Down


★ソウカイテイSokaitei.掃海艇.

第1号 第2号 第3号 第4号 第5号

第6号 第7号 第8号 第9号

日本

日本.第1号〜.第10号〜.第20号〜.第30号〜.

海上自衛隊.

第1号掃海艇

-------------------------------

第1号級掃海艇

600s702nt

76.2x8.03x4.65m

R(直立3連成)x2/2 4000ihp 20knt 石炭150t 2000nm/12knt

120/45mmIx1 25mmMGIIx1+Ix3 爆雷36

乗員97

同型艇(4+2/1929)

第1掃海艇.第2掃海艇.第3掃海艇.第4掃海艇.(第5号掃海艇).(第6号掃海艇).

88艦隊計画による1920-3計画掃海艇として建造24.4/24第1-4号掃海艇と改名5、6番艇は改第1号/第5号級掃海艇に設計変更.

-------------------------------

改第1号/第5号級掃海艇

620s717nt

77x8.25x4.7m

21knt

2000nm/14knt

乗員91

同型艇(2/1929)

第5号掃海艇.第6号掃海艇.

88艦隊計画による1923計画掃海艇として建造.

---------------------------------

@

第1掃海艇

第1号級掃海艇(1/4+2)

88艦隊計画による1920計画掃海艇として播磨造船所で22.5/10起工23.3/6進水6/30竣工し第1掃海艇と命名され横須賀鎮守府籍

7/16姉妹艇第123(号)掃海艇第1掃海隊を新編

24.4/24第1号掃海艇と改名

25.4/29竣工した第4号掃海艇第1掃海隊に編入12/1艇長秋山輝男(兵41)大尉

26.12/1予備掃海艇

28.1/20艇長秋山輝男少佐11/1艇長牟田口格郎(兵44)大尉

29.2/25竣工した第56号掃海艇第1掃海隊に編入4/15艇長荘司喜一郎(兵45)大尉

30.12/1艇長久保田智(兵46)大尉

31.12/1艇長山田勇助(兵48)大尉

36.12/1艇長守屋節司(兵51)少佐

37-9日中戦争時に華中方面で作戦に従事

39.11/15艇長小野四郎(兵54)大尉

41.11/1南遣艦隊第9根拠地隊に編入/8呉出港/17-12/1.1700三亜寄港後第5第6号掃海艇とともに/3.1430-/5.0630カムラン湾寄港後哨戒任務に従事/11.1530タイ、シンゴラSingora沖に到達し上陸作戦を支援/13.1425出港/16.0923-/19.0830カムラン湾寄港/23-30第2掃海艇とともにシンゴラ寄港

42.1/1-7.1850シンゴラ寄港/12.0755Pulo Condore入港/20軽巡洋艦川内等とともに輸送船11隻からなる船団を護送してカムラン湾出港/22シンゴラ入港/26.0700エンドウEndau沖に到着し揚陸を支援中/27イギリス駆逐艦サネット、オーストラリア駆逐艦ヴァンパイアが進入、交戦(エンドウ沖海戦)/28.0835エンドウ出港/29海防艦 占守等とともにイギリス戦艦リパルスの沈没位置に到達/31.0055アナンバスAnambas諸島2/12バンカ、パレンバン攻略作戦で前路哨戒に従事/21ジャワ攻略作戦に参加しバンタム湾掃海作業に従事3/8北部スマトラ作戦/30アンダマン攻略作戦に参加し掃海任務に従事4/3-26シンガポールで入渠5/20佐世保鎮守府籍6/10佐世保入港後大隈諸島近海で哨戒任務に従事7/15大阪警備府部隊に編入され紀伊水道で哨戒任務に従事8/31佐世保鎮守府部隊に編入され船団護衛、哨戒任務に従事10/5(32゚09'N/128゚43'E)であるぐん丸を攻撃したアメリカ潜水艦(SS214)グルーパー(?)を敷設艇等とともに攻撃

43.4/1横須賀防備戦隊に編入/12横須賀入港/22女川を基地として三陸方面での船団護衛に従事11/16第1掃海隊司令掃海艇を継承

45.8/10岩手県山田湾でアメリカ第38任務部隊空母搭載機による空襲に遭遇し爆撃を受けて擱座後沈没9/15除籍.

信号符字JXAP.


