Down

Tanikaze.  谷風.たにかぜ.

谷風級駆逐艦 駆逐艦谷風@ 駆逐艦谷風A 巡視艇たにかぜ(1) 巡視艇たにかぜ(2) 

[気象]谷風Valley breeze.

谷底から山頂に向けて吹く風.

日中、太陽に照らされる山側の方が空気が温まって密度が小さくなるため、谷側から吹き上がることによって生じる.

逆が山風.

江戸時代後期の第4代横綱谷風梶之助、1750-95は63連勝(1939双葉山が69連勝を記録するまで約150年間にわたって保持)を含む49場所254勝14敗16分16預5無勝負106休、勝率.949、優勝相当21回の記録を打ち立てた陸奥国宮城郡霞目村出身の大力士で1789小野川喜三郎とともに吉田司家吉田追風から横綱の免許を受けたが、これが実質的な横綱制度の発祥といわれ91上覧相撲の際に将軍家より弓を賜った際に土俵上で舞ってみせたのが現在の弓取式の始まりとされる.

35連勝中の44歳で流感のため、帰郷療養中、1795.2/27現役のまま死亡したが、後にこの時の流感のことを谷風と呼ぶようになり、命日の1/9(旧暦)は「風邪の日」となった.

谷は山の対義語だが、西日本では山の斜面等を流れる短い川であると呼ぶことが多く、富山県や新潟県ではが混在している地域がある.

中国で「谷」は「穀」の簡体字で、谷は「渓」の簡体字を使う.

このことから、中国でのGoogleの漢字表記「谷歌」は穀歌(収穫の歌)の意味になるが、これは単に音を当てただけである.

UpDown

日本 谷風級駆逐艦

1180s1300n1580ft

oa103.6pp97.6x8.8x2.8m

T(*ブラウン・カーティスorパーソンズ)x2/2 ロ号艦本式重油専焼缶x4 34000shp 37.5knt 重油380t 4400nm/14knt、4000nm/15knt

120/45mmIx3 65mmMGIx3 457mmTTIIx3=6

乗員128

同型艦(2/1918-9)

*谷風.江風.

日本初の全歯車式タービン推進艦.

1916-7計画駆逐艦.

計画では谷風のほうが1年早いが、竣工は江風のほうが逆に約2ヶ月間早かったため、江風級駆逐艦とも称する.

日本初の533mmTT採用艦とされてきたが、従前通り457mmTTであったことが考証されている.

Up---------------------------------Down

駆逐艦谷風

日本@ 谷風級駆逐艦(1/2)

IJN Tanikaze class destroyer. Illustrated by SUDO.

84艦隊計画による1916計画一等駆逐艦(大型)として舞鶴工廠で16.9/20起工

18.7/2艤装員長(9/10兼艦長19.4/1艦長心得)小沢潔(兵31)少佐、艤装員(9/10-12/1乗員)吉田庸光(兵36)大尉/4艤装員(9/10兼乗員19.4/1-12/1機関長)川原宏(機15)機関少佐/20進水37.5kntを公試で発揮12/11乗員(19.4/1-20.12/1水雷長)五藤存知(兵38)大尉

19.1/30竣工し横須賀鎮守府籍

2/1姉妹艦江風と横須賀鎮守府隷下に第3駆逐隊を新編6/1(-12/1)砲術長岩越寒季(兵38)大尉9/1航海長西村祥治(兵39)大尉11/1呉鎮守府籍となり第3駆逐隊第14駆逐隊と改称12/1第14駆逐隊は軽巡洋艦天龍等と第2艦隊隷下に第2水雷戦隊を編制、艦長後藤章(兵31)中佐、(-20.11/1)砲術長柴田弥一郎(兵40)大尉、(-20.10/9)航海長加藤成禧(兵40)大尉/10竣工した駆逐艦を/20竣工した駆逐艦第14駆逐隊に編入

20.10/25(-12/1)航海長原田清一(兵39)大尉11/15第14駆逐隊司令兼艦長岡本郁男(兵30)中佐12/1艦長岩村兼言(兵31)中佐、(-22.7/20)砲術長江口松郎(兵40)大尉

