Down

Hatsukari.  初雁.はつかり.

歌川広重、月と雁.

東京国立博物館.

[生物]初雁.

秋になって北方から最初に渡ってきた.

はつかりがね.

Up
Down

水雷艇初雁

IJN Chidori class torpedo boat Chidori.Illustrated by Iyapopo.

日本@ 千鳥級水雷艇(4/4+8)

1931計画第1次補充(@)第4水雷艇

藤永田造船所に31艦艇建造費により発注

32.12/10水雷艇初雁と命名され佐世保鎮守府籍と仮定

33.4/6起工12/19進水

34.1/11艤装員長柳川正男(兵48)少佐3/12姉妹艇友鶴が転覆7/15柳川艇長の指揮下に竣工し佐世保鎮守府第1予備水雷艇となり姉妹艇千鳥等からなる第21水雷隊に編入

10/20舞鶴要港部工作部に入渠し性能改善工事を実施11/15出渠、警備水雷艇となり(-35.11/15)第21水雷隊は佐世保鎮守府部隊佐世保警備戦隊に編入

35.7/18艇長隈部伝(兵50)大尉(11/15少佐)

36.8佐世保工廠で改修工事に着手12/1第21水雷隊は佐世保警備戦隊に編入、艇長杉谷永秀(兵51)少佐

37.5/1予備水雷艇7/28第21水雷隊第3艦隊第3水雷戦隊に編入8/8第21水雷隊は中支部隊第3警戒部隊に部署/14佐世保出港/16上海入港後華中方面で作戦に従事10/14第3水雷戦隊は中支部隊第2警戒部隊に部署/20第3艦隊第4艦隊とともに支那方面艦隊を新編11/7第21水雷隊は中支部隊護衛隊嚮導隊に部署/20第21水雷隊は中支部隊第2警戒部隊に部署12/1第21水雷隊は佐世保警備戦隊に編入、第3予備水雷艇となり上海出港/2佐世保入港後整備

38.1/30第21水雷隊第3艦隊付属第1根拠地隊に編入され中支部隊根拠地部隊警戒部隊に部署2/2佐世保出港/4上海入港後華中方面で作戦に従事7/1-31第21水雷隊第3艦隊第11戦隊に一時編入され中支部隊揚子江部隊護衛隊に部署12/15第21水雷隊は佐世保鎮守府部隊に編入され第3予備水雷艇/16上海出港/19佐世保入港後入渠整備

39.10/5艇長田岡清(兵55)大尉/25第21水雷隊第4艦隊第12戦隊に編入され北支部隊監視部隊に部署/26佐世保出港/28-31青島11/1-5旅順寄港後華北沿岸で封鎖任務に従事/13佐世保入港/15第4艦隊の解隊により第12戦隊第3遣支艦隊に編入/16出港/13旅順入港後同地を基地に華北沿岸で封鎖任務に従事

40.3/1艇長山名寛雄(兵55)大尉9/9-17旅順工作部で入渠整備10/6出港/7-10青島/10舞鶴鎮守府籍に転籍/12佐世保入港/15艇長森岡昌雄(兵56)少佐/20出港後華北方面で行動

41.3/8-10、22第21水雷隊司令小西要人(兵44)中の司令水雷艇を真鶴に一時継承4/10第12戦隊の解隊により第21水雷隊第3遣支艦隊に編入6/4-8/4第21水雷隊司令水雷艇を真鶴に一時継承/20艇長中尾九州男(兵57)大尉(42.6/1少佐)9/15第21水雷隊(水雷艇千鳥真鶴友鶴初雁)は第3艦隊第2根拠地隊に編入/18旅順出港/19-21青島寄港/23舞鶴入港後入渠整備/22出渠/24出港/26橘湾に到着し第2根拠地隊と合同し九州西方で艦隊訓練11/5第21水雷隊は南方部隊比島(フィリピン)部隊に部署/7-20舞鶴寄港/22寺島水道入港/23第21水雷隊は駆逐艦山雲等とともに比島部隊第3急襲隊に部署/26出港/30-12/6高雄/6-7.1800台湾南端部、枋寮寄港/8.0750第21水雷隊ルソン海峡中央部、バタンBatanes諸島バルアト湾に陸戦隊を揚陸/11バブヤンBabuyan諸島カラヤンCalayan島攻略を支援/14基隆入港/17第21水雷隊は比島部隊護衛部隊第3護衛隊に部署.0900出港後船団護衛/22-6リンガエン湾上陸を支援/27第21水雷隊は南方部隊蘭印部隊に部署/28-30高雄寄港後第21水雷隊和浦丸等からなる第2次リンガエン湾上陸船団を護衛

