Down

舞鶴鎮守府

舞鶴鎮守府

舞鶴鎮守府 舞鶴要港部 舞鶴鎮守府 舞鶴経理部 舞鶴工廠 舞鶴港務部 舞鶴予備艦部 舞鶴海兵団 舞鶴水雷団 舞鶴水雷隊 舞鶴鎮守府在籍艦艇一覧 

Up
Down

舞鶴鎮守府

1901.7/6参謀長(10/1兼舞鶴水雷団長/21参謀長兼舞鶴港務部兼予備艦部長)中溝徳太郎(兵5)大佐10/1開庁、司令長官東郷平八郎中将、舞鶴測器庫主管杉坂虎次郎(兵9)中佐、兵事官森亘(兵11)少佐、藤野栄蔵(商船学校6兵13相当)少佐、並木寅之助(兵17)大尉、参謀兼艦政本部員松村純一(兵18)大尉、副官森川虎雄(兵18)大尉、医務部長(03.11/10軍医長)兼舞鶴病院鈴木重道()軍医大監、舞鶴病院看護術練習乗員教官兼医務部員高橋信美(87)軍医中監

02.3/12参謀長(-5/24兼舞鶴港務部長兼舞鶴予備艦部長)新島一郎(兵5)大佐11/8機関部長(03.11/10-05.12/12機関長)山本直徳(旧機2)機関大監

03.10/19司令長官日高壮之丞(兵2)中将

04.1/19軍医長兼舞鶴病院鶴田鹿吉()軍医大監

05.12/12機関長佐藤亀太郎機関大監(06.1/26機関大佐)、参謀兼副官植村信男(兵26)大尉/13舞鶴病院長兼軍医長石黒宇宙治(86)軍医大監(06.7/6軍医総監)

06.3/14副官岸久太郎(兵17)少佐転任4/7参謀長松本有信(兵7)大佐11/22参謀長伊地知季珍(兵7)大佐/24舞鶴病院長兼軍医長(-09.8/20)戸祭文造(86)軍医大監

07.5/17参謀兼副官森脇栄枝(兵27)大尉9/28機関長永嶺謙光(旧機2)機関大佐12/24舞鶴経理部長兼主計長中台順吉(85sh)主計大監>富田慶二(85sh)主計大監

08.8/28司令長官片岡七郎(兵3)中将(10.12/1大将)11/20参謀兼副官森電三(兵28)大尉12/10参謀(-11.12/1)下平英太郎(兵17)中佐、機関長(12.7/12)関重忠機関大佐、佐世保経理部長兼主計長秋山藤吉(86sss)主計大監

09.5/25参謀兼副官宇川済(兵28)大尉

10.4/9参謀長和田賢助(兵8)少将12/1参謀(-11.12/1兼望楼監督官-12.4/20)犬塚太郎(兵25)少佐

11.1/16副官(-12/1)原篤慶(兵15)中佐/18司令長官三須宗太郎(兵5)中将12/1参謀長(-12.12/1)牛田従三郎(兵12)少将、参謀兼望楼監督官石田幸太郎(兵27)少佐

12.4/20軍医長兼舞鶴病院石原純固(84)軍医総監9/30竹敷要港部の廃止により第14艇隊を移管12/1舞鶴人事部長兼人事長藤野栄蔵(商船学校6兵13相当)中佐>大山鷹之介(兵17)中佐

13.4/1機関長(-15.12/13)江連磋磨橘(兵15)機関大佐、舞鶴病院長兼軍医長鈴木裕三(89)軍医大監9/25司令長官八代六郎(兵8)中将、武富咸一(兵27)少佐12/1副官水谷耕喜(兵28)少佐、副官兼参謀田子嶋茂利(兵32)大尉、舞鶴経理部長兼主計長藤田経孝(87ssy)主計大監

14.1/15参謀兼望楼監督官古賀琢一(兵29)少佐4/17司令長官坂本一(兵7)中将12/1参謀長(-15.4/1)片岡栄太郎(兵15)大佐、舞鶴経理部長兼主計長相良澄(98ssk)主計大監

