Down

Uranami.  浦波.うらなみ.

駆逐艦浦波@ 駆逐艦浦波A 警備艦>護衛艦うらなみB 巡視艇うらなみ(1) 巡視艇うらなみ(2) 巡視艇うらなみ(3) 

JMSDF Ayanami class escort (DD105) Uranami.

[海象]浦波.

に打ち寄せる波.

Up
Down

駆逐艦浦波

日本@ 改春雨/神風級駆逐艦(30/32)

1906計画第30駆逐艦

舞鶴工廠で07.5/1起工12/8進水

08.7/31艤装員長角田貫三(兵26)大尉10/2角田艦長の指揮下に竣工し呉鎮守府籍

12/15佐世保鎮守府第9駆逐隊に編入

09.4/23艦長坂倉幸利(兵27)大尉7/9姉妹艦と第12駆逐隊を新編

10.1/15兼綾波艦長大谷喜雄(兵28)大尉10/12艦長小副川敬治(兵29)大尉

11.5/23艦長関根繁男(兵31)大尉

12.8/28三等駆逐艦12/1乗員隈部信夫(兵34)大尉

13.12/1艦長新山良幸(兵32)大尉

15.12/13艦長熊谷秀夫(兵33)大尉

16.12/1(-17.3/1兼磯波)艦長斎藤直彦(兵34)大尉

17.12/1艦長角田貞雄(兵36)大尉

18.3/12艦長松岡弘人(兵35)大尉

19.4/5大立島南方海域で第12駆逐隊魚雷発射訓練中、後部TTから発射した魚雷1本が故障により標的曳航艦として使用されていた巡洋艦明石に衝突し推進翼を小破12/1兼磯波艦長吉田庸光(兵36)大尉

20.12/1艦長一ノ瀬英太(兵35)少佐

21.12/1艦長石橋三郎(兵36)少佐

22.7/20(-23.11/1)艦長佐藤慶蔵(兵38)大尉

24.12/1掃海艇、艇長稲垣義龝(兵40)大尉

25.8/1艇長板倉得止(兵42)大尉

27.12/1(-29.6/1)艇長副田久幸(兵45)大尉

28.8/1第7号級掃海艇(2/6)第8号掃海艇と改名30雑役船(曳船兼交通船)公称758号と改名35廃船36売却.

UpDown

駆逐艦浦波

IJN Fubuki I class destroyer. Illustrated by A-140.

19計画特型(一等)駆逐艦として佐世保工廠で27.4/28起工された日本、第35号級駆逐艦(10/24)第44駆逐艦

28.8/1吹雪級(I型)駆逐艦(10/24)浦波Aと改名

11/29進水

29.1/15艤装員長五藤存知(兵38)中佐4/1艤装員(4/25-11/30航海長)宮雄次郎(兵50)大尉/25水雷長桝本要(兵48)大尉、砲術長井筒義三(兵49)大尉、機関長森本芳夫(機27)機関大尉、乗員富永章(機33)機関中尉、中島幸三軍医大尉、松元安夫(経14)主計中尉

6/30五藤艦長の指揮下に竣工し呉鎮守府籍

11/1水雷長白浜政七(兵49)大尉/30姉妹艦磯波第19駆逐隊を新編12/24竣工した敷波第19駆逐隊に編入

30.4/30竣工した綾波第19駆逐隊に編入12/1水雷長森寛(兵48)大尉

31.11/2艦長江戸兵太郎(兵40)少佐(12/1中佐)

