Down

Ryujo.Lung Hsiang.

龍驤.

龍驤級装甲コルヴェット 龍驤艦@ 龍驤Lung Hsiang 龍驤級空母 軍艦龍驤A 

IJN Ryujo class aircraft carrier Ryuujo.

Illustreted by Iyapopo.

[成語]龍驤.

龍が空に昇るように威勢がよいこと.

Up
Down

日本 龍驤級装甲コルヴェット

1429or2571nt

pp64.5x12.5(#500)or10.5x5.3m

R(横置直動2筒)x1/1 800ihp 石炭350t 8(#500)or9knt

165mmx2(中央部砲郭) 140mmx10

水線帯114砲台100mm

乗員275

同型艦(1/1869)

龍驤(Ryosho>Ryujo).

鉄骨木皮構造3檣フル・リグド・シップ型帆船.

Up----------------------------------Down

龍驤艦

日本@ 龍驤級装甲コルヴェット(1/1)

熊本藩がグローヴァーThomas Blake Gloverの斡旋によりホールAlexander Hall/アバーディーン造船所に1865発注され261番船として69.3/27進水7/24竣工

8/11出港

70.3長崎に到着し熊本藩が受領4/12明治政府に献納5/8品川で受領後兵部省所管となり各艦から選抜した砲手を本艦上に集め、イギリス士官を招いて横浜港で砲術訓練を実施7/28電流延年と長崎港において小艦隊を編制し中牟田倉之助艦長が指揮.10副長(71.3艦長)伊東祐麿少佐.12指揮役滝野直俊二等士官

71.1/2品川沖に停泊中、天皇が巡視11/15三等艦

72.3/7副長(7/24艦長)相浦紀道少佐(8/2中佐)5/18日進春日筑波孟春鳳翔第1丁卯第2丁卯雲揚とともに中艦隊を編制/23天皇乗艦となり日進等に護衛されて品海(品川)出港後鳥羽、大阪、下関、長崎、小島(Oshima熊本県百貫石港南方)、鹿児島、丸亀、兵庫(神戸)等に寄港.7副長井上良馨大尉(10/24少佐)/12横浜帰着10/25横浜で行われた海軍操練時に天皇、ロシア皇太子アレクサンドル(3世)乗艦として使用後ロシア、スクリュー・フリゲート、スヴェトローナに移乗

73.3/3艦長福島敬典中佐

74.1/18副長滝野直俊大尉(74.5/20少佐)2/1発生した佐賀の乱に等とともに従軍4/4台湾出兵時、大久保利通参議を乗せ清国に派遣

76.9/5横浜に新設された東海鎮守府に配属

77天皇の京都大和巡幸時に先導供奉艦として使用中2/15西南の役の勃発により春日等とともに従軍し巡査700名を清輝とともに鹿児島に輸送10/26暴風により鹿児島祇園洲で座礁

78.5/15離礁11/16乗員河村豊洲大軍医

79横須賀造船所で修復完了

80.3/21(-82.1/31)乗員鶴田鹿吉軍医副(81.12/17少軍医)

81.2/2(日本海軍史)or20福島敬典艦長の指揮下に海兵8期実習生35名を乗せて品川出港後シドニーメルボルンタスマニアを経て7/28品川帰着

82.7/7艦長伊東祐亨大佐/27(-84.4/15)乗員内田正敏(兵3)中尉(83.11/15大尉)12/19海兵10期実習生27名を乗せて品川出港後ウェリントンバルパライソカヤオホノルルを経て

83.9/15品川帰着(乗員378名中169名が脚気となり23名が死亡して航海に大きな支障を来したことから翌年の筑波の巡航の際には兵食を改良)12/15艦長山崎景則中佐

84.4/19(-85.7/22)主任軍医三田村忠国大軍医(85.6/20軍医少監)

85京城事件の勃発により朝鮮水域に派遣11/7艦長滝野直俊中佐(86.4/7大佐)12/25(-86.4/12)分隊長武富邦鼎中尉

86.1/13砲術長徳久武宣中尉11/22艦長吉島辰寧大佐、副長平尾福三郎(兵2)少佐

87.2/1海兵13期実習生37名を乗せて品川出港後シンガポールバタヴィアアデレードメルボルンシドニーオークランドを経て9/11品川帰着(正式な少尉候補生実地練習航海の第1回)10/3軍医長石黒宇宙治大軍医/27砲術長心得長井群吉(兵11)少尉

