Down


★アトマカAtmaca.

トルコ語.[生物]]ハイタカAccipiter nisus.

エペルヴィエ.シュペルバー.スパルヴィエロ.スパローホーク.ハイタカ.

---------------------------------

トルコ@ カルタル級ミサイル艇(2/9)P335>322

フリードリッヒ・リュールセン/フェーゲザック造船所でドイツ、ヤグァール級高速艇の同級艇として1966-7進水67竣工

78.7/28竣工

88以前にペンギンSSMx2を搭載

2008在籍.


★アドミニストラトール・アン・シェフ・アンセーユAdministrateur en Chef Ancelle.

[人名]

---------------------------------

フランス海上警察 アドミニストラトール・アン・シェフ・アンセーユ級監視艇

74ft

31.45x5.75x3.08m

D(ポヨーor*ボードワン)x2/2 8-*900bhp 21knt 1380nm/15knt 連続航行時間72時間

7.5mmMGIx1

航海用レーダーx1

乗員8

同型艇(2/1962-3)

PM25 アドミニストラトール・アン・シェフ・アンセーユ.*P・L・ルネ.

全艇エステレル/カンヌ工廠で建造.

---------------------------------

フランス海上警察 アドミニストラトール・アン・シェフ・アンセーユ級監視艇(1/2)PM25

エステレル/カンヌChantier de l'Esterel,Cannes造船所で1962竣工しフランス南部のセートSeteに配備

2000.2除籍.


アドミラブルAdmirable.


★アドミラルAdmiral.

英語.[名詞]提督.

アラビア語で「海の長官」を意味するAmir al-Bahrに由来し中世まではamiralと綴られていたが、「尊敬に値する」を意味するラテン語admirabilisからの類推からadmiralに変形した.

海軍省は英語でthe Admiraltyと呼ばれる.

---------------------------------

イギリス アドミラル型戦艦→イギリス、コリンウッド級(アドミラル1型)露砲塔艦ロドニー級(アドミラル2型)露砲塔艦ベンボウ級(アドミラル3型)露砲塔艦ダンカン級(アドミラル型)戦艦.

全艦、イギリスの提督の名を採っていることから.

---------------------------------

イギリス アドミラル型巡洋戦艦→フッド級(アドミラル型)巡洋戦艦.

---------------------------------

アメリカ アドミラル型輸送艦→アメリカ、アドミラル・W・S・ベンソン級輸送艦.


★アドミラル・F・B・アパム→アドミラル・F・B・アップハム.


★アドミラル・F・B・アップハムAdmiral F.B.Upham.

[人名]Frank Brooks Upham、1872-1939.

アメリカの海軍軍人(少将).

1918.7/9巡洋艦(C6)オリンピア艦長33-5アジア艦隊司令長官.

アップハム.

---------------------------------

アメリカ○ アドミラル・W・S・ベンソン級輸送艦(10/8+2)AP129

P2-S2-R1戦時標準型貨物船MC(海事委員会)687としてベスレヘム・スティール/アラメダ造船所で1944.11/27第9510番船として起工12/16計画中止

46.11/24進水

48.4/27竣工と同時に海事委員会に移管されアメリカ、アメリカン・プレジデント・ラインAmerican President Lines客船プレジデント・ウィルソンとして運行73オリエンタル・エンプレスと改名74売却解体.


★アドミラル・アプラクシン→ゲネラル・アドミラル・(グラーフ・)アプラクシン.


★アドミラル・イサコフAdmiral Isakov.Адмирал Исаков.

[人名]Hovhannes(Ivan) Stepani、Иван Степанович Исаков、1894-1967.

ソ連の海軍軍人(元帥).

当時はロシア領だったトルコ北東部のカルス県ハドジフェンドにアルメニア人鉄道労働者の家庭に生まれ1917ロシア海軍に入隊し准士官21駆逐艦イジアスラフ砲術長22-7黒海艦隊作戦参謀、参謀副長39入党後海軍人民委員を経て1940.5復活された海軍大将の階級にクズネツォフ、ゲラーとともに最初に昇進41ドイツ軍進攻時、バルチック艦隊戦艦、巡洋艦部隊司令官だったが北洋艦隊を経て北カフカース方面海軍司令長官となり対ドイツ戦争に従事中42.10/4ドイツ空軍のトゥアプセ空襲により負傷し足を切断44.5/31元帥46.2海軍総司令官代理兼参謀総長50退役55.3/3創設されたソ連邦海軍元帥にクズネツォフとともに任命65.5/7ソ連邦英雄称号を授与.

