Down

Shiranui.  不知火.しらぬひ.

[気象]不知火.

旧暦7月、風の弱い新月の夜等に九州有明海、八代海に出現する発光現象で、海面から10mほどの高さの所に数百から数千の数が横並びに見える.

景行天皇が九州南部に進攻した際に船を進める目印にしたと「日本書紀」、「肥前国風土記」、「肥後国風土記」等にあり、誰がともしているか知らない火の意味で不知火と名づけられた.

1種の怪異現象と考えられていたが大正時代に遠くの漁船の漁火Iaribiが複雑に屈折して見える蜃気樓の1種と解明され、その後、年間を通じて最も海水の温度が上昇する夏に大潮により6mもの水位が下降して干潟が出現して急激な放射冷却が起こる事によって生じるとされた.

現在では干潟が埋め立てられたことと夜が明るくなった事により現象は観察されていない.

不知火海は八代海の別称.

第8代横綱不知火と、その弟子の第11代横綱不知火光右衛門1825-79が編み出した不知火型は雲龍型とともに大相撲の2大土俵入りの型であるが、本来は不知火が編み出したものが雲龍型、雲龍のが不知火型であったともいわれる.

「不知火の」は「筑紫」にかかる枕詞.

UpDown

水雷艇>軍艦>駆逐艦不知火

日本@ 東雲級駆逐艦(4/6)

IJN Shinonome class destroyer. Illustrated by SUDO.

第1期海軍拡張計画による1896計画第8号水雷艇駆逐艦としてジョン・I・ソニークラフト/チズウィック造船所で98.1/1起工3/16水雷艇不知火と命名6/28横須賀水雷団第1水雷艇隊艇長兼回航委員長矢島純吉(兵12)少佐99.3/15進水5/13竣工

10/19回航委員長笠間直(兵13)少佐11/10横須賀入港

1900.6/22軍艦、艦長村松亥四松(兵15)大尉7/28艦長隈元通純(兵15)大尉9/25艦長小林恵吉郎(兵15)少佐

03.6/22艦長小黒秀夫(兵15)少佐9/26(-04.3/10)艦長西尾雄次郎(兵17)少佐

04.9/11艦長桑島省三(兵20)大尉(05.1/12少佐)

05.12/12三等駆逐艦となり第11駆逐隊(叢雲夕霧不知火陽炎)を新編

06.1/25夕霧艦長田代巳代次(兵18)少佐が艦長を兼務3/20兼夕霧艦長堀江鶴彦(兵21)大尉4/23(06.8/30兼陽炎)艦長猪山綱太郎(兵17)少佐

07.4/27(-8/26兼陽炎)艦長横地錠二(兵27)大尉9/28夕霧艦長斎藤温海(兵27)大尉が艦長を兼務10/10兼艦長野田為良(兵28)大尉

08.1/15艦長阿部真一郎(兵26)大尉/16兼艦長野田為良大尉2/1艦長副島村八(兵28)大尉

09.5/25艦長和田健吉(兵29)大尉

10.1/15艦長阿部恒雄(兵28)大尉

11.5/23艦長米原末男大尉

12.2/1第11駆逐隊の解隊により佐世保鎮守府馬公要港部第10駆逐隊に編入、艦長中山鞆信(兵30)大尉8/28三等駆逐艦11/13艦長小川正冬(兵29)大尉

13.5/24艦長加島次太郎(兵31)大尉

14.12/1第10駆逐隊解隊

16.6/8艦長が丸山半三郎(兵31)少佐から森田弥五郎(兵32)大尉に交代

17.12/1艦長奥野晃(兵36)大尉

21.11/10-22.1/31白露艦長須賀彦次郎(兵38)大尉が艦長を兼務

22.2/1兼薄雲艦長大島信哉(兵37)大尉4/1特務艇(二等掃海艇)

23.6/30二等掃海特務艇

8/1雑役船(運貨船)公称第2526号と改名25.2/25廃船認許となり解体.

Photo by hush, 30 July 2009.

東京都墨田区両国1丁目の鉄鋼業岡田菊治郎商会(現岡田商事)が解体作業で得た同艦の錨2つが昭和初年に当時の江東尋常小学校(現在の両国小学校)に寄贈されており、現在も展示されているが、裏側には製造年と推定される1898が刻印されている.

なお、近傍には同校の卒業生であった芥川龍之介の碑文が1990に設置され、その小説「杜子春」の一節が刻まれている.

UpDown

駆逐艦不知火

日本A 陽炎級駆逐艦(2/18)

IJN Kagerou class destroyer.Illustrated by Iyapopo.