15.5/1(参謀>)兼望楼監督官松坂茂(兵27)少佐、(参謀兼望楼監督官>)副官田中勇(兵30)少佐12/13司令長官名和又八郎(兵10)中将、参謀(-16.12/1)太田質平(兵32)少佐、舞鶴病院長兼軍医長吉河為久蔵(92)軍医大監、舞鶴経理部長兼主計長(-16.7/24)山崎彦之進(90ssk)主計大監

16.1/22副官(-12/1)吉田茂明(兵30)少佐4/1参謀長(-17.12/1)菅野勇七(兵17)大佐

17.12/1司令長官財部彪(兵15)中将、参謀(/7兼望楼監督官-18.4/25)松山茂(兵30)中佐、副官兼参謀石原戒造(兵35)大尉>(-19.12/1)高橋忠治(兵35)大尉、文庫主管津留雄三(兵30)少佐、舞鶴病院長兼軍医長中川平八(93sgk)軍医大監、舞鶴経理部長兼主計長佐野廉三郎(90ssk)主計大監

18.9/25参謀長小林研蔵(兵19)大佐11/10参謀長田口久盛(兵21)大佐12/1司令長官野間口兼雄(兵13)中将、参謀(/11兼望楼監督官-19.8/1)和田健吉(兵29)中佐、舞鶴病院長兼軍医長吉河為久蔵(92)軍医大監

19.6/1舞鶴病院長兼軍医長中川平八軍医大監(9/23軍医大佐12/1軍医少将)/12文庫主幹石井三郎(兵34)大尉8/1参謀兼望楼監督官(-20.9/6)池田他人(兵30)中佐12/1司令長官黒井悌次郎(兵13)中将、参謀中島英次(機11)機関中佐、副官兼参謀(-20.12/1)園田滋(兵37)大尉

20.8/16司令長官(-21.12/1)佐藤鉄太郎(兵14)中将11/20参謀長心得(12/1少将、参謀長-22.12/1)内田虎三郎(兵22)大佐、文庫主管木村由之助(兵32)少佐12/1機関長栗田富太郎(機3)機関少将、副官兼参謀大野善隆(兵39)大尉

21.12/1司令長官小栗孝三郎(兵15)中将、参謀藤田六郎(機11)機関中佐>吉本彦次郎(機13)機関中佐、舞鶴病院長兼軍医長鈴木寛之助軍医少将

22.11/10機関長心得本城貞次郎(機7)機関大佐12/1参謀長島祐吉(兵29)大佐

23.4/1廃止により舞鶴要港部と改名、第31駆逐隊佐世保鎮守府籍とし第30駆逐隊と改称.

UpDown

舞鶴要港部

23.4/1舞鶴要港部に改編、司令官斎藤半六(兵17)中将、港務部長(-9/1)辻友輔(兵29)大佐、機関長本城貞次郎(機7)機関大佐(-12/1)、部員福岡吾太夫(兵32)中佐、堀田末吉(機18)機関少佐、(-11/10)石井常次郎(機18)機関少佐、神田親太郎(機18)機関少佐、伊達和助(機22)機関大尉、部員兼分隊長木村祐(機21)機関大尉、病院長兼軍医長高宮隆(98sk)軍医大佐、主計長服部邦光主計大佐、軍需部長芹沢正人(06cs)主計中佐(12/1主計大佐)、部員桝田次郎(06cs)主計大佐、(-24.4/21)大束健夫(11cs)主計少佐、部員(6/11兼分隊長-10/15)上原純之助(京都府立医専)軍医大尉、舞鶴工廠工作部に改編6/1司令官百武三郎(兵19)中将11/10病院長兼軍医長折茂恒治(岡山医専)軍医中佐(12/1軍医大佐)12/1参謀長(-24.12/1)池田他人(兵30)大佐、副官兼参謀(-26.12/1)相浦小七(兵36)少佐、部員都築伊七(機18)機関少佐(24.12/1機関中佐25.3/2兼機関学校教官-26.7/10)

