Down

Terudzuki.  照月.てるづき.

JMSDF Akidzuki class escort (DD162) Terudzuki & Murasame class escort (DD109) Harusame.

2011年1月19日鈴鹿市にて.

[天文]照月.

夜空に照り輝く.

UpDown

駆逐艦照月IJN Terudzuki.

日本 秋月級(I型)駆逐艦(2/12+4+23)

IJN Akidzuki class destroyer. Illustrated by Iyapopo.

1939海軍軍備充実(C)計画乙型(一等)駆逐艦第105号艦として三菱重工業長崎造船所で40.11/13起工

41.10/25駆逐艦照月と命名11/21進水

42.7/20艤装員長折田常雄(兵49)中佐、艤装員(機関長)白水輝良(機41)機関大尉、(乗員)清水通(機50)機関少尉(11/1機関中尉)、宮内通行予備機関少尉(11/1予備機関中尉)/22艤装員事務所を設置/25艤装員(砲術長)達崎寿(兵64)大尉

8/1艤装員(水雷長)平山成人(兵68)中尉、(乗員)田中茂(兵70)少尉/5艤装員(航海長)奥野長予備中尉/31折田艦長の指揮下に竣工し佐世保鎮守府警備駆逐艦となり横須賀鎮守府部隊に部署、(-10/7)乗員北村宏軍医大尉

9/8横須賀入港後残工事を実施/20(-10/7)乗員高戸顕隆主計中尉/30工事完了

10/7第3艦隊第10戦隊隷下に姉妹艦秋月第61駆逐隊を新編し司令則満宰次(兵46)大佐の司令駆逐艦に指定され支援部隊機動部隊に部署/10横須賀出港/11機動部隊本隊に部署/14トラック寄港後ソロモン諸島北方で機動部隊本隊と合流/22-3重巡洋艦筑摩とともに分遣され南方海域を捜索後機動部隊本隊に復帰/26第1航空戦隊空母瑞鳳or翔鶴直衛として南太平洋海戦に参加後アメリカPBY飛行艇の夜間爆撃により至近弾を受けて艦橋右舷部が損傷し乗員7名が死亡36名が負傷/29トラック入港後工作艦明石に接舷して修理

11/1前進部隊本隊に部署/8前進部隊挺身攻撃隊本隊に部署/9.1543出港後第11戦隊(戦艦比叡霧島)等とガダルカナル島ヘンダーソン飛行場砲撃へ航行中/12挺身攻撃隊は本隊から分離.2330重巡洋艦(CA38)サン・フランシスコ等からなるアメリカ第67任務部隊と交戦し主砲弾160、25o機銃弾200発を発射し航空機3機を撃墜(第3次ソロモン海戦)/13.0600頃、操舵不能となった比叡と合流し生存者百数十名を救出/14前進部隊本隊と合流し比叡生存者を移乗、前進部隊直衛に部署.1953戦艦霧島と合流し直衛としてサヴォ南水道へ航行中.2203戦艦(BB57)サウス・ダコタを中心とするアメリカ艦隊と交戦.2315霧島と合流後対空戦闘/15.0125駆逐艦朝雲五月雨とともに霧島乗員1098名を救出(照月には70-80名が移乗)/18.0800トラック入港/20第10戦隊司令官木村進(兵40)少将の旗艦を軽巡洋艦長良から継承

12/1南東方面部隊外南洋部隊に部署/2軽巡洋艦阿賀野第10戦隊旗艦を継承/3トラック出港時に南水道で触礁し推進器を損傷/5修理完了しトラック出港/7ショートランドに入港し第2水雷戦隊司令官田中頼三(兵41)少将の旗艦を駆逐艦長波から継承後損傷した駆逐艦野分救援の目的で出港/10ショートランドを空襲したアメリカ陸軍航空隊B17爆撃機と交戦し損傷したタンカー、富士山丸東亜丸を救援/11.1330第4次ガダルカナルへのドラム缶輸送作戦として駆逐艦親潮等からなる輸送隊の警戒隊として駆逐艦江風涼風長波を率いてショートランド出港.2300ガダルカナル島エスペランス岬の北方約3km沖で停止中、アメリカ魚雷艇PT37、40の発射した魚雷2本を左舷後部に受けて舵、左舷主機が使用不能となり重油タンクの爆発により炎上し乗員8名が死亡.2333田中司令官以下56名が長波に、140名がに移乗/12.0115総員退去.0240サヴォ島の北北西12.4km(07゚50'S/157゚30'E)自沈し則満司令、折田艦長以下乗員156名はガダルカナル島西端のカミンボKamimbo岬に搭載艇で上陸

43.1/15第61駆逐隊より除去、佐世保鎮守府第4予備駆逐艦/20除籍.

