Down

Sunosaki.  洲埼.

洲埼級給油艦 運送船洲埼>汽船洲埼丸>特務艦洲埼@ 洲埼級給油艦 特務艦洲埼A 

[地名]洲崎(洲埼).

千葉県館山市、房総半島南部西端の岬.

三浦半島南東端の剣崎とを結ぶ線上の水道を浦賀水道と呼び、ここから北を東京湾と称する.

北方に位置する館山湾は鏡ノ浦とも呼ばれる景勝地で1923.9/1関東大震災により隆起した南岸の浅瀬を干拓して館山飛行場を設置30.6/1海軍館山飛行隊を設置45.9/3-7アメリカ軍が占領(日本本土における唯一の軍政)53.9/16保安庁館山飛行隊が設置された.

Up
Down

日本 洲埼級給油艦

8800t

121.9x15.2x7.0m

R(直立3連成)x2 6000ihp 14knt

120mmIx2 80mmIAAx2

同型艦(1/1918)

洲埼.

IJN Fuso class battleship Yamashiro & oiller Sunosaki.

Copyright Tensho-Kantai.

この画像は天翔艦隊様の特別な許可により使用させていただいているものです.

Up---------------------------------Down

運送船洲埼>汽船洲埼丸(洲崎丸)>特務艦洲埼

日本@ 洲埼級給油艦(1/1)

1916計画第1号特務船

横須賀工廠に17.1/13製造訓令

4/4運送船洲埼と命名され横須賀鎮守府籍

18.6/19艤装員長心得(8/3-9/26指揮官兼艤装員長)武富咸一(兵27)中佐7/18艤装員(8/3兼航海長-9/20欠員)佐藤唯一(兵38)大尉

9/26竣工し汽船洲埼丸と改名(「日本船名録」は洲崎丸、船舶番号23179信号符字RBSW船籍港横浜)

10/1大阪商船に引渡され運航委託11/15横須賀出港後タラカンへ21次にわたって原油を輸送

19.9/20運送船洲埼と改名、指揮官太田千尋(兵28)中佐、分隊長(-12/1)板垣行一(兵38)大尉/27海軍に返納

20.2/13分隊長津田耕作(兵39)大尉転任4/1特務艦11/15艦長副島慶一(兵28)中佐(12/1大佐)、分隊長鈴木田幸造(兵37)大尉>分隊長心得小豆沢成(兵42)中尉(12/1大尉、分隊長-21.12/1)

21.7/20艦長(>艦長心得)西野作太郎(兵29)中佐11/10運用長小林廉也(兵35)大尉>横田輝雄(兵36)大尉(12/1少佐)、分隊長津田源助(兵38)大尉>森田一男(兵39)大尉/15艦長心得伊地知清弘(兵30)中佐(12/1大佐、艦長)

22.4/1艦長田中勇(兵30)大佐/8(-23.3/20)分隊長柴田善治郎(兵38)大尉

23.3/5艦長森山明(兵29)大佐5/15(-11/20)航海長西村祥治(兵39)大尉9/1関東大震災森山艦長が死亡、艦長心得合田四郎(兵30)中佐11/1運用長大立勝(兵35)少佐転任/10(24.3/8-4/10兼武蔵12/1-25.1/15兼千早)艦長心得梅田文鹿(兵32)中佐、兼朝日青島主計長(-/15)島津稜威雄(経5)主計大尉

24.3/1副長佐村義男(兵34)少佐転任7/1航海長小西干比古(兵41)大尉/12分隊長(-11/1)柴田善治郎(兵38)大尉12/1(運用長>)副長(-25.4/20)神通久次郎(兵35)少佐

25.4/15(-6/15兼北上)艦長松井利三郎(兵32)中佐/20運用長大野厚行(兵36)少佐12/1艦長磯部三男吉(兵32)大佐

26.4/1艦長津留信人(兵33)大佐11/1艦長森田弥五郎(兵32)大佐/20運用長古瀬貴季(兵42)大尉(27.12/1少佐-28.12/10)12/1?副長向坂清助(兵35)中佐

