Down

第3艦隊

第3艦隊

I

1903.12/28第5戦隊(厳島、橋立、松島、鎮遠)、第6戦隊(和泉須磨秋津洲千代田)、第7戦隊(扶桑、平遠、海門、磐城、鳥海、愛宕、済遠、筑紫、摩耶、宇治)、豊橋、仮装巡洋艦有明丸、亜米利加丸で大本営直轄として新編、司令長官片岡七郎(兵3)中将、参謀長中村静嘉大佐、副官高橋雄一(兵18)少佐

04.3/5連合艦隊に編入/17第1艦隊鈴木重道軍医大監が軍医長を兼任8/14参謀百武三郎(兵19)少佐

05.1/12参謀長斎藤孝至大佐12/20解散.

II

1908.12/24新高、対馬、和泉隅田伏見からなる南清艦隊を改称して再編、司令官寺垣猪三少将

09.12/1明石、須磨宇治、隅田、伏見で編制

10.12/1司令官川島令次郎少将

11.12/1千代田、新高、須磨、最上、千早、龍田、宇治隅田伏見、鳥羽で編制

12.4/20司令官名和又八郎(兵10)少将

13.12/1笠置、新高、千代田、龍田、千早、宇治、隅田、伏見、鳥羽、嵯峨、第5駆逐隊(潮、子日、若葉、朝風)で編制

14.3/25司令官土屋光金少将

15.2/5司令官財部彪中将4/1隷下に第3水雷戦隊を新編12/25解散.

III

1915.12/13司令長官村上格一中将、参謀長高木七太郎少将、参謀樺山可也(兵26)中佐/25第5戦隊(鹿島、肥前、敷島)、第6戦隊(対馬新高利根明石)、第3水雷戦隊(春日、第5、第14駆逐隊)で新編

16.4/1参謀長平賀徳太郎大佐12/1第5、第6戦隊、第3第4水雷戦隊(海防艦韓崎駒橋、)で連合艦隊隷下に編制/13連合艦隊解隊

17.3/19参謀長飯田久恒少将4/6司令長官有馬良橘中将12/1第3水雷戦隊等で編制、参謀長斎藤七五郎(兵20)少将/15巡洋艦千代田、砲艦宇治、鳥羽、伏見隅田で隷下に第7戦隊を新編

18.8/10第7戦隊遣支艦隊に改編11/10副官井上四郎(兵31)少佐12/1第3水雷戦隊等で編制、司令長官黒井悌次郎中将、参謀長古川テ三郎少将

19.6/10参謀長内田虎三郎少将12/1第3水雷戦隊等で編制、司令長官野間口兼雄中将、副官杉本幸雄(兵31)中佐

20.7/9参謀住山徳太郎(兵34)少佐11/20参謀長田口久盛少将12/1第3水雷戦隊等で編制、司令長官小栗孝三郎中将、参謀宇垣完爾(兵39)大尉

21.11/1(-22.12/1)参謀原鼎三(兵41)大尉12/1司令長官鈴木貫太郎(兵14)中将、参謀長小松直幹少将、参謀丹下薫二(兵36)少佐

22.7/27司令長官中野直枝中将12/1解散.

IV

1932.2/2装甲巡洋艦出雲、能登呂、第1遣外艦隊(巡洋艦平戸、天龍、対馬、常盤、砲艦安宅、宇治、伏見、隅田、勢多、比良、保津、堅田、鳥羽、熱海、二見、駆逐艦浦風、第24駆逐隊)、第2遣外艦隊(球磨、八雲、第13、第16駆逐隊)と第1艦隊から臨時編入された第3戦隊(那珂、阿武隈、由良)、第1水雷戦隊(夕張、第22、第23第30駆逐隊)、第1航空戦隊(加賀、第2駆逐隊)で軍令部隷下に再編、司令長官野村吉三郎(兵26)中将、参謀長島田繁太郎(兵32)少将を任命後軽巡洋艦大井、龍田、第26駆逐隊を臨時編入/4(-6/6)参謀伊藤賢三(兵41)中佐3/13第13駆逐隊を編入/20第1航空戦隊第3戦隊第1艦隊に復帰5/11第13駆逐隊を呉鎮守部隊に編入/20参謀一瀬信一(兵41)中佐6/28司令長官左近司政三中将、参謀長菊野茂少将12/1司令長官米内光政中将