42.1/1リンガエン湾/2第21水雷隊は蘭印部隊第2根拠地隊に部署、カミギンCamiguin島寄港/5-9ダバオ/11-6第21水雷隊(友鶴欠)はタラカン/18-22ホロJolo島寄港/23-4タラカン/27-8バリクパパン寄港/28第21水雷隊は蘭印部隊東部ジャワ攻略部隊第2根拠地部隊に部署/30第21水雷隊第1小隊(千鳥初雁)は蘭印部隊西部ジャワ攻略部隊第3護衛隊に部署/31ダバオ入港2/1第1小隊は第3護衛隊第2嚮導隊に部署/5出港後急設網艦白鷹等を護衛/9-18.1000カムラン湾寄港後ジャワ攻略船団を護衛中、補給の目的で/20-1アナンバスAnambas諸島寄港.1700船団と合流/26カリマタKarimata海峡を通過/27.1040連合国艦隊の出現により船団を護衛してバンカBangka海峡方面に退避/28第1小隊は第3護衛隊第1警戒隊に部署3/1-6ジャワ島バンタムBantam湾上陸を支援/7バタヴィア入港/8-10第21水雷隊司令水雷艇を真鶴に一時継承/10第21水雷隊の解隊により第2南遣艦隊第24特別根拠地隊に編入/15蘭印部隊N攻略部隊に部署/17出港/19-20マカッサル/23モルッカ海峡で給油艦早鞆と合流/24蘭印部隊N攻略部隊主隊に部署され早鞆を護衛して/27-9アンボン/31-4/1ブラ/4-6ガネ湾/8マノクワリ入港/10第2南遣艦隊南西方面艦隊に編入/16フロレス島西サペー海峡で対潜攻撃/23蘭印部隊アンボン警備部隊に部署5/20南方部隊は南西方面部隊に、蘭印部隊は東印部隊に改称され東印部隊警備部隊に部署/31アンボン出港6/2-4マカッサル/5-6バリクパパン/9-18ダバオ寄港後船団護衛/23-7マニラ寄港後船団護衛/30-7/2高雄/5-8マニラ/13シンガポール入港/14-21第101工作部で入渠整備8/5出港/8-10スラバヤ//12-3マカッサル/15アンボン入港10/15艇長春日均(兵59)大尉(11/1少佐)

43.1/2アンボン出港後友鶴とともに国玉丸を護送/5アルAru諸島ドボDoboで部隊の一部を収容後友鶴を分離して国玉丸アンボンへ護送中/6ケイ諸島トアール付近で被爆損傷した友鶴の救援に急航/7.0800曳航開始.1500曳索切断.1815曳航再開直後に切断/8.0210曳航再開.0230軽巡洋艦名取が支援に到着.0830特設駆潜艇第17昭南丸が到着/9到着した特設砲艦万洋丸と曳航を交代/12アンボン入港/20支那方面艦隊第2遣支艦隊に編入/29出港後友鶴を曳航する特設救難船祐捷丸を護衛/6-8スラバヤ寄港後海城丸を護送/13-4マニラ/16-3/2香港寄港後同地を基地に護衛任務に従事/26香港入港/27-4/10第2工作部で入渠整備/11出港後同地を基地に護衛任務に従事6/6香港出港/10-20厦門寄港後同地を基地に護衛任務に従事7/18厦門出港後護衛任務8/3-16香港/27-9馬公/31香港入港9/4-9第2工作部で入渠整備/20艇長太田義夫予備少佐10/6出港後香港を基地に護衛任務に従事12/29馬公入港後馬公工作部で入渠整備

44.1/8出渠/17出港/26-2/4香港寄港後同地を基地に護衛任務に従事中/5対空戦闘により小破4/11香港出港/16-26上海寄港後86船団を護衛5/2-10.0700高雄/13.1620-/18香港寄港後89船団を護衛中/22被雷沈没した砲艦橋立の救援に急航/24-9高雄寄港後89船団を護衛/31-6/8上海寄港後船団護衛/12高雄近海で空襲によりレーダーを損傷/13-6高雄/20-4香港に寄港しレーダーを修理後91船団を護衛7/5-6九龍寄港/6(19゚21'N/115゚50'E)で魚雷を発射してきた潜水艦を攻撃/6-12香港寄港後船団護衛8/7-17高雄9/9-21香港10/12-26香港寄港後護衛任務に従事中11/7香港北方の青州島近海で触雷により小破後第2工作部で入渠修理12/22出渠/31出港後護衛任務に従事

45.1/2-5楡林寄港/8香港入港/14九龍出港後船団護衛/26香港出港2/24-3/16上海寄港4/15香港出港/26-5/8香港寄港/24香港帰投7/15艇長金原政治予備少佐8/15敗戦時、香港で残存9/16イギリス軍に降伏

47.5/3除籍(イギリスが接収?)

48香港で解体?

IJN Chidori class torpedo boat Hatsukari, 1934.

信号符字JWDP.

UpDown

巡視船はつかり

市川造船所宇治山田(三重)工場で1944.8/10竣工45.11/30除籍12/1掃海艦に指定47.8/28運輸省に48.5/1創設された海上保安庁に移管され門司海上保安本部鹿児島海上保安部に配属された第1号級駆潜特務艇(136/200+1)第186号駆潜特務艇

8/20かささぎ級(ASC型)巡視船(13/35、PB13)はつかり(1)と改名

50.7/1(PS13)

54.5/1(PS131)

59.11/20台風により大破し第4管区海上保安部鳥羽海上保安部で解役.

UpDown

駆潜艇はつかり

海上自衛隊A みずとり級駆潜艇(5/8)PC315

1959計画駆潜艇3015号艇として佐世保重工で60.1/25起工6/24進水11/15竣工し佐世保地方隊に編入

12/1姉妹艇(PC313)おおとり等とともに佐世保地方隊隷下に第5駆潜隊を新編

61.10/1第5駆潜隊第3駆潜隊と改称

77.12/1第3駆潜隊呉地方隊に編入

82.3/27おおとりとともに特務艇となり特務艇(ASU62)62号と改名85除籍.


Since 4 Jun. 2015.

Last up-dated, 7 Jun. 2015.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Hatsukari.

Ver.1.15a.

Copyright (c) hush ,2001-15. Allrights Reserved.

Up


動画