Down

Kasagi.  笠置.

笠置艦○ 笠置級防護巡洋艦 軍艦笠置@ 笠置丸(日本郵船) 笠置山丸(三井物産船舶部) 軍艦笠置○ 

[地名]笠置山.

京都府相楽郡笠置町南部、笠置山地の主峰で、木津川南岸に位置する花崗岩からなる標高289mの山.

天武天皇の命令で建立された伝承され1331元弘の乱の際に後醍醐天皇の行在所が置かれた笠置寺が山頂にある.

1932史跡、名勝に指定49付近一帯を京都府立笠置山自然公園に指定.

(35゚31'N/137゚21'E)

Up
Down

笠置艦

日本、改摩耶/赤城級砲艦(1/1)の候補艦名.

1885計画鋼製砲艦

6/30赤城艦と命名され小野浜造船神戸工場で86.7/20起工88軍艦赤城と命名90竣工1911除籍12民間に売却.

UpDown

日本 笠置級防護巡洋艦

4978nt

oa122.48(123.44*)wl114.2pp112.5x14.7x5.7m

R(直立3連成)x2/2 シリンドリカル(円)缶x12 15500ihp 22.5knt 石炭1000t 4000nm/10knt

203/45mmIx1+1=2 120mmIx(5+5)=10 80mmIx12 47mmIx6 360mmTTx5+(0)=5

同型艦(2/1898-9)

笠置.千歳*.

IJN Kasagi class protected cruiser Kasagi.

1896計画(二等)巡洋艦としてアメリカで建造(兵装は全てアームストロング式に統一).

2檣(補助帆走設備)2本煙突平甲板型.

高砂の略同型艦.

Up---------------------------------Down

軍艦笠置

日本@ 笠置級防護巡洋艦(1/2)

IJN Kasagi class protected cruiser. Illustrated by SUDO.

66艦隊計画による1896計画第1号(二等)巡洋艦

ウィリアム・クランプ&ソンズ/フィラデルフィア造船所で97.2/13起工3/26軍艦笠置と命名

98.1/20進水3/1回航委員長(艦長-99.6/9)柏原長繁大佐/8回航委員(8/6砲術長)奥宮衛(兵10)少佐(10/1中佐)、(8/6水雷長)土屋光金(兵12)少佐、(8/6航海長)井内金太郎(兵13)少佐/21二等巡洋艦6/9回航委員(8/6分隊長)秀島熊六(機旧4)機関少監7/8回航委員(8/6乗員)内田虎三郎(兵22)少尉(10/1中尉00.1/12分隊長心得9/25大尉、分隊長-01.2/14)

10/24竣工

/25デラウェアで実施された米西戦争凱旋記念観艦式に参列11/2アメリカ出港後アームストロング造船所で最終艤装を実施

99.3/16ポーツマス出港5/16横須賀到着6/3分隊長心得伊集院俊(兵21)中尉(9/29大尉、分隊長)/17(分隊長>)水雷長関重孝(兵16)大尉、砲術長松本直吉(兵18)大尉、(乗員>)分隊長心得関徳鹿衛(機2)中機関士7/1就役

/25副長加藤定吉(兵10)中佐8/16水雷長(-1900.5/20)下平英太郎(兵17)大尉9/29航海長小黒秀夫(兵15)大尉(12/25少佐)12/25副長山下源太郎(兵10)中佐

1900.5/20艦長永峯光孚(兵5)大佐/30義和団事件に対応して横須賀出港6/4大沽入港/10大沽沖の8ヶ国艦艇から陸戦隊2040名を北京に派遣した際に士官5水兵69名を派出(7/5山下副長を天津駐在陸戦隊総指揮官に任命)8/30砲術長山岡豊一(兵17)大尉(01.10/1少佐).9帰国12/6艦長矢島功(兵5)大佐

01.3/1副長広瀬勝比古(兵10)中佐/5機関長瀬戸菊次郎(旧機4)機関中監6/7航海長(-12/17)堀輝房(兵16)少佐8/24副長伊藤乙次郎(兵13)中佐10/1艦長坂本一(兵7)大佐、機関長近藤兵吉機関中監、分隊長石井来(機3)大機関士12/17砲術長中川繁丑(兵19)大尉