---------------------------------

ソ連>ロシア@ クロンシュタット級(クレスタII型)ミサイル巡洋艦(2/10)

Russian Kronstadt (Kresta II) class cruiser. Illustrated by JTPS-P16.

プロジェクト1134ベルクートA大型対潜艦(BPK)S722として第190、ジュダノフ/レーニングラード工廠に発注され1967.12/29艦籍編入68.1/15起工68.11/22進水70.8/16就役.9公試開始12/28北洋艦隊に編入

71.4回航中に第2ボイラーが故障/22北洋艦隊第120ミサイル艦旅団に編入

72.2アンナバAnnaba(アルジェリア)寄港

81.5/27バレンツ海でイギリス駆逐艦(D88)グラスゴーと接触

91.10/1北洋艦隊第7作戦艦隊第44対潜艦旅団に編入

93.6/30除籍

94売却後解体の目的でインドに曳航中に沈没.

Russian Kronstadt class cruiser Admiral Isakov.


★アドミラル・イサチェンコフAdmiral Isachenkov.Адмирал Исаченков.

[人名]

---------------------------------

ソ連>ロシア@ クロンシュタット級(クレスタII型)ミサイル巡洋艦(7/10)

Russian Kronstadt (Kresta II) class cruiser. Illustrated by JTPS-P16.

プロジェクト113ベルクート4A大型対潜艦(BPK)S727として第190、ジュダノフ/レーニングラード(exセヴェルナヤ/サンクト・ペテルブルグ)工廠で1970.2/4艦籍編入10/30起工72.3/28進水74.7/7艦旗掲揚.9公試開始11/5竣工12/10北洋艦隊第170対潜旅団に編入

75.3グレチコ国防大臣が視察.4オケアン75演習時に旗艦として使用.9-11ノルウェー近海と北海でアメリカ空母を追跡

76.9-10NATO演習を偵察

77.8-10対潜ロケット弾の爆発を利用した戦略型原子力潜水艦との通信実験に従事.12-

78.1空母キエフの護衛任務に従事.3-4北大西洋で任務に従事.5-7対空ミサイル弾庫を改造(74炎上沈没したミサイル駆逐艦オトヴァジュニイの教訓による)

79.12-80.4地中海で任務に従事.6アトランティカ80演習に参加

81.1-9地中海で任務に従事中.3ユーゴ・スラヴィアを訪問9/4-12キエフ等とザパド81演習に参加.12クロンシュタットで改装工事に着手

86.8工事完了し第95特別隊に臨時編入

87.1-6北大西洋、地中海で任務に従事しアメリカ空母を追跡

91.10/1北洋艦隊第44対潜師団に編入

92.7/3解役

93.6/30除籍

94売却後インドで解体.


★アドミラル・イストミンAdmiral Istomin.Адмирал Истомин.

[人名]Vladimir Ivanovich IstominВладимир Иванович Истомин、1809-55.

ロシアの提督(少将).

1827海軍兵学校卒28-9ナヴァリノ海戦、ダーダネルス封鎖戦に参加36バルト艦隊から黒海艦隊に移動50戦列艦パリParisПариж艦長となり53シノープの海戦に参加54-5セヴァストポリ攻防戦に従軍中55.3/7砲弾が命中して死亡.

---------------------------------

ロシア○ アドミラル・ナヒーモフ級防護巡洋艦(4/4)

1914計画巡洋艦として黒海艦隊用にニコラエフ工廠で.7起工

38未成状態で解体.


★アドミラル・ヴァシリー・スコデレア→ヴィッセ・アドミラル・ヴァシリー・スコデレア.


★アドミラル・ヴィノグラードフAdmiral Vinogradov.Адмирал Виноградов.

