Down

Sendai.  川内.せんだい.

IJN Kuma / Sendai class light cruiser Sendai.

Illustrated by Iyapopo.

川内級軽巡洋艦 軍艦川内@ 巡視船せんだい(1) 巡視船せんだい(2) 護衛艦せんだいA 

[地名]川内川.

九州南西部を流れる川.

熊本県球磨郡あさぎり町の霧島山系中の白髪岳(1417m)に発し、宮崎県えびの市を経て鹿児島県に入り、同県北西部の姶良郡湧水町、伊佐市、薩摩郡さつま町と西流して薩摩川内市で東シナ海に注ぐ.

全長126kmは筑後川に次ぐ九州第2位の長さ.

古くは千台と記したが、江戸時代に川内と表記を改められた.

Up
Down

日本 川内級軽巡洋艦→日本、改球磨/川内級巡洋艦.

Up-------------------------------Down

軍艦川内

IJN Kuma / Sendai class light cruiser Sendai. Illustrated by Iyapopo.

日本@ 改球磨/川内級軽巡洋艦(1/3+4)

88艦隊計画による1920計画中型(5500t型)巡洋艦

21.3/19軍艦川内と命名

三菱重工業長崎造船所で22.2/16起工

23.10/30進水12/1艤装員長亥角喜蔵(兵31)大佐/15艤装員(24.4/29航海長)板垣行一(兵38)少佐

24.1/21艤装員(4/29-5/16分隊長)中村正雄(兵40)大尉、(4/29軍医長)杉本豊松(新潟医専)軍医大尉4/29亥角艦長の指揮下に竣工佐世保鎮守府籍

5/10第2艦隊第5戦隊に編入12/1艦長伊地知清弘(兵30)大佐、(-25.12/1)砲術長水崎正次郎(兵38)少佐、水雷長橋本象造(兵43)大尉、(-25.12/1)通信長相徳一郎(兵45)大尉、(-25.12/1)分隊長御子柴隼人(機24)、(-25.11/10)軍医長神立金作(慈恵医専)軍医大尉

25.7/2艦長中原市介(兵31)大佐11/20艦長今川真金(兵31)大佐12/1由良等と第5戦隊を編制、(-26.11/1)航海長石川茂(兵40)少佐、(-26.11/1)水雷長伊崎俊二(兵42)大尉、(-26.11/1)分隊長近藤三郎(兵46)大尉、(-26.12/1)西沢兄信(機25)機関大尉

26.11/1艦長相良達夫(兵32)大佐12/1予備艦

27.3/3第1遣外艦隊に編入されて佐世保出港後長江沿岸で警備任務に従事9/10予備艦/13佐世保帰投12/1副長木村政吉(兵33)中佐>岸川三平(兵34)中佐/21艦長伴次郎(兵33)大佐

28.3/15艦長間崎霞(兵33)大佐10/25(-12/12)水雷長泊満義(兵46)大尉11/1航海長堀勇五郎(兵41)少佐12/10艦長和田専三(兵34)大佐

29.2/20(-4/10)分隊長酒井原繁松(兵46)大尉5/1艦長野原伸治(兵34)大佐11/1(-31.12/1)航海長渋谷清見(兵45)大尉(/30少佐)/30第1艦隊第3戦隊に編入、艦長三木太市(兵35)大佐、砲術長田中菊松(兵43)少佐

30.3/29佐世保出港後青島方面で行動4/3大連入港6/1軍医長島崎貞(長崎医専)軍医少佐8/10副長千葉慶蔵(兵38)中佐11/1(-31.11/14)機関長黒原退蔵(機22)機関少佐/15(-31.11/2)砲術長谷本計三(兵44)少佐12/1第4、第5、第29駆逐隊と第1艦隊隷下に第1水雷戦隊を再編し姉妹艦那珂から旗艦を継承、艦長岸本鹿子治(兵37)大佐、水雷長石原繁(兵46)大尉>(-31.12/1)脇田喜一郎(兵48)大尉、通信長遠藤滋(兵48)大尉、分隊長村正夫(機31)機関大尉、(-31.12/1)軍医長川島秀志(長崎医専)軍医少佐

