Down

Yudzuki.  夕月.ゆうづき.

駆逐艦夕月@ 夕月丸 巡視艇ゆうづき(1) 巡視艇ゆうづき(2) 

日々の記憶:夕月と烏.

2015年9月27日.

[天文]夕月.

夕空に懸かる.

Up
Down

駆逐艦夕月

藤永田造船所で1927.7/25穂本繁治(兵36)中佐の指揮下に竣工し佐世保鎮守府籍となり第23駆逐隊に編入された日本、第19号級駆逐艦(12/12)第34号駆逐艦

28.8/1睦月級駆逐艦(12/12)夕月(ユフヅキ)@と改名

12/10第23駆逐隊第2艦隊第2水雷戦隊に編入、艦長境澄信(兵37)中佐、水雷長清水利夫(兵46)大尉>山隈和喜人(兵48)大尉、航海長西山鉄蔵(兵49)大尉>高塚嵩(兵50)大尉、砲術長加治木喜久雄(兵49)大尉

29.9/29艦長池田久雄(兵38)少佐11/30第23駆逐隊は佐世保鎮守府に編入

30.3/8(31.1/8-4/1、9/5-兼望月)艦長勝野実(兵40)少佐12/1機関長堀江隆介(機30)機関大尉

31.12/1第23駆逐隊は軽巡洋艦夕張等と第1艦隊隷下に第1水雷戦隊を編制、艦長森下信衛(兵45)少佐

32.2/2第1水雷戦隊は第1次上海事件により新編された第3艦隊に臨時編入(3/20第1艦隊に復帰)

33.11/1艦長伊集院松治(兵43)少佐/15(-34.11/15)兼望月機関長堂免敬造(機32)機関大尉

34.11/1兼望月艦長戸村清(兵49)大尉/15佐世保警備戦隊に編入

35.10/31(36.1/6-5/25兼望月-7/22)艦長脇田喜一郎(兵48)少佐

36.7/25-10/31艦長由川周吉(兵51)少佐*11/12艦長大田春男(兵49)少佐

37.6/1艦長藤田勇(兵50)少佐7/28第23駆逐隊第3水雷戦隊に編入

38.10/22.0543珠江作戦により伶イ丁属島沖に停泊中、無灯航行中の金華丸の船首が右舷後部に衝突、浸水し3名が負傷11/15第23駆逐隊より除去され佐世保鎮守府所属/25予備艦、兼如月艦長小倉正身(兵51)少佐12/15佐世保鎮守府第30駆逐隊に編入、第3予備駆逐艦、(39.3/18兼弥生-40.5/1欠員)艦長作間英邇(兵50)少佐11/15第23駆逐隊に復帰

40.10/15特別役務駆逐艦、艦長竹内一(兵52)少佐11/15第23駆逐隊は空母飛龍等と第2艦隊隷下に第2航空戦隊を編制、水雷長荒川正元(兵62)大尉、機関長新富仲次郎機関特務中尉(42.11/1大尉)、砲術長田添光喜特務中尉(43.6/1大尉)、航海長西村正直(兵66)中尉

41.4/10第2航空戦隊連合艦隊隷下に第1航空艦隊を新編6/6水雷長西村正直(兵66)中尉、航海長千田稲作予備中尉8/11三日月とともに第1艦隊第3航空戦隊に編入(-42.4/1)9/12or5艦長橘広太(兵56)少佐11/5第23駆逐隊は南洋部隊に部署/18呉出港/18坂出入港/21南洋部隊グアム攻略部隊に部署/23出港後船団護衛/28-12/4.0900母島寄港/4グアム攻略部隊第1護衛隊に部署/10グアム攻略戦に従事/13第23駆逐隊は南洋部隊マリアナ方面防備部隊に部署/18グアム出港/26機動部隊支隊と硫黄島南方で合流/27.0600分離/29-

42.1/5南洋部隊R(ラバウル)攻略部隊に部署/9サイパン/12-20.1400トラック寄港/22.2350カビエン入港後ラバウル攻略作戦を支援2/1第23駆逐隊は南洋部隊支援部隊に部署

4/1水雷長森健二郎(兵68)中尉/10第23駆逐隊第6水雷戦隊に編入5/4ツラギで空襲により艦長以下10名が死亡/11姉妹艦卯月とともに機雷敷設艦沖島を撃沈したアメリカ潜水艦(SS153)S42を攻撃後第19戦隊(志摩少将)旗艦を沖島から継承/15or25艦長森幸吉(兵57)少佐/25第29駆逐隊に編入

7/10艦長小山田正一(兵60)大尉8/12ショートランド出港後駆逐艦追風とともに.2200ガダルカナル島タイボ岬到達/13.0320から10分間ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場を砲撃10/15航海長内田六郎予備中尉(43.11/1大尉)

43.1/10機関長椎江実機関特務中尉(44.5/1大尉)/20水雷長佐藤耕一(兵69)中尉2/18横須賀出港/23トラック入港後船団護衛に従事3/2.1800ラバウル出港後水戸丸等からなるF2船団を護送中/6マヌス島ロレンガウの北西約280km(00゚37'N/145゚30'E)で桐葉丸水戸丸が被雷し沈没した桐葉丸生存者を救出4/1第29駆逐隊の解隊により第4艦隊第2海上護衛隊に編入/3.1100特設給油船有馬丸と合流.1300パラオの北方約130nm(10゚12'N/134゚35'E)で有馬丸が被雷し救難(/4沈没)

