Down

Tsurugisaki.  剣埼(劍埼、剱埼).

[地名]剱埼.

神奈川県三浦市南下浦町松輪、三浦半島南東端の岬.

「剣崎、けんざき」の表記も多いが1980地元町内会から三浦市に古称の「剱埼、つるぎざき」に改めてほしいとの要望があり、現在はそちらが正称となっているものの市立剣崎(けんざき)小学校等の名称は残っている.

房総半島南西端の洲埼とを結ぶ線上の水道を浦賀水道と呼び、ここから北を東京湾と称し、伊豆大島とを結ぶ線が相模灘の東端となる.

剱埼灯台は1866.5江戸幕府がアメリカイギリスオランダフランスの4国と交わした改税条約(江戸条約)により建設した8灯台の1つとしてブラントンの設計による石造灯台として71.3/1初点灯されたが1923.9/1関東大震災により倒壊25.7/4コンクリート造で再建され91無人化された.

UpDown

日本 剣埼級給油艦

1760s1970nT

64.10x9.45x4.27m

D(バーマイスターBurmeister型直立4衝程単動)x2 1000bhp 9knt 石炭6重油135t

安式76/40mmIx2

乗員103

同型艦(1/1917)

剣崎(>快鳳丸).

WW1の勃発により入手不能となった駆逐艦浦風用巡航Dを中立国経由で輸送して使用された結果、日本海軍初のD推進艦となった.

石油1100tを搭載可能.

Up---------------------------------Down

特務船>特務艦剣埼

日本@ 剣埼級給油艦(1/1)

84艦隊計画による1915末設計特務船(運送船)16計画1100噸積給油船16.3/17海相決裁5/31呉工廠に製造訓令6/26運送船剣埼と命名され軍備補充費により17.2/27起工6/20進水11/8指揮官小山田繁蔵(兵27)中佐、航海長清水柳太郎(兵36)大尉/30竣工し呉鎮守府籍となり内海での重油輸送に従事

12/1指揮官丸橋清一郎(兵27)中佐

18.4/11軍医長深田貫一(仙台医専)大軍医

19.11/20指揮官(20.4/1艦長)野村仁作(兵28)中佐12/1航海長竹中龍造(兵39)大尉、主計長鈴木常治Tsuneji(経2)主計大尉

20.9/15特務艦となり運送艦(給油艦)に類別11/12艦長西野作太郎(兵29)中佐12/1航海長石川茂(兵40)大尉

21.1/20主計長心得宮川五朗(経4)主計中尉(12/1主計大尉、主計長)12/1艦長が鈴木源三(兵30)中佐から柴田菊枝(兵30)中佐に交代

22.4/1艦長北村栄虎(兵28)中佐11/10艦長平山栄(兵31)中佐

23.5/28機関長竹下英五郎(機20)機関大尉(12/1機関少佐)10/15艦長が鈴木秀次(兵31)中佐から相良達夫(兵32)中佐に交代

24.11/8航海長鹿目善輔(兵44)大尉12/1艦長小林晋(兵32)中佐

25.8/1(-26.2/20)艦長江原収治(兵33)中佐11/10勝力機関長赤松嘉一郎(機25)機関大尉が機関長を兼務

26第4予備艦となり呉港内に繁留2/20艦長欠員

34.4/1除籍

35農林省に移管され播磨造船で漁業取締船快鳳丸に改造45戦没.

UpDown

日本 剣埼級特務艦

Up---------------------------------Down

日本 剣埼級潜水母艦

9500s1250Tt

oa205.5x18.0x6.86m

D(11号10型x4)+(11号12型x4)/2 56000bhp 28.7knt 重油1620(+補給用1870)t 10000nm/18knt

127/40mmAAIIx2=4 94式水上偵察機x3

同型艦(1+1/1939)

剣埼(>祥鳳).高崎(>瑞鳳).

竣工後瑞鳳級空母に改造.

補助としてロ号艦本式x2を搭載.

Up---------------------------------Down

特務艦剣埼

日本A 剣埼級潜水母艦(1/1+1)

1934第2次補充(A)計画第1給油艦11/5特務艦剣埼と命名され横須賀工廠で艦艇建造費により12/3起工35.6/1進水10/7(36.10/7兼高崎)艤装員長大塚幹(兵39)大佐36.12/1艤装員長樋口曠(兵40)大佐37.4/10(-8/26)艤装員小田為清(兵43)中佐5/20高崎艤装員長柿本権一郎(兵41)大佐が艤装員長を兼務6/15竣工し横須賀鎮守府籍

12/1(-38.12/15兼高崎)艤装員長(38.9/20艦長)橋本愛次(兵39)大佐

38.5/16艤装員(副長)荘司喜一郎(兵45)中佐9/15軍艦(潜水母艦)となり横須賀鎮守府籍/20機関長後藤正雄機関中佐、航海長幸嶋道介(兵52)少佐、砲術長宮野豊三郎(兵52)少佐、運用長山田洋(兵49)少佐、兼長門通信長本田甚次郎(兵46)中佐、軍医長久保正軍医少佐、兼鳳翔主計長松川猛夫主計大尉12/1機関長沼田章機関中佐/15艦長福沢常吉(兵41)大佐、通信長高木長護(兵57)大尉、工作長得居登機関少佐、軍医長川島清軍医大尉

39.1/15竣工

2/5第2艦隊第2潜水戦隊に編入され旗艦を軽巡洋艦阿武隈から継承9/8空母への改造が決定11/1工作長堀山栄機関少佐、飛行長福永正義(兵61)大尉、主計長重留清治主計大尉/15第2潜水戦隊の解隊により第1艦隊第4潜水戦隊に編入、艦長伊藤尉太郎(兵42)大佐、副長宮崎武治(兵46)中佐、通信長福島勉大尉、軍医長長門莫軍医大尉(40.11/15軍医少佐)

40.8/25横須賀出港後南洋方面を巡航/27副長山本岩多(兵48)中佐9/22横須賀帰着10/5通信長仁科三郎(兵64)中尉/15機関長浜野軍一(機29)機関中佐11/15横須賀工廠で空母への改造工事に着手、(兼翔鶴)艤装員長(41.4/17艦長)城島高次(兵40)大佐12/10航海長越智武雄(兵59)大尉

41.4/1横須賀港務部部軍医長田中重雄軍医少佐が軍医長を兼務/10第4予備艦6/3副長勢経雄(兵48)中佐/10機関長桜井俊三機関中佐8/8山城艦長小畑長左衛門(兵43)大佐が艦長を兼務9/10航海長寺崎勲(兵56)少佐、通信長谷口靖二(兵62)大尉/20軍医長宮本道明軍医大尉(10/15軍医少佐)/25主計長加藤泰金(短現2)主計大尉10/1艦長伊沢石之介(兵43)大佐/15副長宿谷平治(兵48)中佐/28砲術長成谷昇(兵58)少佐11/1特別役務艦、機関長石清水明機(機31)中佐

12/22瑞鳳級空母(2/2)祥鳳と改名42.1/26工事完了42戦没.

IJN Tsrugisaki class submarin tender Tshurugisaki.

信号符字JRTA.

情報を提供して下さった海軍航空隊スキー様に感謝申し上げます.

2014.12/25.

UpDown

剣埼

日本○ 洲埼級給油艦(3/2+3)

1940○臨計画飛行機用軽質油運搬艦第234号艦として建造予定中、計画中止.


Since 22 Oct. 2008.

Last up-dated, 31 Dec. 2014.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Tsurugisaki.

Ver.1.14a.

Copyright (c) hush ,2001-14. Allrights Reserved.

Up


動画