02.3/13砲術長和田幸次郎(兵17)大尉5/8副長(-03.2/18)黒井悌次郎(兵13)中佐7/2分隊長心得小松直幹(兵25)中尉(10/6大尉、分隊長)/23南鳥島事件で石井菊次郎外務書記官(後に外務大臣)を乗せて出港/27南鳥島到着後陸戦隊員を残して退去10/23艦長(-03.4/12)佐伯ァ(兵8)大佐

03.1/12砲術長高久文五郎(兵17)大尉2/18航海長(-7/7)加藤寛治(兵18)大尉5/14艦長西紳六郎(兵8)大佐、副長花房祐四郎(兵13)中佐6/22分隊長心得吉武貞輔(兵26)中尉(9/26大尉、分隊長)7/7副長心得木村剛(兵15)少佐(04.7/17中佐、副長)/21佐世保出港後浮船渠を大湊に曳航中/22角島夢崎の西方に座礁9/11艦長井手麟六(兵8)大佐、航海長市村忠次郎(兵20)大尉>(-05.2/13)内田虎三郎(兵22)大尉12/28巡洋艦千歳高砂吉野第3戦隊を新編し第3戦隊第1戦隊等と連合艦隊第1艦隊を編制

04第1艦隊第3戦隊(吉野高砂千歳)所属として日露戦争に従軍し旅順攻略作戦に参加中5/1分隊長犬塚太郎(兵25)大尉以下24名が第3次旅順港閉塞戦に愛国丸を使用して参加し港口南東沖約5nmで触雷により沈没した際に消息不明となった内田弘(兵27)中尉等8名以外が水雷艇により帰還/15.1050第1艦隊第1戦隊所属として戦艦初瀬等とともに旅順港外を哨戒中、触雷沈没した初瀬八島を救助8/10黄海海戦に参加

05.1/7艦長心得山屋他人(兵12)中佐(/12大佐、艦長)3/15副長(-12/20)田所広海(兵17)中佐4/5砲術長(-11/21)松村菊勇(兵23)大尉(8/5少佐)5/27日本海海戦に参加6/14艦長有馬良橘(兵12)大佐、軍医長西勇雄軍医少監9/12航海長(-06.1/25)岡村秀二郎(兵25)大尉10/16機関長/23横浜沖で実施された凱旋記念観艦式に参列12/12艦長西山保吉(兵10)大佐、(砲術長>)兼分隊長永松敏(兵25)大尉、(水雷長>)兼分隊長井上猪之吉(兵27)大尉、軍医長中島悦郎大軍医

06.10/16機関長平野伊三郎(兵17)機関中佐転任

07.1/18装甲巡洋艦筑波等と第2艦隊を編制8/5艦長(-08.4/20)山県文蔵(兵11)大佐/28機関長心得前原庸三郎(兵19)機関少佐>平井正慶(兵19)機関少佐9/28航海長藤村昌吉(兵27)大尉>替地初太郎(兵26)大尉、分隊長鈴木清(機11)機関大尉、藤田六郎(機11)機関大尉

08.9/15艦長東郷吉太郎(兵13)大佐/25航海長丸尾剛(兵28)大尉>吉田良鋭(兵27)大尉、(砲術長>)兼分隊長吉田幸雄(兵28)大尉、分隊長心得鳥居秀夫(機12)機関中尉12/10兼肥前艦長築山清智(兵11)大佐

09.2/14兼肥前艦長(-4/7)久保田彦七(兵11)大佐11/1艦長兼利根艤装員長兼佐世保工廠艤装員(-12/1)臼井幹蔵(兵13相当)大佐

10練習艦となりハワイ方面を巡航2/16兼磐手艦長北野勝也(商船学校6兵13相当)大佐、副長湯浅安次郎(兵18)中佐転任3/19艦長(-11.4/12)山路一善(兵17)大佐4/9副長東条明次(兵21)中佐5/23砲術長松本匠(兵29)大尉、水雷長(-11.8/19)臼井国(兵30)大尉

