Down

 第2艦隊 

第2艦隊

1903.12/28第2第4戦隊第4、第5駆逐隊、第20、第9艇隊、砲艦大島、赤城で新編され第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官上村彦之丞(兵4)中将、参謀長加藤友三郎(兵7)大佐(04.9/1少将)、参謀佐藤鉄太郎(兵14)中佐、下村延太郎(兵18)少佐、飯田久恒(兵19)大尉、山本英輔(兵24)大尉、副官舟越楫四郎(兵16)少佐、機関長山崎鶴之助(機旧1)機関大監、旗艦出雲

04.1/6第9艇隊を編入/27新高、第20艇隊を編入2/6第1艦隊鈴木重道軍医大監が兼任

---------------------------------

1904.2/8日露開戦時の第2艦隊編制

艦隊司令部:司令長官上村彦之丞(兵4)中将、参謀長加藤友三郎(兵7)大佐、旗艦出雲.

第2戦隊:司令官三須宗太郎(兵5)少将

装甲巡洋艦出雲(艦隊旗艦)、吾妻浅間八雲常磐磐手(戦隊旗艦)、通報艦千早.

第4戦隊:司令官瓜生外吉少将

防護巡洋艦浪速(旗艦)、明石高千穂須磨.

第4駆逐隊:速鳥春雨村雨朝霧.

第5駆逐隊陽炎叢雲夕霧不知火.

第9艇隊:蒼鷹鴿.

第20艇隊:第62第63第64第65号水雷艇.

---------------------------------

2/15対馬を編入3/4連合艦隊第3艦隊を編入6/4第19艇隊を編入

05.1/12参謀長藤井較一(兵7)大佐(11/2少将)/13参謀竹内重利(兵20)少佐3/20副官田中治平(兵20)少佐6/14第4戦隊第1艦隊に編入し第1艦隊より第3戦隊(防護巡洋艦笠置千歳音羽新高)を編入、参謀山中柴吉(兵15)中佐12/20連合艦隊の解隊により海防艦壱岐沖島、巡洋艦千代田新高、和泉、龍田、須磨、第13駆逐隊(村雨朝潮朝霧白雲)、満洲丸(06.3/8通報艦満洲と改名)で再編、司令長官出羽重遠(兵5)中将、司令官中尾雄(兵5)少将、参謀長山屋他人(兵12)大佐、参謀兼副官金丸清緝(兵20)少佐12/20参謀田所広海(兵17)中佐、機関長伊東茂治機関大監(06.1/26機関大佐)

06.1/25参謀森初次(兵27)大尉3/20参謀釜屋六郎(兵14)中佐6/1壱岐、沖島、巡洋艦浪速、千代田、龍田、満洲、第10駆逐隊(薄雲、東雲、漣、霞)で編制11/5参謀小松直幹(兵25)大尉/22司令長官伊集院五郎(兵5相当)中将、司令官寺垣猪三(兵6)少将12/20参謀竹下勇(兵15)中佐

07.1/14副官兼参謀(2/15参謀兼副官)佐野常羽(兵18)少佐/18壱岐、装甲巡洋艦筑波(旗艦)、巡洋艦千歳新高笠置、通報艦龍田で編制2/9参謀山本信次郎(兵26)大尉9/28参謀長竹下勇(兵15)大佐12/17参謀長有馬良橘(兵12)大佐/18参謀平岡貞一(兵16)中佐12/10機関長平部貞一(機旧3)機関大佐

08.1/1吾妻(旗艦)、千歳、千代田、新高、見島、千早で編制5/15司令官野元綱明(兵7)少将/26司令長官出羽重遠(兵5)中将8/28参謀小山田仲之丞(兵17)中佐9/25参謀谷口美貞(兵29)大尉>森田登(兵30)大尉11/20参謀長松村龍雄(兵14)大佐