21.12/1艦長若山昇(兵32)中佐

22.7/20(-23.2/15)砲術長新美和貴(兵40)大尉12/1艦長長井実養(兵33)中佐

23.6/30(-11/10)水雷長森国造(兵40)大尉10/15(-25)航海長曽爾章(兵44)大尉11/1艦長心得染河啓三(兵34)少佐(12/1中佐、艦長)12/1第14駆逐隊第1水雷戦隊に編入、(-24.10/25)機関長鳥山祐蔵(機24)機関大尉、(-24.12/1)水雷長土井直治(兵43)大尉

24.12/1兼江風艦長杉本嘉多雄(兵35)少佐、(-25.5/20)航海長黒木剛一(兵43)大尉

25.8/20艦長横山徳治郎(兵36)少佐、(-12/1)砲術長竹下宣豊(兵48)中尉10/15艦長中原達平(兵38)少佐11/19六連島沖で貨物船龍鳳丸と衝突し龍鳳丸が沈没12/1艦長清水長吉(兵37)少佐

26.2/1?艦長鈴木田幸造(兵37)少佐10/15艦長後藤鉄五郎(兵38)少佐

27.12/1艦長神山徳平(兵38)少佐

29.11/30艦長が福原一郎(兵37)中佐から藤田俊造(兵42)少佐に交代

30.12/1機関長緒方明(機32)機関大尉

31.11/2(12/1兼江風-32.4/1)艦長村上暢之助(兵44)少佐

34.4/1江風除籍

35.4/1除籍後廃駆逐艦第19号と改名され呉で係留WW2後解体.

IJN Tanikaze class destroyer Tanikaze.

予算額202万8415円.

UpDown

駆逐艦谷風

日本A 陽炎級駆逐艦(14/18)

IJN Kagero class destroyer.Illustrated by Iyapopo.

1937海軍補充(B)計画甲型(一等)駆逐艦として艦艇製造費により藤永田(大阪)造船所で39.10/18起工40.8/30駆逐艦谷風と命名11/1進水12/10艤装員長新谷喜一(兵50)中佐、艤装員(機関長)香春博(機37)機関少佐

41.1/15艤装員伍賀守雄(兵61)大尉(-42.3/25水雷長)2/20艤装員(-9/10航海長)佐藤文雄(兵59)大尉4/1艤装員(-42.11/14砲術長)土屋幸穂(兵64)中尉(5/15大尉)/25新谷艦長の指揮下に竣工し呉鎮守府籍

/28第1航空艦隊第1航空戦隊に編入5/1姉妹艦磯風浦風からなる第1航空艦隊第1航空戦隊第17駆逐隊に編入/20第17駆逐隊司令杉浦嘉十(兵46)大佐の司令駆逐艦を磯風から継承/25-8司令駆逐艦を浦風に一時継承6/30竣工した姉妹艦浜風第17駆逐隊に編入

7/18第17駆逐隊第1艦隊第1水雷戦隊に編入9/5艦長勝見基(兵49)中佐/10航海長左近佐久美(兵61)大尉

11/15第17駆逐隊(磯風浦風谷風浜風)は呉出港/18軽巡洋艦阿武隈等からなる第1水雷戦隊に所属して佐伯出港/22-6単冠湾寄港12/8開戦時、空母赤城等からなる機動部隊警戒隊に所属して真珠湾攻撃に参加/16.1630空母蒼龍等とともに/21-3第2次ウェーク島攻略作戦を支援/25柱島入港/29-

42.1/8呉寄港後赤城等を護衛して/14-7トラック寄港/20ラバウル空襲/23赤城等とラバウルカビエン上陸を支援/27-2/1トラック寄港後マーシャル諸島を空襲したアメリカ空母を赤城等と追跡/8-15パラオ寄港/19ダーウィン空襲/21-5スターリング湾寄港後ジャワ海南部で作戦/5チラチャップ空襲/11スターリング湾入港/25水雷長星子直明(神戸高等商船)大尉/27出港後赤城等のインド洋作戦を護衛