88.9/18機関撤去

89.5/13(-91.6/17)艦長佐藤鎮雄大佐

90.5/13副長心得三須宗太郎(兵5)大尉、(-91.9/17)軍医長桑原荘吉大軍医8/23第3種に編入

91.7/23航海長兼教官西山保吉(兵10)大尉8/28艦長横尾道c(兵2)大佐12/14副長徳久武宣少佐

92.6/3艦長日高壮之丞(兵2)大佐8/27砲術長兼教官伊地知季珍(兵7)大尉

93.8/30(-12/2)航海長兼教官松村直臣(兵9)大尉10/12副長心得新島一郎(兵5)大尉、砲術長兼教官成川揆(兵6)大尉

95.12/2迅鯨とともに第5種に編入され砲術練習所(後の海軍砲術学校)砲術練習艦として横須賀で使用(備砲を64pdrクルップ砲x6他に換装)

96.4/1雑役船

1908売却解体.

IJN Ryujo, 1868.

1878扶桑完成まで日本最大の軍艦.

本艦の当初の艦名はRyoshoと読んだ.

海外派遣の日程等は横山かなり様のを参照させて戴きました.

厚く御礼申し上げます.

UpDown

ミッチェル造船所で1975.9/21起工76.1竣工したイギリス、アルファ級レンデル式鉄製砲艦アルファが

清国南洋艦隊に引渡され龍驤Lung Hsiang級砲艦(1/4)龍驤と改名

95頃、解役.

姉妹艦虎威Hu Weiと同時建造.

UpDown

日本 龍驤級空母

IJN Ryujo class aircraft carrier Ryuujo. Illustreted by Iyapopo.

(新造時)

8000s9990or10150Tt

oa179.90wl175.39pp167.00x20.32(飛行甲板156.5x23.0格納庫2層)x5.56m

T(艦本式)x2/2(275rpm) ロ号艦本式重油専焼缶x6 65000shp 29knt 重油2943t 10000nm/14knt

89式127/40mmDPIIx6=12 MG24 艦戦24(4)+艦爆x12(4)=36(常用)+8or12(補用)=44or48(昇降機x2、航空機用燃料185t)

乗員600

(改装後)

10600s12531T13650ft

oa179.90x20.78x7.08m

127/40mmDPIIx4=8 25mmMGx4 搭載機48

乗員924

同型艦(1/1933)

龍驤.

Up---------------------------------Down

軍艦龍驤

 日本A 龍驤級空母(1/1)

IJN Ryujo class aircraft carrier Ryuujo, at trial 12 Apr.1933.

1928計画水上機母艦

設計変更の上、横浜船渠で29.11/26起工

31.4/2進水後横須賀工廠に曳航、艤装員長原五郎(兵35)大佐、艤装員(33.4/1副長)吉良俊一(兵40)中佐12/1艤装員長松永寿雄(兵37)大佐

32.2/8(-6/1)横須賀工廠会計部工場庫主管兼造船部員兼艤装員舞田親二(経6)主計少佐6/2(-7/20)艤装員川田理(東北大医)軍医少佐

33.4/1松永艦長の指揮下に竣工(Line1)し呉鎮守府第1予備艦、飛行長馬場篤麿(兵46)少佐

/25特別大演習中、第2航空戦隊に編入5/9(丸578)就役

8/25(-34.11/1)副長竹中龍造(兵39)中佐10/3飛行長亀井凱夫(兵46)少佐/10砲術長小西成三(兵46)少佐/20第1艦隊第1航空戦隊に編入され司令官山本五十六(兵32)少将の旗艦を継承、艦長桑原虎雄(兵37)大佐

34.5/26呉工廠で第1次性能改善工事、飛行機着艦設備新設工事に着手8/20工事完了(Line2)9/27旅順出港後青島方面に行動10/5佐世保帰投11/15艦長大野一郎(兵38)大佐、飛行長斎藤正久(兵47)少佐、軍医長大田川肇(慈恵医専)軍医少佐