09.1/1吾妻(旗艦)、最上、秋津洲、八重山で編制12/1八雲(旗艦)、沖島、見島、淀で編制、司令長官島村速雄(兵7)中将、参謀長高木七太郎(兵15)大佐、機関長江連磋磨橘(兵15)機関大佐5/25参謀藤田尚徳(兵29)大尉?/?参謀枝原百合一(兵31)大尉

10.3/7旗艦を日進より鞍馬に継承/19参謀吉田清風(兵18)中佐12/1春日(旗艦)、日進、和泉、千早で編制、副官兼参謀金丸清緝(兵20)中佐、機関長船橋善弥(機旧4)機関大佐

11.1/16参謀安保清種(兵18)中佐(12/1大佐、参謀長)、副官兼参謀小林研蔵(兵19)中佐3/1鞍馬利根を編入/11司令官八代六郎(兵8)少将、(-12/1)参謀高橋節雄(兵26)少佐12/1常磐(旗艦)、磐手、笠置、音羽で編制、司令長官吉松茂太郎(兵7)中将、司令官土屋保(兵9)少将、(-/13)参謀樺山可也(兵26)中佐、森田登(兵30)大尉、機関長中島市右衛門(機旧4)機関大佐

12.4/20副官兼参謀大谷幸四郎(兵23)中佐12/1磐手(旗艦)、矢矧、平戸、筑摩で編制、司令長官伊地知季珍(兵7)中将、参謀長(14.12/1参謀長心得)吉田清風(兵18)大佐、(-13.4/1)参謀高橋寿太郎(兵28)少佐、増田乙三郎(兵32)大尉、機関長秀島熊六(機旧4)機関大佐

13.4/1(-14.10/1)参謀中村良三(兵27)少佐、副官兼参謀小泉親治(兵27)少佐8/10(-11/15)司令官鈴木貫太郎(兵14)少将、(-11/15)参謀亥角喜蔵(兵31)大尉12/1八雲(旗艦)、常磐、磐手、筑摩で編成、司令長官(14.8/18兼第2戦隊司令官)加藤定吉(兵10)中将、(-15.12/13)参謀古賀峯一(兵34)大尉、(-15.12/13)機関長大橋省(兵18)機関大佐

14.4/1千歳を編入8/7利根、第9、第12、第13駆逐隊を編入/8(-18)司令官大沢喜七郎(兵14)少将、(-12/1)参謀岸井孝一(兵28)少佐、(-12/1)阿武清(兵33)大尉/15参謀館明次郎(兵30)少佐、副官上田良武(兵28)少佐/16海防艦高千穂を編入/18戦時編制により第2(直率:戦艦周防石見丹後、海防艦沖島見島)、第4(装甲巡洋艦磐手、八雲、常磐)、第6戦隊(巡洋艦千歳、秋津洲、千代田)、第2水雷戦隊(巡洋艦利根第9第12第13駆逐隊)、高千穂、松江、若宮丸、関東丸、八幡丸、2ヶ掃海隊、測量班で編制、司令官(第4戦隊)栃内曽次郎(兵13)中将、(第6戦隊)上村翁輔(兵14)少将、(第2水雷戦隊)岡田啓介(兵15)少将、参謀山本英輔(兵24)中佐、清河純一(兵26)中佐、(-12/1)有馬寛(兵33)大尉/31(-11/11)参謀高橋寿太郎(兵28)少佐10/18高千穂被雷沈没/20第8駆逐隊を編入

15.2/1参謀長心得加藤寛治(兵18)大佐/5第6戦隊解隊、司令長官名和又八郎(兵10)中将9/8(-12/13)参謀亥角喜蔵(兵31)少佐12/13第3(榛名比叡霧島)、第4戦隊(矢矧、筑摩/15常磐、千歳を編入)、第2水雷戦隊(出雲第10第11第16駆逐隊)で編成、司令長官兼第3戦隊司令官八代六郎(兵8)中将、司令官(第4戦隊)井出謙治(兵16)少将、(第2水雷戦隊)土屋光金(兵12)中将、参謀長永田泰次郎(兵15)少将、(-16.12/1)参謀犬塚太郎(兵25)中佐、(-17.12/1)原五郎(兵35)大尉、(-16.12/1)三木太市(兵35)大尉