4/5コロンボ空襲/9トリンコマリー空襲/10第17駆逐隊は軽巡洋艦長良等と第1航空艦隊隷下に第10戦隊を新編/20航海長小山大六(兵67)大尉/27呉入港後入渠整備5/27赤城等からなる第1航空艦隊と内海西部出港6/4-5ミッドウェー海戦に参加中/5.0420空母鳳翔搭載機が視認した大破炎上中の空母飛龍の処分のため単独派遣中、アメリカ空母(CV6)エンタープライズの32機、(8)ホーネットの26機、計58機のドーントレス艦上爆撃機と交戦し1機を撃墜したが至近弾により乗員6名が死亡

7/14第1航空艦隊第3艦隊に改編8/8呉出港後サイパン経由で/14-6トラック寄港/18姉妹艦等と陸軍一木支隊をガダルカナル島に揚陸(各艦約152名)/20ラバウル入港/25ミルン湾進攻部隊に編入/28ラバウル出港後ミルン湾に兵員を輸送/31-9/1ショートランド寄港後ガダルカナル島に輸送/4ショートランド出港後ガダルカナル島へ船団を護送/6ラバウル入港

10/26南太平洋海戦に前衛部隊所属として参加後損傷した重巡洋艦筑摩を護送/29トラック入港11/1機関長古屋伍一(機45)大尉/2出港後空母瑞鳳等を護送/7呉入港後入渠整備/15砲術長三竿豪雄(兵69)中尉(44.3/15大尉)、航海長貞広豊予備中尉(43.6/1予備大尉)/18水雷長橋本強(兵65)大尉/22呉出港後重巡洋艦熊野を護衛/27マニラ寄港12/4ラバウル入港/5ショートランド入港/7ガダルカナル島への第3次ドラム缶輸送に従事中、魚雷艇の妨害により作戦中止/11第4次ガダルカナル島ドラム缶輸送に駆逐艦親潮等とともに従事中、警戒隊の駆逐艦照月がアメリカ魚雷艇の攻撃を受けて大破(自沈)/16、21ムンダ輸送に従事/25南海丸と接触し行動不能となった駆逐艦卯月を救援/26.1700ラバウル出港後駆逐艦浦風、荒潮、夕暮、ショートランド経由で/27.2120-2300バングヌ島南端ウィックハムに歩兵第229連隊第1大隊兵員等を揚陸

43.1/14撤退命令を手交する第8方面軍参謀を乗せて駆逐艦秋月等とともにガダルカナルに突入/15等とともにガダルカナル島ヘンダーソン飛行場を発進したアメリカ、ドーントレス艦上爆撃機9機と交戦、至近弾により勝見艦長が死亡/16ショートランド出港後ラバウルで修理/26艦長戸村清(兵49)中佐/28ソロモン諸島中央部のラッセルRussell島輸送に従事2/1、4ガダルカナル島撤退作戦に参加/7ラッセル島撤退作戦を支援/8-11ラバウル寄港/14-3/29トラック寄港後ラバウル経由で船団を護送

4/1機関長大上尋上機関大尉/3-6パラオ寄港後船団をハンサHansa湾、ウエワクに護送/20-4パラオ寄港/25艦長前川新一郎(兵50)中佐/29トラック出港後給糧艦伊良湖硫黄島へ護送5/1サイパン入港/2水雷長水雷長相良辰雄(兵66)大尉/13出港後船団護衛/18横須賀入港後入渠修理6/16艦隊を護衛して横須賀出港/21-2トラック寄港後軽巡洋艦那珂等とナウルへの兵員輸送に従事/28-30トラック寄港後涼風とともに重巡洋艦鳥海を護送/2ラバウル入港

7/2-5ショートランド寄港後駆逐艦新月等とコロンバンガラ輸送作戦を支援中.2305軽巡洋艦(CL48)ホノルル等からなるアメリカ艦隊と遭遇(クラ湾海戦).2356新月に砲弾が集中する中.2357魚雷8本を発射(涼風11本)/6.0001魚雷4本が軽巡洋艦(CL50)ヘレナに命中、沈没.0006以降、新月が消息不明(沈没)となり退避中に艦首に砲弾1発が命中(不発).0700-/9ショートランド寄港後コロンバンガラ輸送を支援/13ラバウル出港/15-9トラック寄港後空母隼鷹を護送/24呉入港8/15隼鷹を護衛して佐伯出港/28-9/4シンガポール寄港/11呉入港/19第52師団(柏兵団)甲支隊兵員を乗せた隼鷹を護衛して岩国出港/24-6トラック寄港後軽巡洋艦木曽多摩とともにポナペPonapeに兵員を輸送(丁1号作戦)/28-