31.3/29佐世保出港後青島方面で行動4/5裏長山列島帰着9/14(32.6/10兼名取)艦長後藤輝道(兵35)大佐12/1予備艦、(-32.9/20)副長松良考行(兵40)中佐

32.12/1艦長高崎武雄(兵37)大佐

33.6/13佐世保工廠に入渠し射出機設備を新設11/15第1艦隊第1水雷戦隊(町田新一郎[兵35]大佐[34.11/15少将])に編入され旗艦、艦長鈴木田幸造(兵37)大佐、(-34.10/22)副長水井清治(兵40)中佐

34.7/4艦長吉田庸光(兵36)大佐9/27旅順出港後青島方面で行動10/5佐世保帰投11/1艦長中村一夫(兵37)大佐/15予備艦/18舞鶴工作部に入渠し機関の特定修理と艦橋の改造工事を実施

35.9/10出渠/26三陸沖で演習中に台風により損傷し搭載機を喪失(第4艦隊事件)後佐世保に帰投し修理10/31(-12/1)航海長志和彪(兵50)大尉(11/15少佐)11/15第1艦隊第1水雷戦隊に編入、艦長中島寅彦(兵39)大佐、副長浜屋七平(兵39)中佐>龍岡長久(兵43)中佐、砲術長仲条公治(兵47)少佐>松田源吾(兵49)少佐

36.4/13佐世保出港後青島方面で行動4/22寺島水道帰着9/26佐世保出港後馬鞍群島方面で行動10/27-11/10佐世保寄港/21佐世保入港12/1第9第21駆逐隊第1艦隊隷下に第1水雷戦隊を編制し司令官斎藤二朗(兵36)少将の旗艦、艦長山本正夫(兵38)大佐、砲術長越野公威(兵51)少佐、通信長清水谷武(兵50)少佐転任、航海長仮屋実(兵52)少佐

37.7/22-30、8/10-10/23、38.4/9-14、7/21-12/1第1艦隊第1水雷戦隊所属として中国沿岸で作戦し3/27寺島水道出港後青島方面を行動4/6有明湾帰投7/22長竹水道出港後華北方面を行動7/30-8/10佐世保寄港後華中方面を行動中/14搭載機が中国空軍機10数機による上海爆撃に遭遇し海防艦出雲搭載機とともに2機を撃墜10/23佐世保入港12/1艦長木村進(兵40)大佐、副長有賀幸作(兵45)中佐、航海長吉松敞(兵51)少佐

38.4/9寺島水道出港後華南方面で行動/14基隆7/21佐世保出港後華中方面で行動8/1第3艦隊第1水雷戦隊に編入12/11佐世保入港/15第1水雷戦隊を編制し司令官栗田健男(兵38)少将の旗艦、艦長伊崎俊二(兵42)大佐、副長田村礼三(兵47)中佐、(-/27)航海長近藤保平(兵51)少佐

39.3/14第1水雷戦隊を率いて有明湾、日向灘で訓練を実施/22鹿児島出港後中国沿岸で作戦4/2寺島水道帰着11/15特別役務艦(練習艦)となり艦長久宗米次郎(兵41)大佐、副長杉野修一(兵46)中佐

40.5/1佐世保で修理完了し第12(駆逐艦東雲薄雲白雲叢雲)、第20駆逐隊(駆逐艦夕霧狭霧天霧朝霧)と第1艦隊隷下に第3水雷戦隊を編制し旗艦7/8呉出港後華南で作戦/15or25(-41.4/25)艦長島崎利雄(兵44)大佐.9フランス領北部インド=シナ進駐に参加10/15副長山田鉄夫(兵49)中佐11/2佐世保入港/15水雷長佐部鶴吉(兵60)大尉

41.2/24佐世保出港後華南で作戦3/3佐世保帰投

8/15機関長高田満(機31)中佐9/8-15佐世保工廠に入渠

11/15第1艦隊隷下に第3水雷戦隊を編制/20第3水雷戦隊(南方部隊第1護衛隊)旗艦として呉出港/20-1柱島泊地仮泊/26-12/4三亜寄港後那古丸等からなる第1次マレー上陸船団を護送/7マレー半島東岸シンゴラ/8コタバルKota Bharuで上陸を支援/10重巡洋艦愛宕等からなる第2艦隊(南方部隊)と合流/11-3カムラン湾寄港/16コタバル到着後軍隊輸送船団の揚陸支援中/19搭載機がオランダ潜水艦O20を攻撃(後駆逐艦天霧夕霧綾波浦波が爆雷攻撃/20駆逐艦浦波が撃沈)/21-4カムラン湾寄港/27シンゴラ/31-