24.4/21部員(-27.12/1)久武戒三(東京高商)主計少佐10/4司令官中里重次(兵20)中将11/8部員杉谷与七(経2)主計大尉

25.6/1司令官古川テ三郎(兵21)中将11/20参謀長松山茂(兵30)大佐12/1参謀(-27.12/1)宍戸好信(兵37)中佐、病院長兼軍医長山下奉表(03sk)軍医大佐、舞鶴防備隊軍医長兼部員田代良顕(13sg)軍医少佐、部員兼横須賀海兵団付饗庭博(17sg)軍医大尉

26.10/15部員一法師喜雄(兵37)少佐>宮坂市郎(兵41)大尉、部員兼分隊長寺山栄(機25)機関大尉>黒原退蔵(機22)機関少佐12/1参謀長柴山司馬(兵32)大佐、舞鶴防備隊軍医長兼部員服部周二(16sg)軍医少佐、部員(-27.12/1)高橋豊(16sg)軍医少佐、部員兼分隊長天寺五郎(20gs)軍医大尉、大久保繁雄(21gs)軍医大尉/10司令官大谷幸四郎(兵23)中将

27.4/1港務部長(28.10/20兼軍需部長)立花一(兵33)大佐11/15部員兼機関学校教官渋谷隆太郎(機18)機関中佐

28.5/16司令官飯田延太郎(兵24)中将12/10佐世保鎮守府第28駆逐隊を編入、司令官鳥巣玉樹(兵25)中将、軍需部長佐藤英夫(兵33)大佐、機関長川村武夫(機14)機関大佐>高野順(機14)機関大佐、病院長兼軍医長氏家孝次郎(仙台医専)軍医大佐、経理部長兼主計長(-29.11/30)吉村梅(京大法)主計大佐、部員兼分隊長兼機関学校付黒木武一(18sg)軍医少佐

29.11/11司令官清河純一(兵26)中将/30軍需部長山脇信顕(兵33)大佐、機関長星野慶末(機15)機関大佐、病院長兼軍医長矢野環(岡山医専07s)軍医大佐12/24部員上原純之助(15sg)軍医中佐

30.1/4舞鶴無線電信所長兼参謀安川正治(兵47)大尉>宿谷平治(兵48)大尉5/26舞鶴防備隊軍医長兼部員広田棄夫軍医少佐11/1参謀長谷本馬太郎(兵35)大佐/15港務部長武藤浩(兵35)中佐(12/1大佐31.12/1-32.4/1兼吾妻艦長-12/1)、参謀(-32.11/15)宇垣完爾(兵39)中佐12/1第28駆逐隊鎮海要港部に編入、司令官末次信正(兵27)中将、参謀長(-31.12/1)柴山昌生(兵35)大佐、副官兼参謀(-31.12/1)溝口征(兵45)少佐、機関長園田耕三(機16)機関大佐、部員守谷七之進(機16)機関大佐転任

31.11/14舞鶴防備隊軍医長兼部員広田棄夫軍医少佐12/1司令官大湊直太郎(兵29)中将、参謀長祝原不知名(兵36)大佐、軍需部長(-33.11/15)片山清次(機16)機関大佐、機関長工藤重治郎(機17)機関大佐、副官兼参謀(-33.11/15)加藤栄吉(兵46)少佐、部員越沢伝治(機24)機関少佐(33.11/15機関中佐)

32.11/15部員本告唯次(兵47)大尉、舞鶴無線電信所長兼参謀御船伝蔵(兵49)大尉(12/1少佐)12/1司令官今村信次郎(兵30)中将、機関長(-34.11/15)立花才次郎(機18)機関大佐、部員吉田義行(兵46)少佐、(>兼舞鶴防備隊主計長)渋谷安雄(経12)主計大尉、病院長兼軍医長(-33.11/15)生田善次(08sg)軍医大佐