10/17トラック寄港後アメリカ機動部隊の出現によりエニウェトク方面へ艦隊を護衛/20水雷長河合優(兵69)中尉(11/1大尉)/26-31トラック寄港後駆逐艦早波等と隼鷹等からなる艦隊を護送11/6呉入港後第2主砲塔を25mmMGIIIx2に換装/9艦長池田周作(兵54)少佐(44.5/1中佐)/24第2航空戦隊(空母飛鷹龍鳳)を空母飛鷹等を駆逐艦初霜等と護衛して呉出港/26横須賀出港後マニラ経由で12/1トラック寄港/17-20横須賀寄港後戦艦大和を護送(戌1号作戦)/25-9トラック寄港後兵員を輸送する重巡洋艦熊野鈴谷を護衛して/31カビエン寄港

44.1/1-2トラック寄港後雷撃を受けて損傷した清澄丸救援の目的で出動後清澄丸を曳航する軽巡洋艦那珂を護送/8-10トラック寄港後船団をパラオへ護送/27-2/1トラック寄港後アメリカ任務部隊接近の報告により戦艦長門等と脱出/4パラオ寄港/8-10トラック寄港後艦隊を護送/13-6パラオ寄港後艦隊を護送/21-3/11リンガ寄港後パラオ経由で船団護衛/20航海長松井武義予備中尉(5/1予備大尉)

4/1-8ダバオ寄港後船団を護衛してタラカンバリクパパン経由で/26-9サイパン寄港後船団を護衛してバリクパパンダバオ経由で5/19タウイ・タウイ入港6/6駆逐艦水無月が/7早波がアメリカ潜水艦(SS257)ハーダーの発射した魚雷により沈没したため/9.2225タウイ・タウイ湾口で磯風島風早霜とともに対潜作戦中、バシランBasilan島の南西約90nmのシブトゥSibutu水道南東沖(05゚42'N/120゚41'E)でハーダーの発射した魚雷4本中、2本を艦首と艦橋下右舷側に受けて沈没後水中で爆雷が爆発し大上機関長、三竿砲術長、第17駆逐隊軍医長柴田忠彦軍医大尉、竹内信吉(兵73)少尉候補生以下乗員等114名が死亡、浦風が生存者126名を救出(/10河合水雷長が/11池田艦長が死亡)

8/10除籍.

信号符字JJTDorJZKA.

御指摘を頂戴致しました大西和彦様に感謝致します.

29 June 2007.

UpDown

巡視艇たにかぜ

海上保安庁(1) そよかぜ級巡視艇(8/11)CL08

15m型木造港内艇として横浜ヨットで1949.11/22竣工し広島海上保安本部徳山海上保安署に配属

50.6/1徳山海上保安署第6管区海上保安部広島海上保安部徳山警備救難署と改称10/1広島海上保安部に配属後今治海上保安署に配属

54.5/1(CL12orCLAB?)

62巡視艇(PC34)あさぐもとともに第6管区海上保安本部船技部による性能復元作業(自然乾燥30日間と再塗装による木造船体の除水と吸水防止)を実施

74.11/5第7管区海上保安部若松海上保安部で解役.

UpDown

巡視艇たにかぜ

海上保安庁(2) ちよかぜ級巡視艇(98/109)CL145

1974計画15m型鋼製巡視艇として石原造船所高砂工場で8/22姉妹艇(CL144)あらかぜ等と同時に起工11/7進水/20竣工し第7管区海上保安部若松海上保安部に配属

97.9/25若松海上保安部に配属されたかぎくと改名された第5管区海上保安部高知海上保安部巡視艇(CL247)しおぎくと交代して高知海上保安部に配属12/18竣工し高知海上保安部に配属された巡視艇(CL98)とさみずきと交代して/3解役.


Since 29 June 2007.

Last up-dated, 2 Nov. 2015.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Tanikaze.

Ver.1.15a.

Copyright (c) hush ,2001-15. Allrights Reserved.

Up


動画