42.1/3カムラン湾/10-21カムラン湾寄港/23カムラン湾出港/26マレー半島エンドウEndau沖に到着し揚陸を支援中/27イギリス駆逐艦(H29)サネット、オーストラリア駆逐艦(D68)ヴァンパイアが進入、交戦(エンドウ沖海戦)/28エンドウ沖出港/31-2/9カムラン湾寄港後バンカ、パレンバン上陸を支援/27-3/6シンガポール/6-8ケッペル寄港後スマトラ北部上陸を支援/15-20ペナン寄港アンダマン攻略を支援

4/3アンダマン出港後インド洋機動作戦に参加/11-3シンガポール寄港/22佐世保入港/25艦長森下信衛(兵45)大佐、機関長塚部顕夫(機31)中佐/27-5/10佐世保工廠に入渠/16佐世保出港/17-26柱島/27-9宿毛寄港6/1-2航行中に駆逐艦磯波とともに艦隊を見失い/2.1315空母鳳翔搭載機が艦隊の前方43nmで発見/5ミッドウェー海戦/14呉入港/26柱島出港/27-

7/1佐世保寄港/10副長松田喜一(兵49)中佐/10-5奄美/17-8高雄/23-8シンガポール/31-8/8メルギー寄港後インド洋交通破壊戦に従事/14-5マカッサルに寄港し早鞆から燃料を補給/17-9ダバオ/23-4トラック寄港後陸軍川口支隊輸送船団を護送/28-30ラバウル/31-9/4ショートランド寄港後機動舟艇を護衛/5ショートランド入港/8.0330ガダルカナル島タイボ岬沖にアメリカ艦船が出現との報告により駆逐艦浦波、敷波、吹雪、白雪、天霧、陽炎、夕立、夕暮とともに出港後ルンガ泊地に突入/9.0000退避.1100-/12ショートランド寄港後ガダルカナルを砲撃/13-8ショートランド寄港後ガダルカナルを砲撃/19ショートランド入港後連日対空戦闘に従事

11/3ショートランド出港後綾波に護衛されて/6トラック入港/14第3次ソロモン海戦に参加/18トラック入港12/2工作艦明石に接舷し修理

43.1/3修理完了/22トラック出港/24-6ラバウル寄港2/13ショートランド出港後駆逐艦皐月文月に護衛されて/17パラオ入港/25第8艦隊第3水雷戦隊に編入3/16出港後駆逐艦雪風に護衛されて/16カビエン入港

4/10ラバウル出港/12-9トラックに寄港し整備/21ラバウル入港後カビエンに回航され3/16ニュー・アイルランド島メウエパッセージ湾(カビエン)で爆撃を受けて大破した重巡洋艦青葉の曳航開始後浸水、再擱座/25-8トラック寄港5/4佐世保入港/10佐世保工廠で入渠修理/20艦長荘司喜一郎(兵45)大佐/26出渠6/9-14佐世保工廠で入渠/25佐世保出港後柱島経由で/28横須賀入港後第20防空隊を搭載/30横須賀出港

7/5-6トラック寄港/8ラバウルに寄港し第20防空隊を揚陸/9ショートランド入港後クラ湾、ブインへの陸軍部隊の輸送に従事8/6.0030ラバウル出港後ココボ岬沖でコロンバンガラ輸送に赴く第4駆逐隊(駆逐艦萩風江風)と合流.0900コロンバンガラ輸送隊と駆逐艦時雨を分離.2130ブイン入港後人員379名、物件97tを揚陸/7.1430ラバウル帰投

10/6.0420駆逐艦秋雲に第3水雷戦隊(伊集院松治大佐)旗艦を継承/15水雷長三好正俊(兵67)大尉11/1ラバウル出港後ブーゲンヴィル沖海戦でアメリカ艦隊の集中砲火により/2中部ソロモン海(06゚10'S/154゚19'E)沈没し荘司艦長以下185名が死亡(311名救助)

44.1/5除籍.

