Down

Noshiro.  能代.のしろ.

IJN Agano class light cruiser.

Illustrated by Iyapopo.

[地名]能代川.

米代Yoneshiro川下流域の別名.

米代川は切通川と兄川の岩手県八幡平市で合流後の名で、鹿角Kadzuno、大館Odate、北秋田市と秋田県北部を流れて能代市で日本海に注ぐ全長136kmの川.

海岸部には江戸時代から防風林としてクロマツが約700万本植えられ、約760haの全域が保安林に指定されているが1987市の公募により風の松原と命名され日本5大松原の1つとなった.

658蝦夷を攻撃した阿倍比羅夫の軍勢が渟代Nushiroに上陸771渤海の使節壱万福が野代湊に上陸1694、1704の地震により「野に代わる」は不吉であるとして能代と改名.

大島造船所で2003.7/11竣工し東北電力能代火力発電所に石炭を輸送しており10.2能代港に船籍を移した日本郵船貨物船能代丸(50478T91439D)に11.2/8能代市の特別住民票が発行されたが、これは船舶に付与された日本で唯一のものである.

UpDown

第2号能代丸

共同漁業鋼製トロール漁船(戸畑)

大阪鉄工所因島工場で1923.10進水.10竣工

37.5/7日本水産に移籍

40.11/26海軍が徴用12/16横須賀鎮守府所管特設掃海艇となり倉田造船で艤装工事に着手

41.1/14工事完了/15第13掃海隊に編入9/1第14掃海隊に編入

10/15第2号能代丸と改名

12/10第4艦隊第4根拠地隊第14掃海隊に配属

42.5/25第4艦隊第4根拠地隊第41警備隊に編入

43.3/31日本海洋漁業に移籍

44.4/12サイパン出港/17.1880母島の南方約35nm(26゚00'N/142゚14'E)で潜水艦の発射した魚雷を受けて沈没

47.5/3除籍.

216T 35.9x6.8x(3.8)m R(3連成)x1/1 490ihp.

船舶番号28754.

信号符字JSIA.

本船の喪失については1944.4/2パラオで被雷沈没とされているが、この時期には現存しており/17にアメリカ潜水艦(SS196)シーレイヴンが5500T級貨物船に対して魚雷4本を水中発射し2本を命中させて撃沈したという記録が該当するといわれる(ただし、大きさが異なる).

UpDown

能代丸(い号能代丸)

ドミニオンDominion/トロント造船所で2番船として1919.6竣工20H.J.Hansenが購入しBygdones22Gorrissen & Coが購入しNordhavと改名したイギリス、Dominion SB Co貨客船General Morrison(2490T船舶番号140995)を

24川崎汽船が購入し能代丸と改名

26.4/21横浜を出港し大阪=敷香航路の第1船として就航

44.3/9海軍が徴用し舞鶴鎮守府所管特設運送船(雑用船)い号能代丸と改名

4/26.1250頃、東京湾から父島へ第2朝日丸とともに航行中、父島の北北東約120nm(28゚42'N/141゚26'E))でアメリカ潜水艦(SS362)ガヴィナの発射した魚雷を受けて沈没し船員39名が死亡6/10除籍.

2333T pp76.5x13.3m R(3連成)x1/1 8knt.

船舶番号29811(?)or22.

UpDown

第5能代丸

出雲吉次郎所有漁船(秋田)

1929建造

38.11/6海軍が徴用し特設運送船(雑用船)となり支那方面艦隊に配属され砲艦代用

45.12/31徴用解除.

41T.

船舶番号34516.

UpDown

能代丸

出雲吉治郎>梅田政雄所有漁船(秋田)

1922建造.

25T.

船舶番号34822.

UpDown

能代丸(能代川丸)

日本郵船貨物船

第1次船舶改善助成施設第10号(客船天洋丸を解体見合船に指定)として三菱重工業長崎造船所で581番船として1933.12/7起工34.6/28進水11/30竣工しパナマ運河経由ニュー・ヨーク航路に就航

37.8/8陸軍が徴用(船番号226)

39.1/7徴用解除

41.5/1海軍が徴用6/25艤装工事に着手7/1横須賀鎮守府所管特設水上機母艦、艦長古川保(兵43)大佐

/10能代川丸と改名

8/9工事完了/20除籍9/19改装工事に着手

/20横須賀鎮守府所管特設巡洋艦となり能代丸と改名

/29艦長大塚幹(兵39召)大佐10/14工事完了し横須賀鎮守府部隊横須賀警備戦隊に配属

42.2/1艦長(8/5監督官43.6/29指揮官)佐伯孝二(兵39召)大佐4/10第4艦隊第2海上護衛隊に配属8/5横須賀鎮守府所管特設運送船(雑用船甲)