同級中、最初の沈没艦.

信号符字JLCD.

UpDown

巡視艇てるづき

海上保安庁(1) はつなみ級巡視艇(17/24)PC17

1951計画23m型巡視艇として南国特殊造船で6/25竣工し第1管区海上保安部室蘭海上保安部に配属

71.2/5室蘭海上保安部で解役.

UpDown

警備艦>護衛艦>特務艦てるづきJMSDF Terudzuki.

海上自衛隊A あきづき級警備艦(2/2)DD162

JMSDF Akidzuki class escort (DD162) Terudzuki, 26 Nov. 1965 at Kobe.

1957.3契約された日米相互防衛援助協定によるアメリカ域外調達(Off Shore Procurement、OSP)により57計画2350t型警備艦(アメリカ駆逐艦[DD961])として新三菱重工業神戸造船所で58.8/15起工11/21警備艦てるづきAと命名

59.6/24海上幕僚副長渡辺海将、アメリカ第7艦隊司令長官キベット中将等の臨席下にビージー在日アメリカ軍事顧問団海軍部長夫人の支綱切断により進水

60.2/29竣工と同時に海上自衛隊に供与され横須賀地方隊に編入

10/1護衛艦

61.9/1自衛艦隊隷下に第1第2第3護衛隊群で新編された護衛艦隊に編入され司令官三上作夫(兵56)海将の旗艦に指定

62.6/8-8/18護衛艦(DD103)あやなみ、(183)ありあけ、(184)ゆうぐれとともにグアムオーストラリアニュー・ジーランド方面を巡航

JMSDF Akidzuki class escort (DD162) Terudzuki, 18 Aug. 1962 at Nagaura.

63.3/30未明、渡辺2佐の指揮下に浦賀水道を8kntで航行中、新日本汽船貨物船賀茂春丸(9282T)が右舷艦尾に追突し後部主砲塔間から船体中心線部まで亀裂が発生、就寝中の乗員5名が死亡、23名が重軽傷4/5浦賀重工浦賀造船所で入渠修理に着手.6中旬、工事完了7/19-11/25姉妹艦(DD161)あきづき等とヨーロッパ方面を巡航12/3あきづき護衛艦隊旗艦を継承

64.7/17護衛艦(DD112)まきなみ、(183)ありあけ、(184)ゆうぐれと練習艦隊を編成し久原一利海将補の旗艦として東京港出港後ミッドウェー真珠湾エスカイモルトヴァンクーヴァーシアトルサン・フランシスコホノルルを経て9/30横須賀帰投(13660nm)12/10護衛艦隊に編入された護衛艦(PF297)しいと交代して護衛艦隊第1護衛隊群に編入され旗艦を継承

65.6/11あきづき等とともに東京出港後南アメリカ方面を巡航11/2横須賀帰投

67.6/26護衛艦(DD106)しきなみ、(107)むらさめ、(108)ゆうだちと遠航部隊を編成して東京晴海埠頭を出港後アラスカアメリカ東海岸各地を訪問し10/27横須賀帰投

68.5石川島播磨重工第2東京工場で艦尾にQQA1型VDSを搭載11/3東京湾で実施された観艦式に護衛艦(DD115)あさぐも等とともに参加し受閲部隊旗艦として護衛艦(DD164)たかつきの観閲を受閲

69.9/1護衛艦隊に編入され旗艦を継承11/4護衛艦(DD110)たかなみ、(111)おおなみ、(112)まきなみと遠航部隊を編成して東京晴海埠頭を出港後オセアニア、東南アジア各地を訪問

