Down

Matsushima.  松島.まつしま.

[地名]松島.

宮城県、仙台湾中央部の松島湾にある景勝地.

松島湾内には唐戸宮戸等約260の島が点在する.

天橋立厳島とともに、日本三景の一つとして知られる.

松尾芭蕉は東北地方を旅行した際に松島を訪ねているにもかかわらず、作品を「奥の細道」に載せていないことから、その絶景に感嘆して「松島やああ松島松島や」と詠んだとされるが、これは相模の狂歌師田原坊の詠んだ「松嶋やさてまつしま松嶋や」をもじって作られた俗説に過ぎず、実際、「蕉翁全伝附録」には「島々や千々に砕きて夏の海」という松島で詠まれた句が載っている.

2011.3/11.1446発生した東日本大震災により大きな被害を受けた.

日清、日露戦争で中国大陸に渡った兵士が日本に導入したカブ(蕪)とチンゲンサイ(青梗菜)の交配種であるハクサイ(白菜)は、日本では葉菜類を多数栽培していた関係で交雑して純粋な種子が得られなかったため、ハチやアブが飛来できない松島での栽培を試み、これに成功した.

UpDown

Kudatを

1882北陸汽船が購入し松島丸と改名.

992T.

UpDown

軍艦松島

日本@ 改厳島/松島級海防艦(2/3+1or2)

IJN Itsukushima/Matsushima class coast deffense ship Matsushima. Illustrated by A-140.

Maked by RIRO

IJN Itsukushima/Matsushima class coast deffense ship Matsushima.

Courtesy of

Special Thanks !

1885計画第2(一等)海防艦

87.6/6松島と命名

地中海/ラ・セーヌ造船所に87.8/10発注

88.2/17起工

90.1/22進水

91.6/17回航委員長(8/28艦長)鮫島員規大佐92.4/5鮫島艦長の指揮下に竣工

7/23ツーロン出港10/19佐世保到着12/1常備艦隊旗艦を継承

93.5/20艦長野村貞大佐.6-11巡洋艦高千穂千代田等を率いて清国、韓国、ロシア沿海州沿岸と北海道を巡航(航海日数160日、総航程7000nm)11/8(-94.10/23)水雷長木村浩吉(兵9)大尉

94.2/26艦長尾本知道大佐7/19連合艦隊旗艦9/17黄海海戦に司令長官伊東祐亨中将の旗艦として

第1游撃隊:巡洋艦吉野(司令官坪井航三少将旗艦、河原要一大佐)、高千穂(野村貞大佐)、秋津洲(上村彦之丞少佐)、浪速(東郷平八郎大佐)、

本隊:海防艦厳島(横尾道c大佐)、橋立(日高壮之丞大佐)、巡洋艦千代田(内田正敏大佐)、海防艦扶桑(新井有貫大佐)、比叡(桜井規矩之左右少佐)、

別働隊:砲艦赤城(坂元八郎太少佐)、仮装巡洋艦西京丸(鹿野勇之進少佐、船長ジョン・ウィルソン、軍令部長樺山資紀中将座乗)

を率いて参加中.1310鎮遠or定遠の発射した305mm砲弾を受け、分隊長志摩清直(兵8)大尉、大石馨(兵20)少尉候補生等乗員の1/3に当たる90名以上が死傷/18副長井上敏夫(兵5)少佐10/2呉で比叡等とともに天覧11/2(-95.8/27)副長小倉鋲一郎(兵5)少佐12/5艦長有栖川宮威仁大佐

95.5/18艦長日高壮之丞(兵2)大佐7/25艦長松永雄樹(兵2)大佐9/6水雷長釜屋忠道(兵11)大尉/18(-12/27)副長井上敏夫(兵5)少佐12/27艦長沢良煥(兵2)大佐

96.4/20副長井上敏夫(兵5)少佐、分隊長山口弥吉(兵15)大尉8/7副長武富邦鼎少佐12/31鎮遠、千代田、扶桑、須磨済遠、高雄、摩耶、愛宕、大島と常備艦隊を編制し旗艦橋立より継承

97.2/18(-6/1)砲術長花房祐四郎(兵13)大尉10/8(-12/7)副長松本有信(兵7)少佐(12/1中佐)/29愛媛県長浜沖で訓練中、荒天により錨鎖が切断された装甲艦扶桑が艦首衝角に衝突して沈没12/1航海長茶山豊也(兵12)少佐/27艦長桜井規矩之左右(兵3)大佐、副長荒木亮一中佐