33.9/15司令官百武源吾(兵30)中将11/15参謀長中村重一(兵37)大佐、(部員>)兼分隊長早川美智雄(28gc)軍医大尉

34.5/18部員(-36.12/1)西岡左運(兵46)少佐10/22参謀森徳治(兵40)中佐>秋山門造(兵42)中佐、舞鶴無線電信所長兼参謀三井淳資(兵50)大尉(35.11/15少佐)、部員松村積徳(機24)機関少佐(11/15機関中佐)11/15司令官12/2司令官松下元(兵31)中将

35.4/1部員広布金次郎(経9)主計少佐8/15病院長兼軍医長豊田実(11sg)軍医大佐10/31副官兼参謀櫛引誠雄(兵50)少佐11/15機関長木村仁(機20)機関大佐、経理部長兼主計長加納金三郎(13ss)主計大佐12/2司令官塩沢幸一(兵32)中将

36.12/1司令官中村亀三郎(兵33)中将、舞鶴無線電信所長(37.6/1-38.3/15舞鶴通信隊司令)兼参謀野崎虎雄(兵50)少佐、機関長赤坂卯之助(機21)機関大佐、病院長兼軍医長小金井良一(東大医15C)軍医大佐

37.5/20病院長兼軍医長原隼人(東大医)軍医大佐(39.11/15軍医少将)12/1司令官出光万兵衛(兵33)中将、機関長津田勝次(機21)機関大佐/15経理部長兼主計長(-38.11/15)片岡覚太郎(経1)主計大佐

38.3/15舞鶴通信隊司令兼参謀11/15司令官片桐英吉(兵34)中将、軍需部長(-39.12/1)細谷信三郎(機22)機関大佐12/1機関長美原泰三(機22)機関大佐/15参謀(39.10/9兼舞鶴要塞司令部員)篠田太郎八(兵44)中佐(39.11/15大佐)、部員前田仁三郎(経7)主計中佐>辻忠臣(経7)主計中佐

39.11/15司令官原五郎(兵35)中将、参謀長志摩清英(兵39)少将、舞鶴通信隊司令兼参謀三浦徳四郎(兵51)少佐12/1舞鶴鎮守府に改編.

UpDown

舞鶴鎮守府

1939.12/1舞鶴要港部を舞鶴鎮守府に改編、司令長官原五郎(兵35)中将、参謀長志摩清英(兵39)少将、機関長(-40.9/20)美原泰三(機22)機関大佐、舞鶴病院長兼軍医長原隼人(東大医)軍医少将

40.9/20機関長野宮三郎(機22)機関大佐10/15参謀長左近充尚正(兵40)大佐11/15舞鶴病院長兼軍医長芋川千秋(東北大医専)軍医少将、舞鶴通信隊司令兼参謀田中瑞穂(兵50)中佐

41.5/1参謀兼舞鶴要塞司令部員篠田太郎八(兵44)大佐転任8/11参謀長浜田浄(兵42)大佐/20機関長(-42.7/14)岡野篤夫(機23)機関大佐10/15舞鶴病院長兼軍医長堀田慎之(13sg)軍医少将

42.6/10参謀長高木惣吉(兵43)大佐(43.5/1少将)7/14司令長官(-43.2/1)新見政一(兵36)中将、機関長寺山栄(機25)機関大佐(11/1大佐、兼舞鶴艦船部長-43.10/10)9/6舞鶴通信隊司令兼参謀清水谷武(兵50)中佐11/1舞鶴病院長兼軍医長竹雅進平(長崎医専)軍医少将12/1副官兼参謀池田暎(兵50)中佐

43.9/25参謀長曽爾章(兵44)大佐(44.5/1少将-9/25)

44.9/25参謀長兼補給長鳥越新一(兵43)少将11/1舞鶴病院長兼軍医長(-45.10/15欠員)菅田直樹(岡山医専)軍医中将/15舞鶴人事部長兼人事長小倉真二(兵43)少将

45.3/1(7/10-8/25兼第1護衛艦隊)司令長官田結穣(兵39)中将4/25海軍総隊に編入7/1(/10兼第1護衛艦隊)参謀石田捨雄(兵64)少佐.