35.3/29佐世保出港後馬鞍群島方面に行動4/4佐世保帰投9/26海軍大演習で赤軍第4艦隊に所属して三陸沖を航行中、暴風により艦橋前面が圧壊(第4艦隊事件)10/11呉工廠で損傷復旧工事、第2次性能改善工事に着手/15副長長谷川喜一(兵42)中佐/21飛行隊長和田鉄次郎(兵51)大尉/31艦長吉良俊一(兵40)大佐11/15砲術長中野外代吉(兵51)少佐

IJN Ryujo class aircraft carrier Ryuujo, 1935.

36.5/31工事完了(Line3)8/4基隆出港後厦門方面に行動/7馬公帰投11/16艦長阿部勝雄(兵40)大佐12/1鳳翔、第30駆逐隊第1艦隊隷下に第1航空戦隊を編制、副長古川保(兵43)中佐、航海長村井貞敏(兵50)少佐>石坂竹雄(兵50)少佐、通信長三井淳資(兵50)少佐

37.3/27佐世保後青島方面に行動4/6有明湾帰投8/6第3艦隊司令長官指揮下となり/12佐世保出港後日中戦争に従軍9/2-16佐世保寄港後広東方面の攻撃に参加/29-30馬公寄港後華中方面で作戦10/17鳳翔飛行機隊が加入11/26佐世保帰投12/1第30駆逐隊(駆逐艦睦月如月望月弥生)と第2艦隊隷下に第2航空戦隊を編制、艦長岡田次作(兵42)大佐、(-38.12/5)副長岡田為次(兵45)中佐(38.10/15大佐)、飛行長柳村義種(兵49)少佐(38.11/15中佐)、通信長芳根広雄(兵51)少佐/29第1艦隊第1航空戦隊に編入

38.1/7裏長山列島出港後華北、華中、華南方面に行動3/31第2艦隊第2航空戦隊に編入10/9馬公出港後華南方面に行動11/14基隆帰投12/15艦長上阪香苗(兵43)大佐

IJN Ryujo class aircraft carrier Ryuujo, 1938.

US Naval Historical Center Photograph.

39.8/11洲本出港後南洋方面に行動8/26岸和田帰投11/15呉鎮守府特別役務艦、艦長(-12/9兼厳島艦長)長谷川喜一(兵42)大佐、中川武男機関少佐

40.2/10-8/2第12連合航空隊の着艦訓練に協力5/1空母赤城等と第1航空戦隊を編制6/1副長近藤三郎(兵46)中佐/21艦長杉本丑衛(兵44)大佐(8/20-11/1兼鳳翔艦長)

10/10-5呉工廠で入渠整備11/15鳳翔第34駆逐隊とともに第1艦隊第3航空戦隊を再編し司令官角田覚治(兵39)少将の旗艦

41.1/9第3航空戦隊旗艦を鳳翔に一時継承2/24佐世保出港後華南方面に行動3/3-7馬公寄港/11-2佐伯寄港/12-26有明湾/27呉入港

4/10単独で第4航空戦隊(司令官桑原虎雄少将)を編制し連合艦隊隷下に新編された第1航空艦隊に編入/17-23呉工廠で入渠修理/26呉出港/28-5/1横須賀寄港/1館山入港/13-25横須賀寄港6/1-3エニウェトック寄港/4-9クェゼリン寄港/13-17トラック寄港/19-20サイパン寄港/26有明湾寄港/29館山入港/30-

7/6横須賀寄港/11-26有明湾寄港/27-8/1鹿児島寄港/1-11有明湾寄港/11第3駆逐隊(駆逐艦汐風帆風)を第4航空戦隊に編入/13-16鹿児島寄港/16-17有明湾寄港/18-22呉寄港後因島に回航/24-29因島造船所で入渠/30呉入港9/1第4航空戦隊司令官が角田覚治(兵39)少将に交代/10呉出港/10-24佐伯寄港/25-