第2号掃海艇

---------------------------------

@

第1号級掃海艇(2/4+2)

88艦隊計画による1920計画掃海艇として三井物産造船部玉工場で22.4/13起工23.3/17進水6/30竣工し第2掃海艇と命名され横須賀鎮守府籍

7/16姉妹艇第1掃海艇等と第1掃海隊を編制

24.4/24第2号掃海艇と改名

42.3/1ジャワ、パンジャン島南方で味方魚雷を受けて沈没/10第4予備掃海艇となり第1掃海隊より除去

45.11/30除籍.

信号符字JXBP.

予備掃海艇として在籍し続けたのはマスト先端部が海上に露出していたことによる.


第3号掃海艇

---------------------------------

@

第1号級掃海艇(3/4+2)

88艦隊計画による1920計画掃海艇として大阪鉄工所桜島工場で1923.6/30竣工

7/16姉妹艇第1号掃海艇等と第1掃海隊を編制12/1艇長木村昌福(兵41)大尉

24.4/24第3号掃海艇と改名

33.11/15艇長川島良雄(兵48)大尉

42.3/1第1掃海隊司令掃海艇を継承

45.4/9特設運送船浮島丸と大湊回航中、岩手県大船渡湾口でアメリカ潜水艦(SS384)パーチェの発射した魚雷を受けて沈没.

信号符字JXCP.


第4号掃海艇

-----------------------------------

@

第1号級掃海艇(4/4+2)

88艦隊計画による1923計画掃海艇として佐世保工廠で1924.4/24進水時に第4号掃海艇と改名25.4/29竣工し姉妹艇第1号掃海艇等からなる第1掃海隊に編入

31.12/1艇長井上良雄(兵48)大尉

35.11/15艇長小滝久雄(兵50)大尉

38.7/28艇長富田捨造(兵51)少佐

44.5/19ハルマヘラ島カウ湾で触雷により大破

45.8/15敗戦時、残存

46.7/11シンガポール南方で海没処分.

信号符字JXDP.


第5号

----------------------------------

第5号級掃海艇→改第1号/第5号級掃海艇.

-------------------------------

@

改第1号/第5号級掃海艇(1/2)

88艦隊計画による19計画掃海艇として三井造船玉野造船所で29.2/25竣工し姉妹艇第1号掃海艇等からなる第1掃海隊に編入

32.12/1艇長磯久研磨(兵48)大尉

33.11/1艇長白浜政七(兵49)大尉(/15少佐)

38.7/11第6号掃海艇富田捨造(兵51)少佐が艇長を兼任

42.3/20第1掃海隊に編入4/15第1掃海隊司令掃海艇を継承

43.6/12第1掃海隊司令掃海艇を継承

44.11/4マラッカ海峡(03゚14'N/99゚50'E)で船団護送中、イギリス潜水艦(P323)テラピンの発射した魚雷を受けて沈没.

信号符字JXEP.


第6号掃海艇

-------------------------------

@

改第1号/第5号級掃海艇(2/2)

大阪鉄工所桜島工場で1929.2/25竣工し姉妹艇第1号掃海艇等からなる第1掃海隊に編入

30.12/1艇長天野重隆(兵47)大尉

36.12/1艇長(38.7/11兼第5号掃海艇長)富田捨造(兵51)少佐

41.12/25ボルネオ島西部のイギリス領サラワクSarawak州クチンKuching攻略戦に従事/26.1355クチン沖(01゚34'N/110゚21'E)でオランダ陸軍機の爆撃を受けて貨物船第2雲洋丸とともに沈没.

信号符字JXFP.


第7号

----------------------------------

舞鶴工廠で1909.4/2竣工24.12/1掃海艇となった改春雨/神風級駆逐艦(31/32)磯波

28.8/1第7号級掃海艇(1/6)第7号掃海艇@と改名

30.6/1雑役船(曳船兼交通船)公称第756号と改名35廃船.

---------------------------------

第7号級掃海艇

同型艇(6/1924艦種変更)

第7号掃海艇(ex磯波).第8号掃海艇(ex浦波).第9号掃海艇(ex綾波>公称第759号).第10号掃海艇(ex水無月).第11号掃海艇(ex長月).第12号掃海艇(ex菊月).

改春雨/神風級駆逐艦の後身.