33.4/1参謀長三井清三郎(兵34)少将5/20第1遣外艦隊を編入し第11戦隊と改称9/15司令長官今村信次郎中将11/15参謀長高須四郎(兵35)少将、(-35.11/15)副官三好恒(兵45)少佐

34.11/15第10、第11戦隊第5水雷戦隊、上海特別陸戦隊で編制、司令長官百武源吾(兵30)中将、参謀長近藤英次郎(兵36)大佐(35.11/15少将)、参謀松原明夫(兵47)少佐、参謀兼副官中村馨(兵52)大尉

35.11/15第10、第11戦隊第5水雷戦隊、上海特別陸戦隊で編制、参謀松原明夫(兵47)少佐>肥後市次(兵45)少佐、安川正治(兵47)少佐>末沢慶政(兵48)少佐、長岡博吉(兵48)少佐、副官小関晟(兵50)少佐>岡村於菟彦(兵50)少佐、参謀兼副官中村馨(兵52)大尉>碇壮次(兵53)大尉12/1司令長官及川古志郎中将/2参謀長岩村清一少将

36.9/24参謀澄川道男(兵45)中佐11/16参謀長杉山六蔵少将12/1第3第5水雷戦隊等で編制、司令長官長谷川清中将、副官日高震作(兵50)少佐

37.7/28新編された第9戦隊と第10、第11、第12戦隊第3第5水雷戦隊、上海特別陸戦隊で編制9/5第4水雷戦隊を編入10/20新編された第4艦隊とともに支那方面艦隊を新編し支那方面艦隊司令長官長谷川清(兵31)中将直率12/1出雲、第10、第11戦隊、第4水雷戦隊、第1、第2連合航空隊、上海特別陸戦隊、第1根拠地隊、第3航空戦隊で編制

38.4/5第11水雷隊を編入12/15出雲、第11戦隊、上海特別陸戦隊、第1根拠地隊、第2連合航空隊で編制/25支那方面艦隊参謀兼副長兼参謀福留繁(兵40)大佐

39.10/23兼支那方面艦隊参謀長井上成美(兵37)少将11/15第1遣支艦隊と改称.

V

1941.4/10第16第17戦隊第5水雷戦隊第12航空戦隊第1第2根拠地隊連合艦隊隷下に再編、司令長官兼第16戦隊司令官高橋伊望(兵36)中将、参謀長中村俊久(兵39)少将、(-8/11)機関長美奈川武保(機24)機関大佐8/11第6潜水戦隊を編入9/15参謀中村馨(兵52)少佐(10/15中佐)

42.3/10第2南遣艦隊に改編.

VI

1942.7/14第1第2航空戦隊第7第10戦隊鳳翔、駆逐艦夕風からなる第1航空艦隊を改編して編制、司令長官南雲忠一(兵36)中将、参謀長草鹿龍之介(兵41)少将11/11(44.3/1兼第1機動艦隊)司令長官小沢治三郎(兵37)中将/28工事完了した空母龍鳳を編入

43.1/15鳳翔龍鳳、駆逐艦夕風、第751、築城航空隊で隷下に第50航空戦隊を編制4/1巡洋艦大淀を編入

44.1/1第50航空戦隊解隊2/1隷下に第3航空戦隊を再編3/1第1機動艦隊に編入/10機動部隊に部署4/10第1機動部隊に部署/15大鳳に旗艦を継承/19マリアナ沖海戦時に沈没したから旗艦を駆逐艦若月を経由して重巡洋艦羽黒に継承後瑞鶴に継承5/3機動部隊に部署.


Since 26 Feb. 2015.

Last up-dated, 7 Sep. 2015.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

IJN 1st Fleet.

Ver.1.15a.

Copyright (c) hush ,2001-15. Allrights Reserved.

Up


動画