16.12/1第3(榛名、金剛、霧島)、第4戦隊(矢矧、筑摩)、第2水雷戦隊(吾妻第1第16駆逐隊)で編制、参謀長下村延太郎(兵18)大佐、参謀森初次(兵27)中佐、(-/25)山本五十六(兵32)少佐、副官石井祥吉(兵27)中佐>田中勇(兵30)少佐、機関長岩辺季貴(機1)機関大佐、軍医長栗田俊三軍医大監

17.9/15参謀長百武三郎(兵19)大佐(12/1少将)12/1第3戦隊第2第4水雷戦隊で編制、司令長官兼第3戦隊司令官東伏見宮依仁中将、参謀山口実(兵36)大尉、松永寿雄(兵37)大尉、(-18.6/24)軍医長雨宮量七郎(東大医)軍医大監

18.6/13司令長官山屋他人(兵12)中将/19参謀立野徳治郎(兵28)中佐11/10参謀長中川繁丑(兵19)大佐(12/1少将)12/1参謀宇川済(兵28)中佐、菊野茂(兵34)少佐、松浦永次郎(兵38)大尉、機関長岡崎貞伍(機2)機関大佐/10第3戦隊、第2水雷戦隊で編制

19.11/20軍医長田中均彦(東大医)軍医大佐12/1第3、第4戦隊、第2水雷戦隊、第1潜水戦隊で編制(-20.11/20)、司令長官伏見宮博恭(兵16)中将、参謀長吉川安平(兵22)少将、参謀高橋三吉(兵29)中佐、新山良幸(兵32)少佐、岩本清蔵(機17)機関少佐、大塚幹(兵39)大尉、機関長藤江逸志(機3)機関大佐

20.11/2機関長重村義一(機3)機関大佐(12/1機関少将)12/1第3、第4戦隊、第2水雷戦隊で編制、司令長官鈴木貫太郎(兵14)中将、参謀長松村菊勇(兵23)少将、参謀湯地秀生(兵30)、有馬寛(兵33)中佐、三木太市(兵35)少佐、塚原二四三(兵36)少佐、副官津田静枝(兵31)中佐、参謀兼副官阿部勝雄(兵40)大尉

21.4/30参謀山口実(兵36)少佐12/1解隊

22.12/1第4第5戦隊第2水雷戦隊、第2潜水戦隊で再編し第1艦隊連合艦隊を再編、司令長官中野直枝(兵15)中将、参謀長中村良三(兵27)大佐、参謀鈴木嘉助(兵36)少佐、山本弘毅(兵36)少佐、隈部富士雄(機19)機関少佐、原鼎三(兵41)大尉、参謀兼副官近藤泰一郎(兵42)大尉?/?副官石原北夫(兵31)中佐、機関長小畠錦一郎(機8、9)機関大佐

23.2/10若宮を編入6/1司令長官加藤寛治(兵18)中将10/15参謀志摩清英(兵39)大尉、参謀兼副官作間応雄(兵36)少佐11/1参謀住山徳太郎(兵34)中佐/10参謀脇鼎(兵36)少佐、岩本鼎(機21)機関大尉/16参謀長安東昌喬(兵28)大佐12/1第4第5戦隊第2水雷戦隊、第2潜水隊、若宮で編制され第1艦隊連合艦隊を編制、機関長河合俊太郎(機8)機関少将

24.4/1隷下に第2潜水戦隊を再編7/17第44潜水艦(10/21伊51と改名)を編入10/25参謀岡田x一(兵35)中佐11/10参謀兼副官鳥越新一(兵43)大尉12/1第4、第5戦隊第2水雷戦隊第2潜水戦隊伊51で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官斎藤半六(兵17)中将、参謀長島祐吉(兵29)大佐、参謀宮田義一(兵36)少佐、(-26.9/1)妹尾知之(兵40)少佐、(-25.4/15)機関長新田義雄(機11)機関大佐、主計長吉村梅(京大法)主計大佐

