Down

Manshu.Manchuria.Маньчжурия.

満洲(滿洲).マニジューリヤ.マンチュリア.

[地名]満洲.

中華人民共和国東北部の旧称.

金王朝を建てた女真族のヌルハチ弩爾哈赤Nurgaci?/1616-26は、自らを満洲族と称していたが、これは彼らが信仰していた文殊菩薩にちなんだものであるとともに、火徳の明を倒すために五行に基づいて自らを水徳の国としたことにより、満洲と水を意味するサンズイのついた字を使用したことによる.

これは、金という異民族の国号では中華民族の支持を受けられないという理由で1636に国号を変更した時も、サンズイのある清としたことにも現れている.

この清は1644明の滅亡後中国全土を支配1911の辛亥革命まで続いたが31満洲事変により日本が満洲国を設置した際に同王朝最後の皇帝であった愛新覚羅溥儀Aisin gioro Pu i、1906-67を傀儡皇帝とし新京(長春)を首都に指定した.

中国では、満洲は部族名であり、地域名としての満洲は他国によるものとして使用されない.

主要都市瀋陽(ex奉天)、哈爾浜.

1933国花にモロコシ(コーリャン)の花が選ばれた.

皇室の紋はであるが、これはフジバカマ等の香草のことであり、ランではない.

マンチュリア.

Up
Down

Маньчжурия.マニジューリヤ.

[地名]満州.

UpDown

Manchuria

ロシア、ロシア=東アジア汽船貨物船

バーマイスター&ウエインBurmeister&Wain/コペンハーゲン造船所で1897起工99.12/2進水1900.3竣工

04.2/7or9旅順付近で巡洋艦高砂が拿捕.7工作船に改造

05.2/14関東丸と改名06工作艦20特務艦関東24座礁沈没25除籍.

10000st wl125.0x15.0x6.10m R/1 缶x4 2500ihp 10knt 120mmx2.

UpDown

Manchuria

ロシア、東清鉄道会社貨客船

Stabilimento Tecnico/トリエステ造船所で1901.4進水

04.2長崎で修理中、日露開戦により日本が拿捕し満州丸と仮に命名*し大阪商船に運航委託05.2/14満洲丸と正式に改名06.3/8通報艦満州と改名32除籍33撃沈処分.

Up
Down

満洲(滿洲).

[地名]満州.

UpDown

満洲丸>軍艦満洲

Stabilimento Tecnico/トリエステ造船所で1901.4進水したロシア、東清鉄道会社貨客船マニジューリヤ

04.2長崎で修理中、日露開戦により日本が拿捕し満洲丸と仮に命名*し大阪商船に運航委託

05.2/14満洲丸と正式改名

3/15(-6/14)艦長西山保吉(兵10)中佐、(-8/5)航海長大角岑生(兵24)大尉6/14第4艦隊に編入8/15陸軍船の任務を笠戸丸と交代/31機関長野口興国(機1)機関少監(06.1/26機関少佐)、(-06.7/3)分隊長鳥崎保三(兵27)大尉12/20海防艦壱岐等と第2艦隊を編制

06.3/8通報艦満洲と改名、機関長大沼龍太郎(機1)機関少佐5/10航海長(7/3兼分隊長)小泉親治(兵27)大尉6/1壱岐等と第2艦隊を編制7/3副長村松亥四松(兵15)中佐転任(欠員)/12兼相模機関長平塚保(兵19)機関中佐9/28兼相模機関長永山鉄太郎(兵18)機関中佐

07.1/22航海長(3/13-4/30副長)三村錦三郎(兵18)少佐3/13航海長岡村秀二郎(兵25)大尉4/27航海長名越士朗(兵27)大尉5/17艦長矢代由徳(兵10)大佐>大沢喜七郎(兵14)中佐(9/28大佐)7/12兼相模機関長平塚保(兵19)機関中佐9/28機関長平岩鉅(機5)機関少佐