1937計画第18号(一等)駆逐艦38.4/15駆逐艦不知火と命名され浦賀船渠で6/28進水39.12/20中村謙治(兵48)中佐の指揮下に竣工し呉鎮守府籍となり第2艦隊第2水雷戦隊第18駆逐隊(陽炎不知火)に編入

40.10/15艦長赤沢次寿雄(兵49)中佐

41.11/17-8佐伯寄港後第1水雷戦隊所属として軽巡洋艦阿武隈等と/22-6択捉島単冠湾寄港後空母赤城等からなる機動部隊を護衛12/8開戦時、機動部隊に所属して真珠湾奇襲に参加/23-

42.1/8柱島寄港後赤城等からなる機動部隊を護送/14トラック入港/20ラバウル攻撃を護衛/21第5航空戦隊(空母翔鶴瑞鶴)を等とともに護衛してラエ、サラモアを攻撃/23ラバウルカビエン揚陸を支援/29-2/1.1100トラック寄港後アメリカ空母(CV6)エンタープライズ等のマーシャル諸島空襲により赤城等と追撃/3.0305作戦中止/8-15パラオ寄港/19赤城等のポート・ダーウィン空襲を護衛/21-5スターリング湾寄港後ジャワ島南方で作戦中3/1とともに商船を撃沈/5チラチャップ空襲を護衛/11-27スターリング湾寄港後インド洋作戦に従事中4/5コロンボ/9トリンコマリー空襲を護衛/23呉入港後整備に従事5/21軽巡洋艦神通等と第2水雷戦隊所属として呉出港/25サイパン入港6/3ミッドウェー攻略船団を護送/5-6ミッドウェー海戦に攻略部隊の一部として参加/14-7トラック寄港後第7戦隊(重巡洋艦熊野鈴谷)を護衛して/23呉入港/26-8横須賀寄港後等と水上機母艦千代田等を護送7/4.1710キスカ占領作戦参加の目的でキスカ湾外(52゚00'N/177゚40'E)に到着し濃霧のため仮泊中/5.0256等とともにアメリカ潜水艦(SS215)グラウラーの発射した魚雷1本を艦橋、第1煙突間に受けて大破し乗員3名が死亡後救難工作隊の協力を得て艦橋と檣を撤去、船体の爆破切断を実施8/15駆逐艦に曳航されてキスカ出港後第26号駆潜艇の護衛されて/20片岡湾入港後曳航任務を特設運送船富士山丸に交代/31特別予備艦9/3特設運送船神津丸に曳航されて占守島経由で舞鶴入港後修理

43.10/5艦長安並正俊(兵50)中佐.10末、工事完了(第3主砲塔を撤去し25mmIIIMGx2を搭載)11/1艦長荒悌三郎(兵56)少佐/15再就役し第9艦隊に編入

44.1/7佐伯出港後船団護衛/16-23パラオ寄港後ウエワクホーランディアに船団を護送2/3-21パラオ寄港後ウエワクホーランディアに船団を護送3/1第5艦隊第1水雷戦隊第9駆逐隊に編入後呉で探信儀を装備/30or31薄雲第5艦隊第1水雷戦隊隷下に第18駆逐隊を新編/31第18駆逐隊司令井上義雄(兵48)大佐の司令駆逐艦を継承4/2呉出港後大湊経由で北方海域に進出6/19大湊出港後重巡洋艦那智、足柄を護送/21呉入港/28横須賀出港後硫黄島に向かう船団を護送7/1-31大湊寄港後那智、足柄を護送8/2呉入港/11横須賀出港後父島に輸送を行う軽巡洋艦木曽、多摩を護送/14帰還10/14呉出港後那智、足柄を護送して奄美大島、馬公に寄港/24-5レイテ、スリガオ海峡海戦に参加/26.2030コロン出港後軽巡洋艦鬼怒、駆逐艦浦波を捜索中/27.0300マスバテ島南東沖に到達し捜索後帰投中.0935航空機発見を打電後消息不明(ミンドロ島南方のセミララ島の西方約1kmでアメリカ空母搭載機の空襲により沈没)となり、井上司令、艦長以下、全乗員が死亡12/10除籍.

信号符字JJHDorJZDA.

UpDown

鎮海工作部で1940.1竣工した旧日本海軍25t砲艇型内火艇が

49.12/20海上保安庁に引き渡され(CL71)しらぬひと改名され門司海上保安本部佐世保海上保安部に配属

50.6/1第7管区海上保安部佐世保海上保安部所属

51.10三池海上保安部に配属

54.5/1(CL111)

61.10/16解役.

106T.


Since 6 May 2008.

Last up-dated, 22 Sep. 2014.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Shiranui.

Ver.1.14a.

Copyright (c) hush ,2001-14. Allrights Reserved.

Up


動画