11.4/1副長心得福地嘉太郎(兵20)少佐(12/1中佐、副長)、(分隊長>)砲術長永野永三(兵29)大尉、分隊長西田徳次(兵29)大尉5/22分隊長(-12/1)小野弥一(兵33)大尉/23艦長近藤常松(兵15)大佐8/5航海長前川直平(兵27)少佐>(-12.12/1)河村達蔵(兵30)大尉.12浮船渠に収容された砲艦鳥羽を佐世保から呉淞へ曳航/1艦長(-12.12/1)志摩猛(兵15)大佐、砲術長永野永三(兵29)大尉>(-12.12/1)鹿江三郎(兵30)大尉、分隊長田中方助(兵33)大尉

12.4/1副長(-12/1)白根熊三(兵24)中佐12/1水雷長下村利弥(兵29)少佐

13.5/24艦長岡田三善(兵16)大佐、航海長(-15.7/19)三戸基介(兵32)大尉12/1第3艦隊参謀長兼艦長飯田久恒(兵19)大佐、副長匝瑳胤次(兵26)中佐、水雷長後藤章(31)大尉、分隊長(15.9/8-/16水雷長)蔵田直(兵33)大尉、川野勝次(機17)機関大尉、(-14.10/21)軍医長壁島為造大軍医

14.5/27艦長馬場祐内(兵17)大佐7/18機関長松原彦七(機10)機関少佐8/5分隊長鈴木重友(機14)機関大尉/7分隊長中村忍(兵34)大尉>/18副長心得(-12/1)鳥崎保三(兵27)少佐11/10艦長心得古川テ三郎(兵21)中佐(12/1大佐、艦長-15.7/19)

15.2/1砲術長大谷喜四郎(兵31)大尉>福岡吾太夫(兵32)大尉7/19機関長(-16.8/21)神崎保(機10)機関少佐(16.4/1機関中佐)、航海長奥名清信(兵33)大尉8/6分隊長山本松四(兵33)大尉転任9/25艦長心得松村菊勇(兵23)中佐12/4横浜沖で実施された御大礼特別観艦式に参列/13艦長(-16.9/25)桜井真清(兵22)大佐、副長心得広沢恒(兵28)少佐(16.4/1中佐、副長)、軍医長今吉政吉軍医少監

16.5/23ウラジオストック港外で座礁したロシア巡洋艦ペレスヴィエトの救助の目的で横須賀、舞鶴工廠職工を輸送7/2秋田県男鹿半島船川湾で荒天により座礁(/17離礁)した給油艦志自岐の舞鶴曳航の目的で/18横須賀出港/20.1436津軽海峡を通過中、濃霧により亀田半島南東部、日浦岬の北東約2nmの北海道渡島支庁恵山町尻岸内Shirikishinai海岸で座礁後自力離礁に失敗8/8以降の荒天により/10夜、第2煙突直後で船体折損/13放棄11/5除籍12/12売却.

IJN Kasagi class protected cruiser Kasagi.

予定艦名千早or白根.

UpDown

笠置丸

日本郵船貨客船

横浜船渠で161番船として1927.10/5起工

28.3/3進水4/30竣工

.5神戸=上海航路に就航/9陸軍が徴用(船番号246)6/6徴用解除

30.3/6神戸港であらびあ丸と衝突し船首を大破

32.12/12大阪港でスウェーデン船と接触

37.8/25陸軍が徴用し病院船として使用(船番号246)

38.4/15徴用解除

41.7/25海軍が徴用8/15横須賀鎮守府所管の機雷敷設に従事する特設砲艦となり浅野船渠で艤装工事に着手、(-43.2/9)艦長渡部サ(兵34召)大佐9/30工事完了し横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊に編入12/8横浜港でオランダ貨物船ベアトリスBeatrice(4128T)を拿捕(琵琶丸と改名)