98.3/1艦長遠藤喜太郎(兵5)大佐/21二等巡洋艦4/12-29常備艦隊参謀兼航海長荘司義基(兵11)少佐6/28(-9/1)砲術長山中柴吉(兵15)大尉10/1航海長千坂智次郎(兵14)少佐12/3(-99.3/4)砲術長高木七太郎(兵15)大尉

99.2/1艦長瓜生外吉大佐

1900.1/12副長栗田伸樹(兵7)中佐>丸尾骼。郎(兵8)中佐2/13艦長大井上久麿(兵5)大佐6/14副長長井群吉(兵11)中佐9/1副長小花三吾(兵11)中佐/25航海長山口弥吉(兵15)少佐>堀輝房(兵16)大尉12/6艦長寺垣猪三(兵6)大佐

01.3/23兼高千穂航海長菅哲一郎(兵16)大尉>馬場祐内(兵17)大尉

02.6/11艦長伊地知彦次郎(兵7)大佐7/17航海長(11/24分隊長)内田虎三郎(兵22)大尉8/16(-03.11/10)主計長秋葉鉱太郎大主計11/24砲術長山口泰次郎(兵15)少佐、航海長関郁郎(兵18)大尉

03.2/15厳島橋立と練習艦隊を編制し海兵30期卒業生を乗せて横須賀出港後香港シンガポール、ペルス、アデレードメルボルンホバートシドニー、木曜島、タウンズヴィル、アンボイナ、マニラ、オロンガポ、仁川を経て8/21横須賀帰投9/26艦長川島令次郎(兵11)大佐、機関長鈴木富三(兵16)機関中監10/29航海長山本信次郎(兵26)大尉

04-5日露戦争に第3艦隊第5戦隊(橋立、松島、厳島鎮遠)所属として従軍中

04.5/8航海長大角岑生(兵24)大尉

05副長下村亮太郎(兵14)中佐1/12艦長奥宮衛(兵10)大佐、(-6/24)副長浅野正恭(兵15)中佐.5日本海海戦に第5戦隊所属として参加6/14厳島等とともに第4艦隊隷下に第8戦隊を新編11/21砲術長松村菊勇(兵23)中佐12/20第8戦隊の解隊により練習艦

06.2練習艦隊(嶋村速雄[兵7]少将)を橋立厳島と編成し海兵33期実務練習として横須賀出港後華北、朝鮮半島、オーストラリア馬公、対馬、大湊を巡航8/25横須賀帰投/30副長心得吉田増次郎(兵17)少佐(9/28中佐、副長)10/12艦長野間口兼雄(兵13)大佐/25航海長勝木源次郎(兵21)少佐

07.8/5艦長矢代由徳(兵10)大佐

08.1/25練習艦隊(吉松茂太郎[兵7]少将)を橋立厳島と編成し海兵35期実務練習として横須賀出港後香港サイゴン寄港3/23シンガポール磯谷外作(兵35)少尉候補生が死亡、ペナン、プロウエー、トリンコマリーコロンボバタヴィアマニラを経て4/27馬公入港/30.0408同地で停泊中、後部砲塔付近の下甲板で異臭を感じて調査中、後部火薬庫が爆発し舷側ならびに艦底の大破孔からの浸水により煙突、主檣頂部を海上に残した状態で沈没し乗員451名中、矢代艦長、副長徳田道蔵(兵17)中佐、山川有典(兵23)少佐、中原弥平(兵26)大尉、山崎矩一(兵27)大尉、島田初蔵(兵27)大尉、秋山喜造(兵29)大尉、烏山一(兵29)大尉、林辰之助(機11)機関大尉、河村章二(兵31)中尉、和嶋能二郎(兵31)中尉、大衡正雄(兵32)中尉、岸本孝太郎(兵32)中尉、田中政徳(兵32)中尉、蟻坂誠出井多嘉治大越於兎男大山高岡田清行折井亮折笠文二籠田信一郎北村清小菅霊躍小林哲一酒井甚之助佐藤瑞穂品川春治清水清一杉本直利曽根初太郎田坂準輔龍波見修一田中泰吉珍田重穂辻村亮三中村吾一長谷部運三林善宏深海健吉藤井真七松浦神次松原三四治水野雅一宮崎学而郎、、安福留吉吉村卯八(兵35)少尉候補生以下222or224名が死亡45名が負傷(少尉候補生24名が生存)7/31除籍後船体を売却解体

09馬公公園内に同艦の320mm主砲の砲身とスクリューx2を利用した慰霊碑および松島記念館を建立

10.1/23神奈川県稲村が崎沖で横須賀鎮守府から私立逗子開成中学校に払下げられ漕艇練習用ボート箱根号となった旧同艦艦載艇が遭難.