08.2/20艦長秀島七三郎(兵13)大佐7/2(-09.5/25)航海長高橋良司(兵28)大尉9/25分隊長岡本郁男(兵30)大尉12/10艦長松岡修蔵(兵14)中佐

09.3/4兼高千穂艦長中島市太郎(兵14)大佐7/30艦長小黒秀夫(兵15)中佐10/11(-11.4/1)艦長川浪安勝(兵15)中佐、副長原口房太郎(兵18)中佐、分隊長丸山半三郎(兵31)大尉

11.5/23艦長向井弥一(兵15)大佐12/1艦長奥田貞吉(兵15)大佐

12.8/13艦長堀輝房(兵16)大佐/28二等海防艦12/1(-13.2/19)艦長平田得三郎(兵16)大佐、分隊長遠山彦次(兵34)大尉

13.4/1艦長三輪修三(兵17)大佐5/24艦長石川長恒(兵18)中佐12/1航海長松枝秀夫(兵32)大尉>奥名清信(兵33)大尉、分隊長後藤誠雄(兵32)大尉>小川雄平(兵34)大尉

14.12/1艦長島内桓太(兵20)大佐

15.2/1艦長糸川成太郎(兵20)大佐12/4横浜沖で実施された第9回観艦式(御大礼特別観艦式)で供奉艦として使用(天皇乗艦筑波)/13副長水谷耕喜(兵28)少佐

16.5/23艦長新納司(兵22)大佐12/1艦長関田駒吉(兵24)大佐、航海長福沢哲四郎(兵36)大尉

17.12/1艦長井手元治(兵25)大佐、副長井上清純(兵29)少佐>松尾勘九郎(兵30)少佐、分隊長水野孝吉(兵37)大尉

18.11/10艦長江口金馬(兵27)中佐(12/1大佐)12/1副長大島衛義(兵30)少佐、航海長梶岡定道(兵39)大尉

19.11/3(-20.1/30)艦長坂元貞二(兵28)中佐(12/1大佐)12/1副長浜田豊太郎(兵31)少佐、航海長国生行孝(兵37)大尉>野明松治(兵39)大尉、分隊長(20.1/21-6/17航海長)城島高次(兵40)大尉

20.1/16軍医長斎藤源太郎軍医大尉>兼勝力軍医長茂木健次軍医大尉/21主計長森延年主計大尉>青木寛治主計中尉2/13艦長松坂茂(兵27)大佐8/12艦長三村俊夫(兵28)中佐12/1運用長須藤平三郎(兵35)少佐、(-/9)分隊長中村正雄(兵40)大尉

21.11/20艦長心得辻友輔(兵29)中佐12/1副長日高正治(兵32)少佐>末岡久雄(兵32)中佐

22.12/1艦長大谷四郎(兵31)中佐、(-23.11/20)機関長朝隈彦吉(機17)機関少佐

23.10/1第1潜水戦隊に編入された水雷母艦迅鯨と交代11/10副長松原雅太(兵35)少佐12/1艦長広瀬豊(兵31)大佐、分隊長香宗我部譲(兵38)大尉転任

24.10/25艦長重松良一(兵32)中佐

26.12/1艦長佐藤英夫(兵33)中佐

27.5/10(-28.12/10)航海長北村富美雄(兵47)大尉

28.3/15艦長竹原九一郎(兵35)中佐12/10艦長神田嘉穂(兵35)中佐、運用長木村一郎(兵39)少佐>清水環(兵40)少佐、分隊長末武政治(兵50)中尉>中村二郎(兵50)大尉

29.5/10機関長村越忠章(機20)機関少佐>大村芳綱(機19)機関少佐11/30副長野沢錦二(兵36)中佐転任12/24副長原田亀(兵38)中佐

30.12/1分隊長村山孝治(機31)機関大尉転任/16艦長難波常三郎(兵35)大佐転任

31.5/30海防艦

32.4/1除籍

33.9/15館山沖で魚雷の実艦標的として撃沈処分.