27.6/25艦長間崎霞(兵33)大佐11/1艦長安藤隆(兵34)中佐(12/1大佐)

28.8/10艦長井上勝純(兵34)中佐(12/10大佐)11/15主計長渡辺秀秋(経9)主計大尉転任12/10副長平岡貞(兵38)中佐、運用長小沢三良(兵42)少佐、分隊長前田直(兵46)大尉>友野林治(兵50)大尉

29.5/1艦長曽我清市郎(兵35)中佐(11/30大佐)8/28(-30.2/1)分隊長三木高秀(兵46)大尉

30.4/8艦長石原戒造(兵35)中佐11/15艦長太田泰治(兵37)中佐(12/1大佐)

31.10/15兼神威艦長本田源三(兵36)中佐11/2艦長浅野千之介(兵36)中佐

32.2/1兼日進艦長山内大蔵(兵36)大佐3/15副長柴田力(兵39)中佐11/15副長西尾不二彦(兵40)中佐12/1艦長山村実(兵37)中佐、運用長寺西竹千代(兵46)少佐

33.11/1航海長中村辰二(兵51)大尉>西郡雄次(兵52)大尉/15艦長国生行孝(兵37)中佐、副長森野草六郎(兵40)中佐

34.2/20艦長阪本敏(兵37)中佐11/15艦長松山光治(兵40)大佐、副長土井元夫(兵42)中佐、運用長山内提象(兵49)大尉

35.10/7艦長松永貞市(兵41)大佐11/15運用長船橋一一(兵51)大尉

36.4/25艦長伊藤賢三(兵41)大佐9/10艦長上条深志(兵39)中佐11/2艦長中尾八郎(兵40)中佐(12/1大佐)12/1副長島津信夫(兵42)中佐>小原義雄(兵43)中佐

37.2/20艦長松岡知行(兵42)大佐9/25艦長小畑長左衛門(兵43)大佐12/1運用長宮下亮(兵52)大尉

38.8/20(-11/9)艦長早川幹夫(兵44)中佐

40.4/1除籍され廃艦第14号と仮称42解体.

UpDown

日本 洲埼級給油艦

4465t

16knt

120mmAAx2

同型艦(2+3/1943)

103 洲埼.233 高崎.234 (剣埼).235 (神埼).236 (豊埼or聖埼).

軽質油運搬用.

Up---------------------------------Down

特務艦洲埼

日本A 洲埼級給油艦(1/2+3)

1939海軍軍備充実(C)計画給油艦第103号艦

三菱重工業横浜造船所で42.3/25起工9/25特務艦洲埼と命名12/28進水

43.2/1艤装員長新美和貴(兵40)大佐/3横浜海軍監督官事務所内に艤装員事務所を設置5/15新美艦長の指揮下に竣工し横須賀鎮守府籍となり連合艦隊付属に編入

11/4艦長島津信夫(兵42)大佐/15艦長東郷二郎(兵41)大佐

44.3-4/17バリクパパン寄港後国洋丸、玄洋丸と船団を編成してパラオへ航行中、アメリカ機動部隊発見の報告により/26-9サイパンに寄港し燃料を陸揚げ

5/7-13バリクパパン寄港後第17駆逐隊(谷風浦風)等に護送されて/15タウイ・タウイ入港

7/18南西方面艦隊付属

8/1ボルネオ北東沖(05゚08'N/119゚32'5"E)でアメリカ潜水艦(SS268)パファーの発射した魚雷6本中2本を受けて損傷9/1マニラ入港後キャビテで入渠修理中/21空母(CV16)レキシントン等からなるアメリカ第38任務部隊第1-3群空母搭載機の爆撃により弾薬庫に引火炎上

10/4出渠後カナカオ灯台沖で擱座、放棄

45.3/10除籍.


Since 8 June 2018.

Last up-dated, 8 June 2018.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Sunosaki.

Ver.1.18a.

Copyright (c) hush ,2001-18. Allrights Reserved.

Up


動画