42.3/3館山出港後大島新島東方海域で対潜掃討中/4.0835(34゚45'N/139゚32'E)で特設運送船太隆丸と接触/4浦賀入港11/1横須賀海面防備部隊直接護衛部隊に部署

44.1/26横須賀出港後敷設艇猿島第44号駆潜特務艇に護衛されて南鳥島へ軍需品を輸送中/27.2355御蔵島の南方約43km(33゚30'N/139゚35'E)でアメリカ潜水艦(SS193)スウォードフィッシュの発射した魚雷4本を船首、船橋後部、機関室、船尾に受けて炎上/28.0220沈没し便乗者468船員6計474名が死亡3/10徴用解除と同時に除籍.

3141(3917D)T pp99.06x14.02x(8.23)m R(3連成)x1/1 2522ihp 11.5(15.14)knt 一等6三等82.

船舶番号33617.

信号符字TMKW>JQOB.

六甲丸級近海用貨客船8隻の第7船.

UpDown

笠置山丸Kasagisan maru.

三井物産船舶部貨物船

三井物産造船部玉工場で101番船として1924.7/15起工

25.1/28進水3/26竣工

32.1陸軍が徴用

35.2/21若松港外一の瀬沖で呉竹丸と衝突

41.3/25海軍が雑用船として一般徴用10/15佐世保鎮守府所管特設運送船(雑用船乙)となり支那方面艦隊に配属12/1広東方面部隊付属

42.1/30香港出港後拿捕船アーガスArgus、ハルダーHalldor(春田丸と改名)を福江へ誘導中2/1東大島近海で濃霧により拿捕船と分離/15海軍省に配属され香港方面部隊に部署、佐世保工廠で艤装工事に着手3/4工事完了5/15第3南遣艦隊に編入8/25南西方面艦隊に編入12/28設立された三井船舶(東京)に移籍

43.2/28下田沖(34゚39'N/138゚58'E)で貨物船香椎丸と衝突し香椎丸が沈没

44.6/29.1550マカッサ丸等からなるM25船団に加入してサンボアンガ出港7/3.1030マニラ到着9/24ミンドロ島南方でアメリカ第38任務部隊搭載機による空襲に遭遇し機関室の一部を焼損11/5.0100マニラ出港後辰春丸道了丸とマタ31船団を編成し重巡洋艦熊野青葉と第21駆潜隊に護衛されて航行中.0700ルソン島西岸サンタ・クルス抜錨/6リンガエン湾西方(16゚11N/119゚44'E)で熊野が被雷脱落/19高雄入港/21台風を避けて避泊した北サン・フェルナンド(16゚00'N/120゚00'E)で座礁し船底を損傷/25第38任務部隊空母搭載機の攻撃により魚雷1本を第1船倉に受けて船体を破断され船員34名が死亡後放棄/29沈没.

2427T pp86.56x12.80x7.09m R(3連成)x1/1 1200ihp.

船舶番号30525.

信号符字STRW>JKTB.

華頂山丸級貨物船4隻の第2船.

UpDown

軍艦笠置

日本○ 改飛龍/雲龍級空母(4/3+3+10)

IJN Unryu class aircraft carrier. Illustrated by 和来名春.

1942戦時建造補充(改D)計画空母第5004号艦

43臨時軍事費により三菱重工業長崎造船所で907番船として43.4/14起工

44.9/5軍艦笠置と命名10/19進水

45.1/20艤装員長大石保(兵48)大佐3/5艤装員長室田勇次郎(兵50)大佐4/1工程84%で建造中止/25佐世保恵美須Ebisu湾に未成状態で回航8/15敗戦時、未成状態

46.9佐世保船舶工業が解体に着手

47.12解体完了.

IJN Unryu class aircraft carrier Kasagi, 2 Nov. 1945.

候補艦名乗鞍.

改鈴谷/伊吹級重巡洋艦(2/+2)301号艦の主機を流用して建造.


Since 15 Dec. 2002.

Last up-dated, 26 Feb. 2019.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Kasagi.

Ver.1.19a.

Copyright (c) hush ,2001-19. Allrights Reserved.

Up


動画