Down

Ryuho.  龍鳳.

[生物]鳳凰.

UpDown

大阪鉄工所桜島工場で1917竣工した明治海運貨物船明地丸

24.2大連汽船が購入し龍鳳丸(大連)と改名

25.11/19六連島沖で仮泊中、駆逐艦谷風に衝突されて沈没

26.11浮揚後三井物産造船部(玉)で修復

34.6/28門司から大連へ航行中、韓国鳥島群島孟骨水道兄弟島の南方で濃霧により座礁8/21解体.

3191(5041)T pp92.96x13.34x(8.31)m R(3連成)x1/1 2000ihp 10(9)knt.

船舶番号関219.

信号符字QBTG>JITM.

UpDown

横須賀工廠で1934.3/31竣工41.12/18横須賀工廠で空母への改造を開始42.4/18ドゥーリトル東京初空襲で爆撃を受けて損傷11/28工事完了した日本、大鯨級潜水母艦(1/1)大鯨

/30軍艦龍鳳@と改名され龍鳳級空母(1/1)となり第3艦隊付属に編入、艦長亀井凱夫(兵46)大佐

/30-12/10新型艦上攻撃機天山の運用試験を空母瑞鶴とともに実施/12空母冲鷹等とともに横須賀出港(/11出港予定であったが冲鷹のタービン故障により出港延期)後トラックへ陸軍飛行第45戦隊99式双発軽爆撃機を輸送中/12.0910八丈島の東方約150nm(32゚04'N/142゚30'E)でアメリカ潜水艦(SS228)ドラムの発射した魚雷4本中1本を右舷艦橋下の火薬庫付近に受けて損傷し陸軍兵員45名を含む100名以上が死傷/14横須賀入港/16横須賀工廠に入渠後修理

43.1/15第3艦隊隷下に空母鳳翔等と第50航空戦隊を編制

2/10出渠

3/19横須賀出港/20大分/31呉入港後瀬戸内海で着艦訓練に使用

5/25呉出港

6/10被雷損傷した空母飛鷹搭載機を載せ/11柱島出港/12第3艦隊第2航空戦隊に編入/13-6横須賀寄港後戦艦金剛等とともに/21トラック入港直前にアメリカ潜水艦(SS190)スピアフィッシュの発射した魚雷を回避/21入港

7/2戦闘機隊の一部を/5残部の飛行隊をブインに派遣/15飛鷹飛行隊を搭載/19空母雲鷹とともにトラック出港/24呉入港後瀬戸内海で着艦訓練等に従事

9/2呉入港/22-7呉工廠で入渠

10/6呉出港/6-9岩国/10-1佐伯寄港後輸送任務のため駆逐艦初春に護衛されて/15-6三亜/19-26セレター/30-1三亜寄港

11/5-22呉/25柱島出港後航空機輸送の目的で飛鷹とともに駆逐艦初霜初春谷風に護衛されて/29-30マニラ

12/3-11セレター/14-5タラカン/18-9パラオ/22-7トラック寄港/29サイパン寄港

44.1/1-2平郡島沖/2飛鷹とともに呉入港/17因島入港/18-26因島造船所で入渠/28呉回航

3/16艦長松浦義(兵49)大佐/19呉出港/24鹿児島で第343航空隊の零戦を搭載後伊勢湾に回航し第523航空隊の彗星を搭載/29空母瑞鳳と合流/30瀬戸内海出港後駆逐艦山雲初霜雪風の護衛下に

4/1-3サイパン寄港/7岩国/8-29呉寄港後岩国に回航

5/11空母隼鷹等からなる機動部隊と佐伯出港/16タウイ・タウイ入港後訓練/20あ号作戦発令

6/13タウイ・タウイ出港/14-5ギマラス寄港後第2航空戦隊(隼鷹飛鷹龍鳳)は乙部隊を編成し/19-20マリアナ沖海戦に参加.1810しアメリカ第58任務部隊空母(CV6)エンタープライズ搭載機による攻撃により爆弾1発を受けて小破/22-3沖縄中城湾/24-

7/3柱島寄港/3呉入港/3or10第3艦隊第1航空戦隊に編入/9or11-20呉工廠で入渠し飛行甲板の修復と対空兵装の強化を実施

8/10第3艦隊第4航空戦隊に編入/13呉出港/13-22柱島/22-6屋島/26-

9/10柱島寄港後呉へ回航/29柱島入港後呉、岩国、屋島、岩国、屋島、岩国、徳山、岩国、呉、岩国、屋島、大分、呉、門司、油谷湾、佐世保に寄港

10/25台湾に輸送される航空機を搭載して佐世保出港後空母海鷹等に護衛されて/27-30基隆寄港

11/2-6呉/6-7大竹沖寄港/7呉に入港し雲龍から第1機動艦隊司令長官小沢治三郎(丙37)中将の将旗を継承/15連合艦隊第1航空戦隊に編入/21松山回航

12/13雲龍とともに特攻機桜花のミンドロ島への輸送艦に指定/28呉出港/31.0820門司出港後桜花58機を搭載し給油艦神威等からなるヒ87船団を第17駆逐隊(磯風浜風雪風)、駆逐艦時雨旗風、海防艦御蔵屋代倉橋第13号海防艦とともにシンガポールへ護送中、雪風が故障により離脱

45.1/3-5空襲警報により舟山列島北方泊地に寄港/7基隆寄港/9-10高雄寄港中、アメリカ第38任務部隊搭載機による空襲に遭遇しTBF12機と交戦し1機を撃墜/11-2基隆寄港後磯風に護衛されて/18.0930呉帰投(日本空母の最後の外洋航海)/20艦長高橋長十郎(兵49)大佐

3/19.0720-905アメリカ第58任務部隊空母搭載機の呉空襲により吉浦沖で爆弾3発の直撃とロケット弾2発を受けて飛行甲板が大破、第1ボイラー室が使用不能となり、左舷舷側部に大破孔が生じて12名が死亡、30名が負傷、艦尾が1.8m沈下/23空母鳳翔とともに第2艦隊に編入/31呉で対空戦闘

4/1呉で入渠後修理不要と判定/20第2艦隊の解隊により呉鎮守府第4予備艦/28艦長佐々木喜代治(兵40)大佐

6/1江田島沖に移動後戦艦榛名の前方に係留され特務予備艦となり防空砲台として使用(対空要員以外は下艦)

8/15敗戦時、大破状態で残存

11/30除籍

46.4/2播磨造船呉船渠(ex呉工廠)で解体に着手

9/25解体完了.

Up----------------------------------Down

日本 龍鳳級空母

13360s15060t16700ft

oa215.6wl210.0pp197.32x19.58x6.67m

Tx2/2 ボイラーx4 52000shp 26.5knt 重油約2900t

甲板10mm

12.7/40mmAAx4=8 25mmMGx38 航空機x31

乗員989

同型艦(1/1942)

龍鳳(ex大鯨).

瑞鳳級空母は略同型艦.


Since 27 Oct. 2012.

Last up-dated, 30 Oct. 2012.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Ryuho.

Ver.1.12a.

Copyright (c) hush ,2001-12. Allrights Reserved.

Up


動画