特務大尉/12工事完了/31柱島出港後戦艦武蔵等を護送8/17トラック進出

10/6被雷沈没した給油艦風早救援の目的で軽巡洋艦五十鈴とともにトラック出港/30ラバウルに基地物件を輸送11/2ブーゲンヴィル島沖(エンプレス・オーガスタ湾)海戦で重巡洋艦妙高と衝突し艦首を切断されて航行不能となって漂流中、アメリカ第45駆逐隊所属の駆逐艦(DD570)チャールズ・オーズバーン、(512)スペンス、(572)ダイソン、(571)クラックストン、(478)スタンリーの集中砲火を受けて沈没し蘆田艦長、山本機関長、福山水雷長、大井砲術長、岩崎航海長、乗員山口少尉、第16駆逐隊主計長山本常義主計大尉以下乗員164名全員が死亡

44.1/5除籍.

信号符字JJLDorJZFA.

UpDown

巡視艇はつかぜ.

海上保安庁(1) そよかぜ級巡視艇(10/11)CL04

1949計画15m型木造巡視艇として墨田川造船で12/23竣工し横浜海上保安本部に配属

50.6/1第3管区海上保安部横浜海上保安部に配属

54.5/1(CL13)

73.12/3第3管区海上保安部那珂湊海上保安部で解役.

UpDown

巡視艇はつかぜ.

海上保安庁(2) ちよかぜ級巡視艇(76/109)CL122

1973計画15m型鋼製巡視艇として墨田川造船(東京)で6/1姉妹艇(CL123)ささかぜ、(124)はぎかぜ、(126)しずかぜ、(127)むろかぜ、(137)わしかぜ、准姉妹艇(CL128)かわかぜと同時に起工11/26しずかぜと同時に進水12/20しずかぜと同時に竣工し/4解役された巡視艇(PC04)うらなみと交代して第2管区海上保安部釜石海上保安部宮古海上保安署に配属

96.2/29竣工し宮古海上保安署に配属された巡視艇(CL73)はつかぜと交代して/14解役.

姉妹艇(CL126)しずかぜと同時建造.

UpDown

巡視艇はつかぜ.

海上保安庁(3) すずかぜ級巡視艇(63/124+)CL73

1995計画20m型巡視艇として木曽造船(尾道)で8/29起工12/6進水96.2/29竣工し/14解役された巡視艇(CL122)はつかぜと交代して第2管区海上保安部釜石海上保安部宮古海上保安署に配属

2016在籍.


Since 24 Sep. 2006.

Last up-dated, 1 Jan. 2016.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Hatsukaze.

Ver.1.16a.

Copyright (c) hush ,2001-16. Allrights Reserved.

Up


動画