UpDown

松島丸

日本水産(海洋漁業統制)タンカー(東京)

2TL型戦時標準船として三菱重工長崎造船所で948番船として1944.7/6起工9/6進水10/15竣工し船舶運営会海軍配当船として徴用され佐世保鎮守府所管

12/31.0820門司出港後給油艦神威等とヒ87A船団を編成してシンガポールへ航行中

45.1/8高雄入港/9空襲により機関室前部と左舷第3油槽甲板に直撃弾を受けて損傷/10.1700出港/13香港入港/16アメリカ第38任務部隊空母搭載機による空襲により直撃弾13至近弾50数発と機銃弾100発以上を受けて大破/17擱座後放棄され警戒隊1便乗者8船員3名が死亡.

10240(7619)T 149.7x20.4x(12.0)m Tx1/1.

船舶番号54379.

信号符字JFTW.

UpDown

松島丸

近海油槽船運航タンカー、第3東油丸を

1945.4/14三菱汽船が購入し松島丸と改名

5/24呉出港後舞鶴へ重油輸送中/25.1820部崎灯台の南方3.6kmの関門海峡東口で第1船倉に触雷後30分後に沈没し井上金男船長以下船員7名が死亡.

834T.

船舶番号55756.

UpDown

掃海艇(船)まつしま

四国船渠で1945進水5/23呉工廠で竣工11/30除籍12/1掃海艦48.5/1海上保安庁に引き渡され掃海船(MS21)となった旧日本海軍、第1号級哨戒特務艇(135/27+30+223)第135号哨戒特務艇

51.12/1うきしま級掃海艇(7/10)まつしま(1)と改名

52.8/1海上警備隊に移管され掃海船まつしまA

11/1横須賀地方隊函館航路啓開隊第2掃海隊に編入

53.9/16新編された大湊地方隊函館基地隊第2掃海隊を編入

54.7/1発足した海上自衛隊に編入され掃海艇

57.9/1(MSI686)

62.3/31第2掃海隊の解隊により特務雑船(YAS32)

64.3/31除籍.

UpDown

巡視船まつしま

海上保安庁(2) しれとこ級巡視船(7/28)PL107

JCG Shiretoko class cutter. Illustrated by Niwatori.

1978計画1000T型(大型)巡視船として東北造船(塩釜)で79.9/14竣工し8/13解役された巡視船(PM18)ちふりと交代して第2管区海上保安部塩竃海上保安部に配属

2007.4/1塩竃海上保安部宮城海上保安部と改称

09.2/7宮城海上保安部に配属されまつしまと改名した第11管区海上保安本部巡視船(PL126)くにがみと交代して解役.

船舶番号7818640.

信号符字JBRY.

UpDown

巡視船まつしま

神田造船所(呉市川尻)で1980.10/21竣工し第11管区海上保安本部に配属された海上保安庁、しれとこ級巡視船(26/28、PL126)くにがみ

09.2/7解役された巡視船(PL107)まつしまの代船として第2管区海上保安部宮城海上保安部に配属され巡視船まつしま(3)と改名

11.3/11東日本大震災により発生した大津波に遭遇したが突破に成功

14.9/30竣工し宮城海上保安部に配属された巡視船(PL75)まつしまに船名を譲って8/29おしかと改名

16在籍.

船舶番号7913024.

信号符字JLLB.

JCG Shiretoko class cutter. Illustrated by Niwatori.

UpDown

巡視船まつしま

海上保安庁(4) いわみ級巡視船(4/6)PL75

2011第3次補正計画1000T型巡視船として三井造船玉野事業所で13.3/5姉妹船(PL74)きいとともに起工14.2/13進水9/30竣工し第2管区海上保安部宮城海上保安部に配属

15在籍.


Since 25 Sep. 2006.

Last up-dated, 27 July 2014.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Matsushima.

Ver.1.14a.

Copyright (c) hush ,2001-14. Allrights Reserved.

Up


動画