Down

Keep the 9th !

---------------------------------

日々の記憶.

彼岸花.

2021年9月21日三重県津市.

---------------------------------

#340

祝と書いて「はふり」と読む.

「日本国語大辞典」には「神社に属して神に仕える職」とある.

神職である.

歴史学者の喜田貞吉は、この「ハフリ」は「ホフリ」の義であると述べている.

ホフリは、屠るに由来する語である.

この語は「古事記」に「亦斬波布理其軍士、故号其地謂波布理曽能(亦、其の軍士を斬波布理(きりハフリ)き.故、其地を号けて波布理曽能と謂ふ)」と出てくる.

また、その軍兵を斬り屠(ほふ)ったので、その地を「はふりその」と名付けたというのである.

この「はふりその」は、「日本書紀」には羽振苑と出ているが、読み方は一緒である.

今、JR奈良線と、近鉄京都線の併走区間に、JR祝園(ほうその)駅と近鉄新祝園駅が位置する辺りであるが、「はふり」とは「殺す」という意味を持っていたことになる.

「日本国語大辞典」には「はふる」について、「ほふる(放)の連用形の名詞化したもの」とあるが、さらに、屠(はふ)る、葬(はぶ)るも同根であるとする.

「離れる、離れさせる」という意味で共通しているからである.

屠ると葬るは、動物と命との違いはあるが、その命を体から離れさすことであり、放るは棄てる、投げるの意味で、これも離れていく動きである.

祝は示偏と兄からなる.

示偏は、戦後の改革でネという字形に変わってしまったが、本来は示で、テーブルの形からきた象形文字である.

#324にも書いたが、祭という字はテーブルの上に肉を置く図であり、神が示+雷or電からなっているように、示は神に関係する文字につく.

そして、兄は頭の大きな人である.

頭は、頭(かしら)である.

ヘッドである.

つまり、祭の主催者である.

もっとも、兄はひざまずく人物で、世話をする人だという語源説もあるが、この場合でも、祭祀を行う人と考えられる.

つまり、祝は祭を行う人であり、同時に屠る人である.

何を屠るかというと、平安末期の「色葉字類抄https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1885583(122コマ)」に「切肉鳥也」とある.

肉や鳥を切るのだから、獣から肉を「離れさせる」存在である.

つまり、古代の祭では、肉を出し、神とともに共食していたのである.

諏訪大社の御頭祭が古式豊かと称したのはこのためである.

2021.9/19

---------------------------------

最近の更新

現在「辞令公報」、「官報」の記載により人名事典の更新を中心に行っています.

また、数年間にわたってアップされずに放置されているページが多くあります.

このため、他のページとのリンクが正しくないものが多く生まれています.

そこで、完全なものではありませんが、そのようなページを少しずつ公開していきたいと思っております.

9/23衣笠.9/19なま〜.9/18人名事典やす〜.9/17おり〜.9/16富士.9/15.

9/14大潮.9/12人名事典よ〜.9/11龍驤.9/9夕立.9/7夏雲.9/5さわ〜.

三重の軍事遺跡を訪ねて.

---------------------------------

Welcome Aboard !

Special thanks for hits, 18 Jun. 2021.

--------------------------------

Contents.

----------------------------------

Since 14 Mar. 2002.

Last up-dated, 24 Sep. 2021.

Ver.1.21a.

Copyright (c) hush ,2001-21. Allrights Reserved.

Up

動画