32.12/1艦長八島元徳(兵39)中佐

33.5/1艦長木村進(兵40)中佐11/15艦長古木百蔵(兵41)中佐、水雷長古谷清渡(兵52)大尉>松元秀志(兵52)大尉

35.1/15艦長久宗米次郎(兵41)少佐11/1艦長田原吉興(兵43)中佐

36.12/1艦長島崎利雄(兵44)中佐

37.6/9姉妹艦磯波と接触後横須賀工廠で修復12/1兼敷波艦長折田常雄(兵49)中佐

38.10/5艦長野間口兼知(兵48)少佐

39.11/15艦長仙波繁雄(兵50)中佐

40.10/15(-41.4/1)高橋敏(兵62)大尉11/15第19駆逐隊は軽巡洋艦川内等と第1艦隊隷下に第3水雷戦隊を編制

41.4/15艦長萩尾力(兵52)少佐

11/5第3水雷戦隊は南方部隊馬来(マレー)部隊に部署/20呉出港/26-12/4三亜寄港後第19駆逐隊(綾波磯波浦波敷波)はマレー上陸部隊輸送船団を護送/7シンゴラ沖でノルウェー貨物船Hafthorを拿捕後自沈処分(後に浮揚し二揚丸と改名)/8マレー上陸戦に参加しコタバルに侘美部隊を揚陸/20マレー半島東岸でオランダ潜水艦O20を撃沈

42.2/11-2駆逐艦叢雲とアナンバスAnambas諸島寄港4/6水雷長宇那木勁(兵64)中尉(5/15大尉)6/9戦艦大和等からなる第1戦隊を護送してミッドウェー海戦から帰投中、磯波が左舷中央部に衝突9/4有明等とともにガダルカナル島Taivuに一木、青葉支隊兵員約1000名を揚陸/6有明等とともにガダルカナル島ヘンダーソン飛行場を砲撃9/13駆逐艦夕立等とともにガダルカナルを砲撃11/9トラック寄港/12第3次ソロモン海戦で撃沈された綾波の生存者を収容

43.3/3カビエン近郊のMowe沖で/1ビスマーク海海戦で損傷した雪風等駆逐艦4隻と合流し駆逐艦初雪とともに遭難者約2700名を収容.1650発/4.1015ラバウル入港4/2アンボン=スラバヤ間を航行中、セレベス島デブリンバンク灯台161゚4550kmで座礁5/15艦長田中知生(兵57)少佐

44.1/9ペナン出港後軽巡洋艦球磨とともに第551、732航空隊の雷撃実射訓練に協力/11.0945航空隊の雷撃実射訓練協力の目的で球磨とともにペナン出港.1144ペナン西方のマラッカ海峡で球磨が被雷.1157沈没後艦長以下乗員約300名を救出.2軽巡洋艦大井とペナン入港後スラバヤに海軍部隊を輸送

4/15艦長佐古加栄(兵61)少佐6/2ダバオ寄港後第19駆逐隊は駆逐艦白露等に護衛されてビアクBiak島へ兵員を輸送中(第2次渾作戦)/4作戦中止/8第2次渾作戦に従事中、オーストラリア重巡洋艦オーストラリア等からなるアメリカ第74任務部隊と交戦(ビアク島沖海戦)

7/2-8/4シンガポールで入渠整備を行い第3主砲塔を25mmIIIMGx2に換装/7軽巡洋艦鬼怒とともにシンガポール出港後ブルネイ経由で/11-5.0530マニラ寄港後重巡洋艦青葉とともに/16-24セブ/27シンガポール入港後哨戒任務に従事

10/21リンガ出港後青葉鬼怒を護送中/23マニラ入港/24アメリカ第38任務部隊空母搭載機のマニラ空襲により至近弾と銃撃により4名が死亡9名が負傷し最高速力が28kntに低下.0630鬼怒等とマニラ出港後ミンダナオ経由でオルモックへ兵員を輸送する第1次多号作戦に従事中/26イロイロの北北東約70nmのスルー海(11゚50'N/123゚00'E)でアメリカ第77任務部隊第4群第2隊の護衛空母搭載機約50機の空襲により直撃弾2発とロケット弾を受けて沈没し佐古艦長以下103名が死亡し生存者94名を第6第9第10号輸送艦が救出12/10除籍.

IJN Fubuki I class destroyer Uranami.

信号符字JZQA.