10/3呉寄港/4-6鹿児島寄港/9-17枕崎寄港/17-22鹿児島/26-11/5高雄/5-6馬公/6-7高雄/11-8呉/19-27細島/27-9佐伯に寄港し臨戦準備12/5-6パラオ寄港後南フィリピン攻略作戦に参加/8ダバオ湾西部マララグMalalag湾に停泊中のアメリカ小型水上機母艦(AVD7)ウィリアム・B・プレストンを爆撃し飛行場と飛行艇2機を破壊/9レガスピー攻略作戦/10空母春日丸第4航空戦隊に編入/14-7ダバオ寄港/20-5水上機母艦千歳、第5戦隊重巡洋艦那智、羽黒、妙高とともにダバオ、ホロJolo攻略作戦を支援/26-8パラオ寄港

42.1/1-4高雄/7-16カムラン湾で待機後S作戦に従事/19-23カムラン湾寄港後アナンバス攻略作戦/30-2/10カムラン湾寄港後汐風の代艦として駆逐艦敷波を編入しパレンバン攻略船団の後方50nmで支援任務に従事/13バンカBangka海峡で艦攻により商船8隻を撃沈破/14バンカ海峡にて艦攻により魚雷艇母艦1隻、特務艦1隻、砲艦1隻を撃沈/15元山航空隊機とともにパレンバン上陸船団攻撃に航行中の連合国艦隊をガスパルGaspar海峡で爆撃しアメリカ駆逐艦(DD213)ベーカー、(222)バルマーを撃破、オランダ駆逐艦ファン・ヘントが座礁沈没/19-27サン・ジャック寄港後ジャワ海に移動中/28駆逐艦松風と合流3/1カリマタ海峡でアメリカ駆逐艦(DD225)ポープを爆撃により撃破(大破)しセマラン港を爆撃/5-20シンガポールで待機後アンダマン、ビルマ攻略作戦に参加/26-31メルギー寄港

4/1-9インド洋機動作戦に参加し重巡洋艦鳥海等とともにアメリカ貨物船Bienville、イギリス船Sinkiang、Anglo Canadian、オランダ船Van der Capellen等商船9隻を撃沈破/10龍驤祥鳳第4航空戦隊を編制/11-3シンガポール寄港/16カムラン湾入港/23呉入港/25(-10/5)艦長加藤唯雄(兵45)大佐/28呉工廠で入渠修理に着手5/3竣工した空母橿原丸(7/14隼鷹と改名)と第4航空戦隊(角田覚治少将)を第1航空艦隊隷下に編成/6出渠/18呉出港/19-20佐伯寄港/20-2徳山寄港/25-6大湊寄港後アリューシャン列島攻略作戦に参加6/3零戦3機、艦攻7機でダッチ・ハーバーを攻撃/4天候不良のためダッチ・ハーバー攻撃に失敗、反転/5零戦6機、艦攻9機でダッチ・ハーバーを攻撃/24-8大湊寄港

7/13柱島帰投後呉に回航され整備に従事/14第4航空戦隊の解隊により隼鷹第2航空戦隊を再編し第1航空戦隊等と第3艦隊を再編8/15呉出港/16柱島出港後ソロモン方面に回航/24.0000ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場攻撃の目的で空母翔鶴等からなる機動部隊本隊から重巡洋艦利根第16駆逐隊駆逐艦天津風時津風とともに第8戦隊司令官原忠一(兵39)少将の指揮下に分離.1557アメリカ空母(CV3)サラトガ、(6)エンタープライズ搭載機の集中攻撃により爆弾4発、魚雷1本を受けて大破.1608反転後北方に退避中、アメリカ陸軍B17爆撃機の爆撃を回避.2000ツラギの10゚106nmのソロモン海東方海域(06゚10or20'S/160゚50'E)で撃沈処分され士官7兵員113名が死亡し加藤艦長以下を救出(第2次ソロモン海戦)

11/10除籍.

IJN Ryujo class aircraft carrier Ryuujo.

信号符字JQDA.


Since 3 Nov. 2001.

Last up-dated, 8 Dec. 2016.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

#18

Ryujo.

Ver.1.16a.

Copyright (c) hush ,2001-16. Allrights Reserved.

Up


動画