25.4/15機関長太田十三男(機11)機関大佐8/10軍医長氏家孝次郎(仙台医専)軍医大佐/18第14潜水隊より呂28を編入9/16or18司令長官谷口尚真(兵19)中将11/10参謀藤森清一朗(兵37)少佐12/1第4、第5戦隊第2水雷戦隊第2潜水戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、参謀長米内光政(兵29)少将、参謀小柳喜三郎(兵36)中佐、草鹿任一(兵37)少佐、参謀兼副官山澄貞次郎(兵44)大尉

26.5/1軍医長竹居光績軍医大佐/20機関長赤堀研吉(機13)機関大佐11/1参謀伍賀啓次郎(兵38)少佐12/1第4、第5戦隊、第2水雷戦隊第2潜水戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、参謀長松山茂(兵30)少将、参謀佐藤市郎(兵36)中佐、大野一郎(兵38)少佐(27.12/1中佐)、(-28.1/15)金子繁治(兵42)少佐、森田貫一(機23)機関少佐/10司令長官兼第4戦隊司令官吉川安平(兵22)中将、参謀兼副官富岡定俊(兵45)大尉

27.5/1軍医長丸田幸治(京大医)軍医大佐11/15参謀戸刈隆始(兵37)中佐、黒原退蔵(機22)機関少佐12/1第4第5戦隊第2水雷戦隊第2潜水戦隊で編成し第1艦隊連合艦隊を編制、参謀長寺島健(兵31)少将、参謀原忠一(兵39)少佐、角田覚治(兵39)少佐、参謀兼副官山本善雄(兵47)大尉、機関長長尾秀二(機13)機関大佐

28.1/15参謀殿村千三郎(兵40)少佐12/10第4第5戦隊第2水雷戦隊、第2潜水戦隊で編成し第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官兼第4戦隊司令官大角岑生(兵24)中将、参謀長堀俤吉(兵32)少将、参謀杉山六蔵(兵38)中佐、丸茂邦則(兵40)少佐、橋本象造(兵43)少佐、沢達(機22)機関少佐、副官高柳勝次郎(兵35)中佐>福田均三(兵37)中佐、主計長熊生栄(東京高商)主計大佐

28.12/10参謀黒島亀人(兵44)少佐とあるのは第2遣外艦隊参謀の誤謬.

29.11/11司令長官兼第4戦隊司令官飯田延太郎(兵24)中将/30第4、第5戦隊、第2水雷戦隊、第2潜水戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、参謀長嶋田繁太郎(兵32)少将

30.11/15参謀古村啓蔵(兵45)少佐12/1第4、第5戦隊、第2水雷戦隊、第2潜水戦隊でし第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官中村良三(兵27)中将、参謀松山光治(兵40)中佐、美奈川武保(機24)機関佐

31.10/10参謀長杉坂悌二郎(兵33)大佐(12/1少将)11/14参謀末広由己(兵43)少佐、副官高木伴治郎(兵39)中佐>(-33.11/15)星野応韶(兵41)少佐(12/1中佐)12/1第4戦隊第2水雷戦隊、第2潜水戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官末次信正(兵27)中将、参謀宇垣纏(兵40)中佐、機関長江坂徳蔵(機16)機関大佐

32.11/15参謀鈴木義尾(兵40)中佐、相徳一郎(兵45)少佐、山口文次郎(兵45)少佐12/1第4、第5戦隊、第2水雷戦隊、第2潜水戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官末次信正(兵27)中将、軍医長保利信明(長崎医専)軍医大佐

33.5/20第4、第6戦隊、第2水雷戦隊、第2潜水戦隊、第2航空戦隊で編制し第1艦隊と連合艦隊を編制11/15第4、第6戦隊、第2水雷戦隊、第2潜水戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官高橋三吉(兵29)中将、参謀長有地十五郎(兵33)少将、参謀荒木伝(兵45)少佐