43.3/12ラバウル出港/13(00゚10'S/151゚06'E)でアメリカ潜水艦(SS208)グレイバックの発射した魚雷を受けて損傷/16-26トラックに寄港し応急修理/29-5/10サイパン寄港/19横須賀入港後修理7/8指揮官林蓉斎(兵39召)大佐/21修理完了

44.8/10.0500伊万里湾出港後阿波丸等とヒ71船団を編成してマニラへ航行中/19.0032バシー海峡(18゚09'N/119゚56'E)でアメリカ潜水艦(SS269)ラッシャーの発射した魚雷1本を第2船倉に受けて浸水後海防艦択捉第11号海防艦に護衛されて6kntで/24.1430マニラ入港9/17.0740スービック湾出港.1450マニラ港外(14゚33N/120゚57'E)に投錨後待機中/21.0920アメリカ第38任務部隊空母搭載機によるマニラ空襲により爆撃を受けて/24沈没し船員6兵員3名が死亡11/10徴用解除と同時に除籍.

7184(8205)T pp136.00x19.00x10.50m D(三菱ズルツァー複動型)x1/1 6700bhp 15(18.5)knt.

船舶番号39735.

信号符字JRPJ.

同社がニュー・ヨーク航路用に建造した長良丸を第1船とするN型高速ディーゼル貨物船6隻の第4船.

2檣1本煙突三島型.

UpDown

第3能代丸

出雲吉次郎所有漁船(秋田)

1925建造.

22T.

船舶番号41339.

UpDown

第1能代丸

出雲吉次郎所有漁船(秋田)

1936建造

38.11/6海軍が徴用し佐世保鎮守府所管特設運送船となり支那方面艦隊に配属され砲艦代用

41.10/30徴用解除.

23T.

船舶番号42479.

UpDown

軍艦能代

日本@ 阿賀野級軽巡洋艦(2/4)

IJN Agano class light cruiser. Illustrated by A-140.

1939海軍軍備充実(C)計画二等巡洋艦133号艦として横須賀工廠で41.9/4起工42.5/15軍艦能代と命名7/19進水

43.5/1or6艤装員長田原吉興(兵43)大佐

6/30田原艦長の指揮下に竣工し横須賀鎮守府籍となり第1艦隊付属に編入、副長青砥鳳二(兵49)中佐(44.5/1大佐)、機関長岡村徳太郎(機33)中佐

7/1横須賀にて物件を搭載/7-9横須賀工廠で入渠/15横須賀出港/16柱島入港後訓練、整備に従事/22大津島回航後出動訓練/24-6安下庄/26柱島/30出動訓練/31柱島8/3伊予灘で各種訓練を実施/4-5柱島/6呉入港後陸兵、軍需品を搭載/15第2艦隊第2水雷戦隊に編入され司令官高間完(兵41)少将の旗艦を継承/16呉出港/16-7八島仮泊/23トラック入港後輸送物件を揚搭9/18アメリカ艦隊のギルバート諸島襲撃によりトラック出港/20-3ブラウン寄港/25-

10/17トラック/19-23ブラウン寄港後ウェーク西方海域でアメリカ任務部隊を索敵哨戒後重巡洋艦最上不時着機を捜索/27-11/3トラック寄港/5ラバウル入港後アメリカ空母搭載機等による空襲に遭遇/6陸軍のタロキナTorokina岬逆上陸を第10戦隊旗艦の姉妹艦阿賀野の指揮下に駆逐艦早波、長波とともに支援/7ラバウル入港後連日、対空戦闘/11アメリカ第50.3任務群による第2次ラバウル空襲により銃撃を受けて小破後同空襲で中破した重巡洋艦摩耶と潜水母艦長鯨を駆逐艦風雲五月雨若月早波藤波とともにラバウルから護送中、カビエンの北北西250nmで被雷航行不能となった姉妹艦阿賀野の救援に藤波早波とともに分離/12曳航開始/14曳索の切断により軽巡洋艦長良等と任務を交代/15-19トラック寄港後マーシャル諸島方面の輸送任務に従事/24トラック出港/26-7クェゼリンルオット/28-9ブラウン/30-12/3ルオット寄港/5トラック入港/15艦長梶原季義(兵47)大佐/21照川丸救援の目的で出港後沈没により反転/22-3トラック寄港後出動訓練/24-30軽巡洋艦大淀、駆逐艦秋月山雲を率いてトラック出港後第51師団(基)独立混成第1連隊兵員600名と軍需品1500uを輸送する戌1号作戦第3次輸送に従事

