Down

Kaba.  樺.

このページをとのリンクの記念としていぎし ちじ様に贈ります.

2004年1月30日.

[植物]カバノキ.

ブナ目Fagalesカバノキ科Betulaceaeカバノキ属Betulaの落葉高木の総称.

高原や山地に多く、樹皮が紙のように薄く剥げるのが特長.

特にシラカンバ(白樺)B.platyphlla.

カバノキ科は北半球の温帯を中心に、南米アンデス山地まで分布する6属約170種からなる落葉の低・高木の被子植物で、カバノキ、ハンノキ属Alnusからなるカバノキ亜科BetuloideaeアサダOstryaクマシデCarpinusハシバミCorylus等4属からなるハシバミ亜科Coryloideaeで構成される.

カバノキ属.

樺色reddish yellowは赤みを帯びた黄色を指す.

美智子皇后のお印として選ばれているのは白樺.

バーチ.

UpDown

日本 樺級駆逐艦

595s665n850ft

oa82.9or83.6pp79.25x7.32x2.36m

R(直立3連成4筒)/3 艦本式ロ号水管式重油専焼缶x2+(同石炭混焼)x2=4

9500ihp 30(計画)knt 石炭100重油137t 1600nm/15knt

120/40mmx1+0=1 76/40mmIx4=4 450mmTTIIx2=4

乗員92

同型艦(10/1915)

.....

.....

IJN Kaba class destroyer Ume.

1914戦時緊急計画二等駆逐艦としてWW1勃発時の航洋型駆逐艦の不足(海風級桜級計4隻以外の駆逐艦は日露戦争当時の設計による三等駆逐艦)に対応して急速建造された.

このため、基本設計は桜級を踏襲しており、ロ号艦本式缶の採用により缶を一つ減らして燃料搭載量を増やした以外は、タービン機関も採用せず、極めて新味に欠ける艦となったが、この堅実な設計は同型艦10隻が1914.8に臨時軍事費による建造が承認され、横須賀工廠建造船渠内で建造された1番艦は起工後67日で出渠した折にはほとんど既成の状態であったため、その後38日間で艤装を完了、計105日間という当時の駆逐艦の建造記録を更新する等、極めて急速な建造を可能にし翌15.3-4には全艦が完成した.

この結果、同型中、以外の8隻は第6、第7駆逐隊を編成1917.2/7巡洋艦明石と第10()、11()駆逐隊で第2特務艦隊を編成して地中海に派遣17.4以降、船団護衛に従事、同級の拡大改良型であった桃級駆逐艦と置き換えられるまで活躍した.

1932.4/1全艦除籍.

なお、フランスの注文で1917に同型艦12隻を建造しており、これをアルジェリン級と呼ぶ.

Up---------------------------------Down

駆逐艦樺

日本@ 樺級駆逐艦(1/10)

IJN Kaba class destroyer. Illustrated by SUDO.

1914戦時緊急計画二等駆逐艦として横須賀鎮守府に9/10製造訓令12/1横須賀工廠で起工15.2/6進水/12艦長杉浦正雄(兵30少佐29.7knt/11811ihp/404.4rpm/665tを公試で発揮3/5or15(#500、日本海軍全艦艇史)竣工し駆逐艦等からなる第17駆逐隊に編入

5/1姉妹艦等と第10駆逐隊を新編しWW1に従軍

16.12/1艦長若山昇(兵32)少佐

17.12/1艦長江口穀治少佐

18馬公に配備され警備任務に従事5/1艦長北川保橘少佐12/1艦長村田章一大尉

19.12/1艦長畠山義赴少佐

-20.12/1艦長郷田喜一郎少佐

21.4/16(-10/1)艦長日高サ(兵34)少佐

23.5/10艦長が白石邦夫(兵35)少佐から加来博胤少佐に交代12/1旅順防備隊に編入

24.12/1艦長河原金之輔(兵39)少佐

25.12/1兼艦長直塚八郎(兵38)少佐

26.2/5兼艦長大藤正直少佐

27.12/1艦長が池田久雄少佐から小豆沢成(兵42)少佐に交代

28.12/10艦長伏見宮博義王(兵45)少佐

29.11/30兼艦長瀬戸山安秀(兵45)少佐、兼乗員丸山正雄(機32)機関大尉

30.12/1-31.4/1兼艦長加瀬三郎(兵44)少佐が艦長を兼務

32.4/1除籍.

建造期間105日は当時の世界最短記録.

UpDown

駆逐艦樺

日本○ 改松/橘級駆逐艦(3/14+9+33)

IJN Tachibana class destroyer.Illustrated by SUDO.

1944計画丁型(一等)駆逐艦5495号艦として横須賀工廠で45.3/19日本駆逐艦として最後に起工

4/17建造中止.

この艦の予定艦名については「呉竹真竹」の諸説がある.

UpDown

駆逐艦樺

日本A 改松/橘級駆逐艦(62/32+9+21)

IJN Tachibana class destroyer. Illustrated by SUDO.

19計画丁型一等駆逐艦第5500号艦として藤永田(大阪)造船所に発注44.10/15起工12/8駆逐艦樺と命名

45.2/27進水3/1艤装員長野尻雅一(兵67)大尉5/29野尻艦長の指揮下に竣工し第11水雷戦隊第52駆逐隊に編入され訓練に従事

7/15艦長下田隆夫(兵63)少佐、航海長鈴木彊(兵72)大尉以下姉妹艦の全乗員が転入し同艦と交代して姉妹艦等からなる第52駆逐隊に編入/24山口県光沖での対空戦闘によりとともに乗員38名が死亡

8/15敗戦時、残存

10/5除籍

12/1特別輸送艦に指定され復員輸送に従事

47.8/4佐世保で賠償艦としてアメリカに譲渡.10日本国内で解体に着手

48.3解体完了.

同造船所で竣工した最後の駆逐艦.

UpDown

樺丸

日本製鉄貨物船

2E型戦時標準船として三菱若松造船所で1944進水.

884T.

船舶番号54884.


Since 30 Jan. 2004.

Last up-dated, 31 Oct. 2016.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Kaba.

Ver.1.16a.

Copyright (c) hush ,2001-16. Allrights Reserved.

Up


動画