3916t oa106.5pp102.9x13.1x4.88mm R(3連成)x2/2 缶x5 5000ihp 17.6knt 80/40mmx2 47mmx2.

*1904.2/7or9旅順で拿捕したロシア汽船に同名のマンチュリア(関東丸)があり、混同を避ける目的で仮に命名されたものと推定される.

UpDown

川崎神戸造船所で1913.1/14竣工33.3/29北日本汽船(小樽)に売却された鉄道院(20.5/15鉄道省)貨客船高麗丸(東京)を

4/18満州丸と改名し船室、荷役設備等を改造

40.1/30設立された日本海汽船に移籍

44.6/30.0600基隆出港後加茂丸等とタモ20B船団を編制して関門へ航行中7/3加茂丸崑山丸が被雷沈没/4.1930門司入港8/4門司出港後乾城丸等とモタ22船団を編制/15.0600門司出港後福嶺丸等とモタ23船団を編制/25-7基隆寄港/29-

9/5.1900高雄寄港後興業丸等とタマ25船団を編制してマニラへ航行中/6永治丸の触雷沈没により東港に一時退避/9.0319フィリピン、サブタン島西方約130km(19゚45'N/120゚55'E)でアメリカ潜水艦(SS393)クィーンフィッシュの発射した魚雷を右舷第3船倉後部、同前部、機関室後部に受けて.0322船尾から沈没し乗船中の歩兵第42連隊補充兵1492名を含む兵員1600名中869船砲隊14船員29名が死亡.

3053T pp97.54x13.11x(9.14)m R(3連成)x1/1 4496ihp 16.17(13)knt.

船舶番号15985.

信号符字MFKL>JKLD.

姉妹船新羅丸.

Up
Down

Manchuria.マンチュリア.

[地名]満州.

UpDown

SS>USS>SS Manchuria

アメリカ、パシフィック・メイル汽船Pacific Mail Steamship Co貨客船

ニュー・ヨーク/キャムデン造船所で6番船として1902.9/3起工03.10/31進水に失敗11/2進水後ニュー・ヨーク=ハンブルク航路に就航

04.6/9ニュー・ヨーク出港後姉妹船モンゴリアとともに太平洋航路に就航

15International Mercantile Marine Coに売却されAtlantic Transport Lineが運航

18.2モンゴリアとともに徴用4/10海軍に引渡され/25ニュー・ヨークで輸送船(ID1633)マンチュリアとしてフリーマンCharles S.Freeman中佐の指揮下に就役後軍隊輸送船として使用され13次の航海で兵員39500人を輸送

19.8/25ニュー・ヨーク入港9/11予備役編入され原所有者に返還.12Atlantic Transport Lineの運航によりニュー・ヨーク=ハンブルク航路に復帰

23Panama Pacific Lineが運航

28ダラー汽船Dollar Steamship Linesに売却されプレジデント・ジャクソンPresident Johnsonと改名48Tagus Navigational Co(Societa Saicen)に売却されSanta Cruzと改名52イタリアで解体.

13639T 187.66x19.8x(10.21)m R(4連成)x2/2 10000ihp 16knt 一等306二等66ステアレジ1300.

UpDown

SS Manchuria

イギリス、Metcalfe, Simpson & Co貨物船(ウエスト・ハートルプール)

ウィリアム・グレイ/ウエスト・ハートルプール造船所で704番船として1905.6/19進水.7竣工

17.10/17La Gouletteからウエスト・ハートルプールに鉄鉱石を輸送中、ウェサン島の北西約60nmでU53の発射した魚雷を受けて沈没し乗員26名が死亡.

2997T.


Since 6 Apr. 2016.

Last up-dated, 9 Apr. 2016.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Manshu.

Ver.1.16a.

Copyright (c) hush ,2001-16. Allrights Reserved.

Up


動画