70.3/31ソナーを回転式のSQS4に換装するRDT(Rotaing Direction Target)改装を住友重機械工業浦賀工場で完了

71.2/1あきづき護衛艦隊旗艦を継承し第2護衛隊群第11護衛隊第3護衛隊群第9護衛隊とともに護衛艦隊隷下に第4護衛隊群新編し旗艦

72.1/20第4護衛隊群司令松浦1佐の指揮下に札幌オリンピックに使用する聖火を乗せた連絡船大雪丸を護衛艦(DD105)うらなみ、(103)あやなみ、(110)たかなみ、(DE214)おおいとともに護送

75.2/7第4護衛隊群(司令左近允尚敏[兵72]海将補)護衛艦(103)あやなみ、(105)うらなみ、(DE220)ちとせとともに伊豆大島東方海域で訓練射撃の目的で館山出港後大島波浮港の東北東約8kmの洋上を航行中、遭難した松七丸水産所属の鯖漁船第21松七丸(69T)の救助に急行し乗員18名中、3名を救助.6沖縄海洋博覧会参加の目的で東京を訪問したチリ練習帆船エスメラルダと交歓7/7東京に入港したコロンビア帆走練習艦グローリアと交歓

76.9-77.1/31住友重機械工業浦賀工場で特別改装工事を実施

JMSDF Akidzuki class escort (DD162) Terudzuki, 5 Dec. 1976 at Sumitomo Heavy Industries & 22 July 1977 at Yokosuka.

80.5/12-5ミサイル護衛艦(DDG169)あさかぜ等とともに沖縄南方海域で実施された日米合同対潜特別訓練に参加

84.3/30第3護衛隊群に編入

85.3/27護衛艦隊に編入された第2護衛隊群第22護衛隊護衛艦(DD118)むらくもに旗艦を継承

86.3/27第3護衛隊群に編入された第61護衛隊ミサイル護衛艦(DDG163)あまつかぜと交代してあきづき級特務艦(ASU7012)となり舞鶴地方隊に編入

87.7/1てるづき級練習艦(1/1、TV3504)となり練習艦隊第1練習隊に編入され呉に配備

91.3/21-4/20第41期一般幹部候補生内巡航に練習艦(TV3501)かとり等とともに従事6/20あきづき級特務艦(ASU7012)となり第1潜水隊群に編入され呉に配備

92.7/9遠州灘沖で炎上したパナマ貨物船パン・オーシャン(4998T)の乗員を救助したシンガポール石炭運搬船ダフニ・オーシャンから乗員を引き受けて警備に従事後海上保安庁巡視船(PM75)ふじに継承

93.10/18特務艦(ASU7018)となり第1潜水隊群に編入されたあさぐもと交代して9/27除籍.

JMSDF Akidzuki class escort (DD162) Terudzuki, 16 July 1977 at Yokosuka.

Up---------------------------------Down

海上自衛隊 てるづき級練習艦

同型艦(1/1987艦種変更)

TV3504 てるづき.

UpDown

巡視艇てるづき

海上保安庁(2) むらくも級巡視艇(11/23)PC211

1978補正計画30m型巡視艇として三菱重工業下関(彦島)造船所で79.6/26竣工し第11管区海上保安部石垣海上保安部に配属

99.4/2巡視艇びざんと改名/3第5管区海上保安部小松島海上保安部に配属2004高知海上保安部に配属されとさぎりと改名12解役.

UpDown

護衛艦てるづきJMSDF Terudzuki.

海上自衛隊B あきづき級護衛艦(2/4)DD116

2008計画5000t型護衛艦2245号艦として三菱長崎造船所で10.6/2起工11.9/15進水、艤装員長林田嘉信2佐12.7/28公試開始

13.3/7林田艦長の指揮下に竣工し第2護衛隊群第2護衛隊に編入された護衛艦(DD102)はるさめの代艦として第6護衛隊に編入され横須賀に配備

14.3/24艦長宮路貴幸2佐

16在籍.


Since 12 Mar. 2002.

Last up-dated, 4 Mar. 2016.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Terudzuki.

Ver.1.16a.

Copyright (c) hush ,2001-16. Allrights Reserved.

Up


動画