UpDown

舞鶴防備戦隊

1941.10/1参謀朝広裕二(兵50)少佐(/15中佐).

UpDown

舞鶴港務部

1901.10/1舞鶴海兵団長兼舞鶴予備艦部長兼舞鶴兵器廠永峯光孚(兵5)大佐、兼舞鶴予備艦部北野勝也(商船学校6兵13相当)中佐、舞鶴海兵団分隊長兼舞鶴予備艦部員兼副官東島乙吉郎(兵22)大尉

07.4/18(-7/10)部員関重光(機5)機関大尉

12.12/1兼阿蘇主計長吉田角郎主計少監転任

15.12/13部長心得福島熊太郎(兵22)中佐(16.12/1大佐、部長-17.12/1)

16.12/1部員(>兼副官)永井房夫(兵32)少佐

17.12/1部員(/26兼副官)市来哲蔵(兵30)少佐.

UpDown

舞鶴予備艦部

1901.10/1舞鶴海兵団長兼舞鶴港務部長兼舞鶴兵器廠永峯光孚(兵5)大佐、兼舞鶴港務部北野勝也(商船学校6兵13相当)中佐、舞鶴海兵団分隊長兼舞鶴港務部員兼副官東島乙吉郎(兵22)大尉

03.7/7舞鶴鎮守府機関部長(03.11/10機関長)兼舞鶴予備艦隊機関長(-04.7/12)山本直徳(旧機2)機関大監.

UpDown

舞鶴海軍工廠

舞鶴兵器廠 舞鶴造船廠 舞鶴工廠 舞鶴要港部工作部 舞鶴工廠 

UpDown

舞鶴経理部

1914.3/20課員(8/15兼衣糧科科員-9/25)武井大助(09ss)大主計

16.9/1第2課兼第1課員(-18.1/9)熊生栄(東京高商)大主計

17.12/1第1兼第2課員(19.2/1兼舞鶴鎮守府付-7/7)久武戒三(東京高商)大主計

29.11/30経理部長鈴木博主計大佐

30.12/1経理部長兼主計長(-31.12/1)三輪寛(09cs)主計大佐

31.12/1経理部長兼主計長(-33.11/15)川田小三郎(東大法)主計大佐

33.12/1部長兼主計長熊生栄(東京高商)主計大佐

34.11/15経理部長兼主計長平井博(10ss)主計大佐

35.11/15経理部長兼主計長(-37.12/15)加納金三郎(東京高商)主計大佐.

UpDown

舞鶴海兵団

UpDown

舞鶴水雷団

1900.1/25機関長心得藤江逸志(機3)中機関士/29兼呉水雷団大久保保喜(兵5)大佐、水雷敷設隊司令福島春長(兵11)少佐(01.12/17中佐)、水雷敷設隊分隊長佐多直道(兵14)大尉、兼呉水雷団副官岡田三善(兵16)大尉、兼呉水雷団軍医長(-2/15欠員)石尾正享()軍医少監、兼呉水雷団主計長金井茂太郎(87ssy)主計少監2/15臨時建築部舞鶴支部長兼団長(-01.7/6)中溝徳太郎(兵5)大佐、機関長心得大内愛七(機4)中機関士、臨時建築部支部員兼主計長秋葉鉱太郎大主計、臨時建築部支部員兼副官(-9/25)北野勝也(兵13相当)少佐6/7機関長心得南沢安雄(機3)中機関士9/25水雷敷設隊分隊長山下正武(兵18)大尉12/6団長永峯光孚(兵5)大佐