[人名]

---------------------------------

ソ連>ロシア@ ウダロイ級(I型)ミサイル駆逐艦(10/13)

プロジェクト1155/1155R大型対潜艦(BPK)N116として第820、ヤンター/カリーニングラード工廠で1984起工87進水88.9/13出動公試開始10/10竣工12/30就役し太平洋艦隊に編入

89.9/10-90.2/21ペルシャ湾で作戦任務に従事2/3-6アブ=ダビでの兵器展示会に参加3/2カムラン湾寄港後ウラジオストック回航7/31-8/4太平洋艦隊司令長官ハバトフ大将の旗艦としてサン・ディエゴをミサイル駆逐艦ボエヴォイとともに親善訪問10/29夕刻、ウラジオストック在泊中、砲弾17発を誤射(砲身が垂直に立っていたので市街への被害を免れる)

91.7/28ウラジオストック沖で実施された海軍記念日祝賀パレードにミサイル巡洋艦ペトロハヴロフスク等とともに参列8/15-6ウラジオストック沖で実施された太平洋艦隊公開演習にペトロハヴロフスク等とともに参加

92.3訪問したフランス練習巡洋艦(R97)ジャンヌ・ダルクのホスト・シップとして使用9/5B・チェルニャフスキー中佐の指揮下に補給艦ボリス・ブトマとともにウラジオストック出港/7対馬海峡東水道を南下後マラッカ海峡を通過10/5ペルシャ湾入り/9バーレーン、マナマに入港/14搭載のKa27ヘリックスがペルシャ湾上で共同作戦中のアメリカ空母(CV61)レインジャー、駆逐艦(DD965)キンケイドにロシアのヘリコプターとして初めて着艦後ベンガル湾の公海上でアメリカ、ミサイル巡洋艦(CG63)カウペンズと合同演習を実施しSH-60Bヘリコプター2機が着艦後姉妹艦アドミラル・トリブツと任務を交代

93.1/11沖縄北西300kmを北上してウラジオストックに帰投.10アメリカ、韓国艦隊のウラジオストック訪問時にホスト・シップとして使用11/18対馬海峡北東230kmを揚陸艦ニコライ・ヴィルコフ、補給艦ウラジミール・コレチツキーとともに北上中、海上自衛隊第4航空群所属のP-3C対潜哨戒機が視認後12/24-

94.1/4ニコライ・ヴィルコフ等とペルシャ湾で初のロシア、クウェート合同演習に参加2/14-8ムンバイ寄港5/17-20ロシアを初訪問した中国ミサイル駆逐艦(166)珠海等3隻とウラジオストックで交歓

97.6/27東京晴海埠頭に96海上自衛隊護衛艦(DDH144)くらまウラジオストック寄港の返礼として太平洋艦隊第1副司令官チルコフ中将の指揮下に来日(ロシア軍艦の来日は1894明治天皇成婚25周年を記念してロシア巡洋艦アドミラル・コルニロフが横浜に入港して以来103年振り)/30晴海出港後三浦半島沖で護衛艦(DDH141)しらねと洋上事故防止のための共同通信訓練を実施

98.7/29-30姉妹艦アドミラル・パンテレイエフ、海上自衛隊護衛艦(DDH144)くらま等とともにウラジオストック東方約390kmの日本海で実施された初の日露共同訓練に参加

2001.1/10or15太平洋艦隊副司令官コーネフ中将の指揮下にアドミラル・パンテレイエフ、補給艦ウラジミール・コレチツキーを率いてウラジオストック出港後74日間の行動中にムンバイダナンを訪問.4釜山を訪問/10演習中にミサイル駆逐艦ブールヌイが30mmCIWSを誤射

02.8アメリカ揚陸指揮艦(LCC19)ブルー・リッジウラジオストック訪問時にホスト・シップとして使用

09.1/11アデン湾でソマリア沖で海賊対策に従事していたミサイル・フリゲート、ネウストラシムイと任務を交代/13アデン湾で海賊船に襲われたオランダのコンテナー船を救出

09在籍.

Russian Udaloy class destroyer Admiral Vinogradov in Gulf of Aden, 9 Feb. 2009.

493(90.3)554(90.7、93.1)572(93.11、97.6、98.7、2009.2)


★アドミラル・ウィリアム・キャラハン→アドミラル・Wm・M・キャラハン.


アドミラル・ウシャーコフAdmiral Ushakov.Admiral Uchakov.Адмирал Ушаков.