44.1/1.0445カビエン入港.0630揚搭完了.0827陸上レーダーが機影を探知したため駆逐艦を率いて抜錨.0842以降、空母(CV17)バンカー・ヒル、軽空母(CVL27)モントレイからなるアメリカ第37.2任務部隊載機約85機と対空戦闘(主砲63高角砲29MG1612発を発射)中、第2主砲塔右舷に直撃弾1、右舷艦首付近に至近弾1を受けて火薬庫に浸水、中破し10名が死亡/2大淀秋月と分離後トラックに入港し応急修理/18出港/19サイパン沖で雲鷹が被雷/20-1サイパン寄港/24横須賀入港2/1-3/19横須賀工廠第5船渠で入渠修理等に従事/28横須賀出港後第5戦隊(妙高羽黒)と合流4/3-5ダバオ/9-5/5リンガ/5-7シンガポール/7-11リンガ/14-6タウイ・タウイ寄港後駆逐艦沖波に護送されて/17-8ダバオ寄港/19タウイ・タウイ入港後訓練に従事6/10タウイ・タウイ出港/12-3バチヤン寄港後渾作戦としてビアク島へ航行中、作戦中止/19マリアナ沖海戦に参加/22-3中城湾寄港/24柱島入港後整備に従事/27機関長堺谷友太郎(機33)中佐

7/8呉出港後陸兵を輸送/19シンガポール入港後リンガに回航され訓練に従事

10/18捷1号作戦の発動により重巡洋艦愛宕等とリンガ出港/20-2ブルネイに寄港し大和より燃料補給/25レイテ沖でアメリカ護衛空母群に遭遇し砲撃(レイテサマール島沖海戦)後退避中/26.0830アメリカ空母搭載機約80機の空襲により
ンドロ島
南方(11゚42'N/121゚41'E)で魚雷1本を左舷部に受けて左舷に26゚傾斜し航行不能となって停止.1039艦載機約20機による空襲により魚雷1本を2番砲塔右舷部に受けて艦首が沈下.1113沈没し乗員82名が死亡、梶原艦長以下約300名が駆逐艦浜波に、328名を駆逐艦秋霜に収容12/20除籍.

IJN Agano class light cruiser Noshiro at Tokyo Bay June 1943.

UpDown

海上保安庁 のしろ級巡視船→海上保安庁、改くま/のしろ級巡視船.

Up---------------------------------Down

巡視船のしろ

海上保安庁(1) 改くま/のしろ級巡視船(1/8)PS74

1950第2次追加計画270T型(小型)巡視船として西日本重工業下関造船所で51.11/15竣工し第8管区海上保安部浜田海上保安部に配属

54.5/1(PS13)

74.10/30浜田海上保安部に配属された第10管区海上保安部鹿児島海上保安部巡視船(PM05)いきと交代して/16第1管区海上保安部浦河海上保安署に/21解役された巡視船(PS06)いしかりの代船として配属

76.12/25浦河海上保安署に配属された稚内海上保安部巡視船(PM59)ほろないと交代して解役.

UpDown

護衛艦のしろ

海上自衛隊A 改ちくご/てしお級護衛艦(11/11+3)DE225

JMSDF Chikugo class escort. Illustrated by JTPS-P16.

1973計画1500t型乙型護衛艦第1225号艦として三井造船玉野事業所で76.1/27起工12/23進水77.6/30竣工し姉妹艦(DE216)あやせ等からなる横須賀地方隊第33護衛隊に編入

78.4/17-21東京を親善訪問したドイツ練習艦(A59)ドイッチュラントと交歓

79.7/5第33護衛隊に編入された姉妹艦(DE221)によどと交代して第4護衛隊群第35護衛隊に編入

79.7/5によど横須賀地方隊第33護衛隊に編入し第33護衛隊護衛艦(DE225)のしろを編入

82.3/27第35護衛隊大湊地方隊に編入

83.3/18呉地方隊第36護衛隊に編入

85.3/27第36護衛隊護衛艦(DE225)のしろ呉地方隊隷下に第38護衛隊を新編(全地方隊の2ヶ護衛隊配備完了)

86.3/19第36護衛隊護衛艦(DE223)よしの第38護衛隊に編入

とかちよしののしろ.

93.7/31広島湾内で実施された呉地方隊展示訓練に護衛艦(DD115)あさぐも等とともに参加

98.4/15呉地方隊第22護衛隊に編入.9艦長後藤大輔(東海大学30幹候)2佐

2003.3/13第22護衛隊に編入された第8護衛隊護衛艦(DD130)まつゆきと交代して同級中、最後に除籍.

JMSDF Chikugo/Teshio class escort (DE225) Noshiro.

JMSDF.


Since 19 Aug. 2005.

Last up-dated, 3 Sep. 2014.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Noshiro.

Ver.1.14a.

Copyright (c) hush ,2001-14. Allrights Reserved.

Up


動画