5/30-6/1横須賀寄港

8/13ラバウル出港後船団護衛/14(00゚37'N/148゚28'E)で空襲に遭遇/17-21トラック寄港後駆逐艦とともに4821船団を護衛中/22会昌丸が被雷沈没/29-9/9横須賀寄港後3909乙船団を護送/14-5サイパン寄港後3909甲船団を護送/19-26トラック寄港後4926船団を護送中/29サイパン沖(15゚37'N/145゚52'E)で特設運送艦山東丸が被雷大破

10/6横須賀入港/7水雷長加藤文夫(兵70)中尉/15or20艦長松本正平(兵59)少佐11/14.1200海防艦福江第46号哨戒艇とともにトラック出港後第10号駆潜艇を曳航した北江丸等4隻からなる4114船団を護送中/19.0415北マリアナ諸島ウラカス島の北東約360km(22゚20'N/147゚48'E)で北江丸鵜戸丸を撃沈したアメリカ潜水艦(SS257)ハーダー第46号哨戒艇とともに攻撃(失敗)/30第30駆逐隊に編入

44.1/1第30駆逐隊は軽巡洋艦川内等と第8艦隊隷下に第3水雷戦隊を編制/15航海長小林和太郎予備中尉2/3第30駆逐隊司令沢村成二(兵49)大佐の司令駆逐艦を卯月から継承/17-8ラバウル寄港後姉妹艦水無月とともにニュー・ブリテン島ガブブへの兵員輸送に従事/19ラバウルからの撤退により第3水雷戦隊(中川浩少将)司令部が陸上から移乗/20ガブブ輸送に従事後パラオ回航3/2-8第3水雷戦隊旗艦を駆逐艦秋風に継承/10第3水雷戦隊は南東方面部隊から中部太平洋方面部隊に編入/12旗艦を秋風に継承4/15航海長水谷弘康(兵71)中尉/20水雷長西村幸雄(兵71)中尉/24-6パラオ寄港後駆逐艦五月雨とともに軽巡洋艦夕張を護送して/27セント・アンドリュース諸島ソンソルSonsorol(Dongosaro)島に兵員を揚陸.0942出港.1004or20ソンソル島の沖35nmで被雷した夕張を雷撃したアメリカ潜水艦(SS242)ブルーギルを爆雷攻撃/28.0541沈没した夕張から第3水雷戦隊(中川浩少将)旗艦を継承し五月雨とともに奈良艦長以下生存者を救出(.1015夕張沈没)5/1砲術長白川保(特務)中尉11/25六連出港後空母海鷹等とヒ83船団を護送12/4-9.1400マニラ寄港後駆逐艦卯月とともに第9次多号輸送船団を護送中/11レイテ島パロンポンPalompon沖で空襲により美濃丸たすまにあ丸が沈没.1750空知丸を護送.2200-/12.0820オルモック寄港後アメリカ駆逐艦(DD606)コグランと交戦/12.1635セブ島沖(11゚22'N/124゚10'E)でアメリカ陸軍航空隊P38戦闘機等46機の爆撃により爆弾2発を機関部に受けて出火航行不能となり第30駆逐隊司令沢村成二(兵49)大佐、松本艦長以下生存者214名を、第140号輸送艦に収容後が船体を砲撃.2027マスバテ島西岸(11゚38'N/123゚29'E)で同級中、最後に沈没

45.1/10除籍.

IJN Mutsuki class destroyer. Illustrated by Iyapopo.

信号符字JZHA.

UpDown

夕月丸

日本製鉄貨物船

2E型戦時標準貨物船として三菱重工業若松造船所で6番船として1944進水

45.5/27姫島の北西約7nmで触雷により沈没.

875T pp60.44x9.50x(5.45)m 焼玉x1/1 400hp 7knt.

船舶番号49089.

UpDown

巡視艇ゆうづき

海上保安庁(1) あきづき級巡視艇(10/12)PC80

1978計画特23m型巡視艇として三菱重工業下関(彦島)造船所で78.6/23起工79.1/10進水3/22竣工し第3管区海上保安部横須賀海上保安部に配属

2014.3/28竣工し横須賀海上保安部に配属された巡視艇(PC34)ゆうづきと交代して/11姉妹艇(PC72)うらゆき等とともに解役.

UpDown

巡視艇ゆうづき

海上保安庁(2) ことなみ級巡視艇(4/--)PC34

2012補正計画23m型巡視艇として墨田川造船で14.3/28姉妹艇(PC33)うらゆき等とともに竣工し/11解役された巡視艇(PC80)ゆうづきの代艇として第3管区海上保安部横須賀海上保安部に配属

17在籍.

JCG Kotonami class cutter (PC34) Yudzuki.

横須賀海上保安部.


Since 19 Nov. 2014.

Last up-dated, 11 Mar. 2017.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Yuduzuki.

Ver.1.17a.

Copyright (c) hush ,2001-17. Allrights Reserved.

Up


動画