★アドミラル・ウラジミルスキーAdmiral Vladimirsky.Адмирал Владимирский.

[人名]Lev Anatolevich Vladimirsky、1903-73.

WW2時のソ連の提督.

1943.5オクチャブルスキー大将と交代して黒海艦隊司令長官54大将.

---------------------------------

ソ連>ロシア@ アカデミーク・クリロフ級海洋観測艦(-/6)

プロジェクト856海洋観測艦としてアドルフ・ワルスキィ/シュティティン造船所で1974-9竣工し太平洋艦隊に編入

93在籍.


★アドミラル・E・W・エバールAdmiral E.W.Eberle.

[人名]Edward Walter Eberle、1864-1929.

アメリカの海軍軍人(少将).

テキサス州デントンに生まれ1885海兵卒98米西戦争時、戦艦(BB3)オレゴン乗員としてホーン岬を経由してキューバに回航7/3サンティアーゴ・デ・キューバ海戦に参加1912大西洋艦隊水雷部隊司令官15-9兵学校長21太平洋艦隊司令官22戦闘艦隊初代司令長官23-7海軍作戦部長28退役.

エバール.

---------------------------------

アメリカ@→エバール.

---------------------------------

アメリカA アドミラル・W・S・ベンソン級輸送艦(3/8+2)AP123

P2-S2-R1戦時標準型貨物船MC(海事委員会)681号船としてベスレヘム・スティール/アラメダ造船所で1944.6/14進水45.1/24G・C・カールステット、コースト・ガード大佐の指揮下に竣工し太平洋艦隊に編入

3/6サン・フランシスコ出港/25マヌス島入港後海軍機が右舷部に衝突し1名が死亡、5名が負傷/26マヌス島出港

46.5/8予備役編入

.6陸軍に引渡されジェネラル・ダニエル・I・サルタン級輸送艦(3/8+2)ジェネラル・サイモン・B・バックナーと改名50.3/1MSTS(>MSC)に移管(T-AP123)90除籍.


★アドミラル・オクチャブルスキーAdmiral Oktyabr'sky.Адмирал Октябьский.

[人名]F・S・オクチャブルスキー海軍大将Filipp(Ivanov) Sergeyevich Oktyabrskiy.Филипп(Иванов) Сергеевич Октябрьский、1899-1969.

WW2時のソ連の海軍軍人.

1941ドイツ軍の進攻時に黒海艦隊司令長官として43.5ウラジミルスキーと交代するまで作戦を指揮44黒海艦隊司令長官に復帰48.11N・Ye・パシストゥイ大将と交代.

---------------------------------

ソ連>ロシア@ クロンシュタット級(クレスタII型)ミサイル巡洋艦(6/10)

Russian Kronstadt (Kresta II) class cruiser. Illustrated by JTPS-P16.

プロジェクト1134ベルクートA大型対潜艦(BPK)S726として第190、ジュダノフ/レーニングラード工廠で1969.6/2起工9/14艦籍編入71.5/21進水73.12/28竣工

74.2/7太平洋艦隊第10作戦艦隊第201対潜旅団に編入.5-12バルト海から極東へ回航中にソマリア、イエメン、セイロンを訪問

75.4太平洋海域で初の対潜ミサイル発射実験を実施

77.2-9インド洋で任務に従事中.4-5フィリピン海でアメリカ潜水艦を7回探知

78.4/7演習に参加.8-

79.12ウラジオストックで定期整備

80太平洋艦隊第8艦隊攻撃部隊に所属してインド洋で作戦行動に従事しソマリア、イエメンに寄港

82.12-86.10ウラジオストックで対潜ミサイル、衛星航法・通信装置の更新を含む近代化を実施

90.8/4ミサイル駆逐艦アドミラル・ザハロフとともに対馬海峡を南下してカムラン湾、インド洋、ペルシャ湾方面を巡航

91.2/6対馬海峡を北上.12帰投

93.6/30除籍

94.3売却されインドで解体.

504(90.8)501(91)


PREVIOUS  NEXT

Since 23 Dec. 2001.

Last up-dated, 6 Mar. 2010.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Atoma-.

Ver.1.10a.

Copyright (c) hush ,2001-10. Allrights Reserved.

Up


動画