UpDown

警備艦>護衛艦うらなみ

海上自衛隊B あやなみ級警備艦(3/7)DD(K)105

JMSDF Ayanami class escort. Illustrated by JTPS-P16.

1965計画1700t型甲型警備艦1605号艦

川崎重工神戸造船所で57.2/1起工8/29進水

58.2/27竣工し横須賀地方隊に編入

3/16姉妹艦(DD103)あやなみ横須賀地方隊隷下に第8護衛隊を新編8/6-10/10警備艦(DD101)はるかぜ等とともに幹部候補生学校第8期卒業生を乗せてハワイカナダ方面を巡航(第2回遠洋航海)10/25第8護衛隊第1護衛隊群に編入

59.4/1あやなみ第1護衛隊群隷下に第9護衛隊を新編し横須賀に配備

60.10/1護衛艦

61.9/1第1護衛隊群護衛艦隊に編入

62.3/9東京湾で公試中に造船所工員1名が海中に転落、死亡

63.6/6あやなみ等とともに横須賀出港

66.9/22あやなみとともに東京湾周航体験航海に従事

69.3/15第9護衛隊第3護衛隊群に編入

71.2/1第9護衛隊第4護衛隊群に編入

72.1/20札幌オリンピックに使用する聖火を乗せた連絡船大雪丸を護衛艦(DD162)てるづき等とともに護送

83.3/30第9護衛隊の解隊によりあやなみとともにあやなみ級特務艦(ASU7005)となりTTを撤去し呉地方隊に編入され呉に配備

86.4/30対馬海峡東水道をオーテンスキー級航洋曳船に曳航されて南下するナヌチュカIII型ミサイル・コルヴェットを視認12/15除籍後実艦標的として撃沈処分.

JMSDF Ayanami class escort (DD103) Ayanami & (105) Uranami at Yokosuka, 28 Jan. 1978.

JMSDF Ayanami class escort (DD105) Uranami at Kobe, 31 & 28 Oct. 1965.

UpDown

巡視艇うらなみ

海上保安庁(1) はつなみ級巡視艇(4/24)PC04

1951計画15m型巡視艇として横浜ヨット工作所で4/21竣工し第2管区海上保安部青森海上保安部に配属

55.3/31第3管区海上保安部横浜海上保安部に配属

56.3/10館山分室に配属

59.11/1銚子海上保安部勝浦分室に配属

62.4/1勝浦分室が海上保安署に昇格

70.11/5解役された巡視艇(PC23)あきづきの代艇として/9第2管区海上保安部釜石海上保安部宮古海上保安署に配属

73.12/20竣工し宮古海上保安署に配属された巡視艇(CL122)はつかぜと交代して/4解役.

UpDown

巡視艇うらなみ

海上保安庁(2) しきなみ級巡視艇(11/17)PC66

1973計画23m型巡視艇として日立造船神奈川工場で7/26起工11/22進水12/22竣工し第5管区海上保安部神戸海上保安部に配属

2000.1/24竣工し神戸海上保安部に配属された巡視艇(PC24)うらなみと交代して/7解役.

UpDown

巡視艇うらなみ

海上保安庁(3) はまぐも級巡視艇(3/4)PC24

1998第3次補正計画計画35m型(消防機能強化型)巡視艇として墨田川造船(東京)で2000.1/24竣工し/7解役された巡視艇(PC66)うらなみの代艇として第5管区海上保安部神戸海上保安部に配属

10.11/4-5主任航海士が尖閣諸島で中国漁船が巡視船に衝突してきた映像を無断でネット上に公開

13.1/11解役された消防艇(FM08)みのおの代艇として第7管区海上保安部大分海上保安部に配属されゆふぎりと改名17在籍.

JCG Hamagumo class cutter (PC24) Uranami.

神戸海上保安部.


Since 14 Apr. 2002.

Last up-dated, 21 Mar. 2017.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Uranami.

Ver.1.17a.

Copyright (c) hush ,2001-17. Allrights Reserved.

Up


動画