Down

Keep the 9th !

---------------------------------

日々の記憶.

イソヒヨドリ.

2021年10月19日三重県津市にて.

---------------------------------

#345

そのようなものがおいしいのかと思われるだろうが、肉の味がするだけで充分だったのではないかと思う.

デフォーの「ロビンソン漂流記」の中にフライディーという先住民が登場する.

他の部族に食われそうになった時にロビンソンに救われて召使いになるのだが、彼は調味料を拒否していた.

食物は、それだけで本来の味を持っており、わざわざ味付けをする必要はないというのである.

そして、その言葉を真に受けたのが私である.

小学生であったということもあるのだが、調味料というものを使わなくなったのである.

そして、これは今日まで続いているので、肉は肉、魚は魚で、そのものの味があるというフライディーの言葉には大いに頷くものがある.

もっとも、野菜などは、昨今のものは、調味料を使用する前提で栽培されているので、きわめて水っぽいものに成り果てている.

したがって、ほとんどの人は野菜本来の濃厚な味をご存じないと思うが、農家の出なので、夏の太陽の下で完熟したトマトのあくどいまでの味の濃さとかは覚えている.

このため、赤茄子(トマト)を村で最初に食ったが、あまりのまずさに石垣にぶつけて遊んだという祖母の話は、カゴメの創業者の蟹江一太郎の逸話とともに懐かしい.

陸軍を満期除隊になった蟹江は、上官に勧められて洋野菜の栽培に向かうが、トマトだけは売れなかった.

これをトマト・ソースに加工したのが躍進のきっかけだったという話だが、

これが20世紀初頭の話だから、日露戦争の提灯行列に参加したという祖母の話と時代が合致するからである.

それはともかくとして、熟成によって肉の味が複雑化するように、干し肉も、その製造の過程で味が変化していく.

それを楽しむのであれば、調味料は必要なかったと思う.

2021.10/17

---------------------------------

最近の更新

現在「辞令公報」、「官報」の記載により人名事典の更新を中心に行っています.

また、数年間にわたってアップされずに放置されているページが多くあります.

このため、他のページとのリンクが正しくないものが多く生まれています.

そこで、完全なものではありませんが、そのようなページを少しずつ公開していきたいと思っております.

10/21すら〜.10/19秋雲.10/11人名事典ふし〜.10/10武蔵.10/9支那方面艦隊.10/3佐世保鎮守府.

10/1熱海.9/30親潮.9/29吾妻.9/26さ〜.9/25人名事典あさは〜.9/23衣笠.

三重の軍事遺跡を訪ねて.

---------------------------------

Welcome Aboard !

Special thanks for hits, 18 Jun. 2021.

--------------------------------

Contents.

----------------------------------

Since 14 Mar. 2002.

Last up-dated, 21 Oct. 2021.

Ver.1.21a.

Copyright (c) hush ,2001-21. Allrights Reserved.

Up

動画