34.11/1参謀石塚千俊(兵45)少佐(35.11/15中佐)/15第4、第6戦隊、第2水雷戦隊第2潜水戦隊第2航空戦隊、神威、鳴戸で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官米内光政(兵29)中将、参謀長三木太市(兵35)少将、参謀石川信吾(兵42)中佐、(-35.11/15)軍医長鏑木喜平(東大医)軍医中佐

35.11/15第5、第7戦隊、第2水雷戦隊、第2潜水戦隊、第2航空戦隊で編制し第1艦隊と連合艦隊を編制、参謀長水戸春造(兵36)少将、機関長隈部富士雄(機19)機関大佐、参謀矢野英雄(兵43)中佐、副官鵜飼憲(兵46)少佐>山口捨次(兵46)中佐

36.11/16副官溝口征(兵45)中佐12/1第2水雷戦隊等で編制し第1艦隊と連合艦隊を編制、司令長官吉田善吾(兵32)中将、参謀(-37.11/20)島本久五郎(兵44)中佐、角田隆雄(兵50)少佐

37.7/28隷下に第4水雷戦隊を新編8/7第11水雷隊を編入11/15参謀長伊藤整一(兵39)大佐(12/1少将)12/1第4第7戦隊第2水雷戦隊第2潜水戦隊、第2航空戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制、司令長官兼第4戦隊司令官嶋田繁太郎(兵32)中将

38.11/1(-39.11/15)軍医長今田以武生(長崎医専)軍医大佐/15司令長官豊田副武(兵33)中将、機関長沢達(機22)機関大佐12/15第4、第7戦隊、第2水雷戦隊、第2潜水戦隊、第2航空戦隊で編制し第1艦隊連合艦隊を編制/20参謀富岡定俊(兵45)大佐

39.11/1参謀長鈴木義尾(兵40)大佐(11/15少将)、航空参謀清水洋(兵52)少佐/15第8戦隊第2第4水雷戦隊で編制し第1艦隊等と連合艦隊を編制、機関長黒原退蔵(機22)機関大佐

40.5/1第7戦隊第4水雷戦隊等で編制し第1艦隊等と連合艦隊を再編11/15第1艦隊等と連合艦隊を編制、隷下に第1根拠地隊を編制

41.1/15隷下に第53駆潜隊を新編8/30参謀長白石万隆(兵42)大佐(10/15少将)9/1司令長官近藤信竹(兵35)中将(43.4/18-21連合艦隊司令長官臨時代行/29大将-8/9)/10機関長美奈川武保(機24)機関大佐10/6旗艦を摩耶から愛宕に継承11/5兼連合艦隊参謀石原聿(兵46)大佐.

開戦時の編制

42.1/3第1艦隊等と連合艦隊を編制

43.4/18-21司令長官近藤信竹(兵35)中将が連合艦隊司令長官を臨時代行7/2参謀長小柳冨次(兵42)少将8/9司令長官兼第4戦隊司令官栗田健男(兵38)中将11/5愛宕が被爆損傷/10旗艦を愛宕から鳥海に継承

44.2/25第1戦隊を編入3/1第3艦隊と第1機動艦隊を新編4/1第7戦隊を編入/2中部太平洋方面艦隊に編入5/3あ号作戦の発令により第1機動艦隊に復帰10/20愛宕の沈没により司令部は駆逐艦岸波を経て大和に移乗11/15第1戦隊の解隊により大和を編入/25参謀長森下信衛(兵45)少将12/15長門榛名で隷下に第3戦隊を編制/23司令長官伊藤整一(兵39)中将

45.1/1大和長門榛名で隷下に第1戦隊を再編3/15第31戦隊を編入/23空母鳳翔龍鳳を編入4/1第11水雷戦隊を編入/7大和沈没時に伊藤司令長官、参謀小沢信彦(兵62)少佐が死亡/20解隊.


Since 17 Aug. 2015.

Last up-dated, 21 Aug. 2015.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

IJN 2nd Fleet.

Ver.1.15a.

Copyright (c) hush ,2001-15. Allrights Reserved.

Up


動画