-------------------------------

舞鶴工廠で1911.9/28竣工した海風級駆逐艦(1/2)海風

30.4/1第7号級掃海艇(1/2)第7号掃海艇Aと改名し第8第9第10号掃海艇第6掃海隊を新編

36.4/1除籍.

--------------------------------

第7号級掃海艇

同型艇(2/)

第7号掃海艇(ex海風).第8号掃海艇(ex).

-------------------------------

第7号級掃海艇

同型艇(6/1938-9)

第7号掃海艇.第8号掃海艇.第9号掃海艇.第10号掃海艇.第11号掃海艇.第12号掃海艇.

-------------------------------

改第7号/第19号級掃海艇

同型艇(17+17/1941-4)

第19号.第20号.第21号.第22号.第23号.

第24号.第25号.第26号.第27号.第28号.

第29号.第30号.(第31号).(第32号).第33号.

第34号.(第35号).(第36号).(第37号).第38号.

第39号.(第40号).第41号.(第42号).(第43号).

(第44号).(第45号).(第46号).(第47号).(第48号).

(第49号).(第50号).(第51号).(第52号).

-------------------------------

第7号

B

第7号級掃海艇(1/6)

1937海軍補充(B)計画掃海艇第49号艇として37年度艦艇補充費により三井造船玉野造船所で38.12/15竣工し佐世保鎮守府籍

11/15姉妹艇第8第9第10第11第12号掃海艇第21掃海隊を新編

42.3/10第21掃海隊解隊

後第1南遣艦隊第10特別根拠地隊に編入

42.9/23第2図南丸等からなる船団を護送してシンガポール出港

44.4/15アンダマン諸島ロス島の110゚20nmのインド洋上(11゚56'N/93゚06'E)でイギリス潜水艦(P233)ストームの発射した魚雷を受けて沈没.

信号符字JXGP.


第8号掃海艇

----------------------------------

舞鶴工廠で1908.10/2竣工24.12/1掃海艇となった改春雨/神風級駆逐艦(30/32)浦波

28.8/1第7号級掃海艇(2/6)第8号掃海艇@と改名

30.6/1雑役船(曳船兼交通船)公称第758号と改名35廃船.

-------------------------------

三菱重工業長崎造船所で1911.10/21竣工した海風級駆逐艦(2/2)山風

30.4/1第7号級掃海艇(2/2)第8号掃海艇Aと改名し第7号掃海艇等と第6掃海隊を新編

36.4/1除籍.

-------------------------------

第8号掃海艇B

第7号級掃海艇(2/6)

1937海軍補充(B)計画掃海艇第50号艇として37年度艦艇補充費により浦賀船渠で12/11起工38.5/28進水39.2/15竣工し佐世保鎮守府籍

11/15姉妹艇第7号掃海艇等と第21掃海隊を新編

42.3/10第21掃海隊解隊/22第21掃海隊司令掃海艇を継承

46.7/10シンガポール南方で撃沈処分8/10除籍.

信号符字JXHP.


第9号掃海艇

---------------------------------

舞鶴工廠で1909.6/26竣工24.12/1掃海艇となった改春風/神風級駆逐艦(32/32)綾波

28.8/1第7号級掃海艇(3/6)第9号掃海艇@と改名

30.6/1雑役船(曳船兼交通船)公称第757号と改名33廃船.

-------------------------------

横須賀工廠で1918.4/30竣工した楢級駆逐艦(1/6)

30.6/1第9号掃海艇Aと改名し第7号掃海艇等と第6掃海隊を再編

36.4/1雑役船と改名40廃船WW2中に解体.

-------------------------------

第9号掃海艇B

第7号級掃海艇(3/6)

1937海軍補充(B)計画掃海艇第51号艇として37年度艦艇補充費により舞鶴工廠で38.2/7起工9/10進水39.2/15竣工し佐世保鎮守府籍

11/15姉妹艇第7号掃海艇等と第21掃海隊を新編

42.3/10第21掃海隊解隊

42.2/1or2アンボン沖(03゚42'S/128゚10'E)で触雷により沈没4/10除籍.

信号符字JXIP.


PREVIOUS  NEXT

Since 30 Dec. 2001.

Last up-dated 10 Sep. 2013.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Soukai_tei (IJN) #1-.

Ver.1.13a.

Copyright (c) hush ,2001-13. Allrights Reserved.

Up


動画