信号符字JLQA.

UpDown

巡視船せんだい

海上保安庁(1) まつうら級巡視船(2/5)PS61

1961計画改2-350T級巡視船として大阪造船で61.8/23起工62.1/18進水4/14or21竣工し2/20第10管区海上保安部大分海上保安部に配属された巡視船(PS20)きたかみの代船として鹿児島海上保安部山川海上保安署に配備

68.11/1(PM61)

88.6/1竣工し山川海上保安署に配属された巡視船(PM14)せんだいと交代して5/6解役.

UpDown

巡視船せんだい

海上保安庁(2) てしお(なつい)級巡視船(14/14)PM14

1987計画500T型(中型)巡視船として四国ドック(高松)で87.8/6起工88.1/21進水88.6/1同級中、最後に竣工し5/6解役された巡視船(PM61)せんだいの代船として第10管区海上保安部鹿児島海上保安部山川海上保安署に配備

2007.4/1山川海上保安署指宿海上保安署と改称

13.12/6第3管区海上保安部横浜海上保安部に配属されつるみと改名16在籍.

JCG Teshio class cutter (PM14) Sendai.

鹿児島海上保安部.

5.5m型高速警備救難艇を搭載.

UpDown

護衛艦せんだい

海上自衛隊A あぶくま級護衛艦(4/6)DE232

JMSDF Abukuma class escort. Illustrated by JTPS-P16.

中期防衛力整備計画による1987計画1900t型乙型護衛艦1232号艦

住友重機械工業浦賀工場で89.4/14起工

90.1/26進水、艤装員長鈴井尚夫2佐10/16公試開始

91.3/15鈴井艦長の指揮下に竣工し呉地方隊第22護衛隊に編入された護衛艦(DD115)あさぐもの代艦として佐世保地方隊第21護衛隊に編入

92.3/25艦長加藤耕司(防大20幹候27)2佐6/20護衛艦(DE231)おおよど佐世保地方隊隷下に第39護衛隊を新編(当初計画では護衛艦[DD115]あさぐもも編入予定であったが変更)

93.2/8竣工した姉妹艦(DE234)とね第39護衛隊に編入3/24艦長小田和春3佐

94.3/25艦長泉三省(防大22)2佐

95.3/24艦長下山公貴(防大19)3佐(96.7/1、2佐)

97.3/24第39護衛隊(おおよどせんだいとね)を第26護衛隊と改称/25艦長内田薫(防大21)2佐

98.3/23艦長碇山武男3佐(7/1、2佐)

99.3/29艦長落修司(防大25)2佐

2000.3/24艦長尾島義貴(防大27)2佐

01.3/23艦長丸沢伸二(大阪外大、幹候36)2佐

02.8/12艦長藤村栄次(防大24)3佐

03.8/11艦長福原俊樹(防大23)2佐9/15佐世保港外黒島沖で実施された佐世保地方隊創立50周年記念展示訓練に護衛艦(DD127)いそゆき等とともに参加

04.8/5艦長林田嘉信(防大27)3佐(06.1/1、2佐)

06.1/20艦長久保直紀(防大28)2佐

07.3/26艦長西村正之2佐

08.3/25-8佐世保に寄港したフリゲート(FF421)ナレースアン等からなるタイ練習艦隊と交歓/26第26護衛隊第16護衛隊と改称し護衛艦隊直轄として佐世保に配備8/1艦長清水博史(防大33)2佐

09.8/3(-11.3/24)艦長織戸邦明2佐

10.7/9-11ミサイル護衛艦(DDG176)ちょうかい等とともに鹿児島に寄港

11.3/16第16護衛隊の解隊によりとねとともに第12護衛隊に編入され呉に配備/25艦長近藤匡(防大37)2佐(12.1/1、1佐)

12.7/2艦長長村久光2佐

13.7/29艦長松本圭太2佐

14.12/8艦長恩蔵洋2佐

15.12舞鶴に回航

16.3/18第14護衛隊に編入され舞鶴に配備/25艦長 長岩友久(防大40)2佐

16在籍.


Since 2 Mar. 2002.

Last up-dated, 22 Dec. 2016.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Sendai.

Ver.1.16a.

Copyright (c) hush ,2001-16. Allrights Reserved.

Up


動画