01.1/18水雷敷設隊分隊長芳賀玄c(兵17)大尉8/30主計長兼臨時建築部支部員中堀亦次郎(96s)大主計10/1第44、第47、第48、第49、第60、第61、第62、第63、第64、第65第66水雷艇で水雷艇隊を新編、舞鶴鎮守府参謀長兼団長(-/21)中溝徳太郎(兵5)大佐、水雷艇隊司令坂元宗七(兵9)中佐、機関長淵岡純一郎(兵16)機関少監、艇長篠原利七(兵17)大尉、(-12/12)小林研蔵(兵19)大尉、田中治平(兵20)大尉、水雷艇隊(02.9/10第2水雷艇隊)付太田原達(兵26)中尉、名古屋為毅(兵26)中尉、山口宗太郎(兵26)中尉、永田武次郎(兵27)少尉/25団長(-12/23兼舞鶴兵器廠長)大久保保喜(兵5)大佐11/13水雷艇隊(02.9/10第2水雷艇隊/19第1水雷艇隊-03.9/14)艇長中村正奇(兵20)大尉12/12水雷艇隊艇長磯部忠次(兵21)大尉

02.3/13水雷敷設隊分隊長土田粂太郎(兵15)少佐/14水雷艇隊(9/10第1水雷艇隊)艇長(-02.12/9)四元賢助(兵20)大尉5/24水雷敷設隊司令南義親(兵8)中佐9/10水雷艇隊を第62-6号水雷艇からなる第1水雷艇隊、第44、第47、第48、第49、第60、第61号水雷艇からなる第2水雷艇隊に分割、第2水雷艇隊艇長(/19第1水雷艇隊艇長-03.7/7)三村錦三郎(兵18)大尉10/6副官篠原利七(兵17)少佐12/9第2水雷艇隊付(03.7/24艇長心得-9/14)宮村暦造(兵27)中尉/23団付(-03.2/20)与倉守之助(機7)中機関士

03.1/23第2水雷艇隊付(-7/24)江口金馬(兵27)中尉2/4第1水雷艇隊付(7/24艇長心得寺岡平吾(兵27)中尉4/15副官増田忠吉郎(兵19)大尉7/7水雷敷設隊司令小橋篤蔵(兵8)中佐、第1水雷艇隊艇長(-9/14)田尻唯二(兵23)大尉、軍医長山下弁治郎(86)軍医少監>山岸朔五郎(85)軍医中監、主計長相沢於兎吉(98ssy)主計少監>山田長保主計少監/24第2水雷艇隊艇長心得(-9/14)横地錠二(兵27)中尉9/14第1、第2水雷艇隊を第20(第62-5号水雷艇)第21水雷艇隊(第44、47-9号水雷艇)に改編

04.2/7舞鶴病院兼鎮守府付兼軍医長長井又蔵()軍医中監>軍医長岡本覚太郎()軍医中監

05.1/12?団長小橋篤蔵(兵8)大佐12/12団長矢島純吉(兵12)大佐

06.9/28機関長丹羽武五郎(兵18)機関少佐>(11/22機関長心得)平井正慶(兵19)機関少佐11/22団長松本有信(兵7)大佐(07.3/12少将)、副官山崎金一(兵16)少佐12/20第14駆逐隊を編入

07.5/17副官森脇栄枝(兵27)大尉>水雷敷設隊分隊長兼副官児玉兼三郎(兵29)大尉8/28機関長(-08.7/31)江連磋磨橘(兵15)機関中佐

08.4/1第20、第21水雷艇隊を第16、第17艇隊に改編5/15団長寺垣猪三(兵6)少将8/28兼舞鶴海兵団西山保吉(兵10)大佐9/15団長森義太郎(兵10)大佐

09.2/20副官(-10/25)米原林蔵(兵13)中佐

10.4/9団長石田一郎(兵11)大佐7/25団付(-11.2/13)伏島忠雄(06sgk)中軍医12/1団長木村浩吉(兵9)少将、機関長江連磋磨橘(兵15)機関大佐

11.5/22団付浅井真澄(機17)機関少尉>井沢長三郎(機17)機関中尉、桜井誠中主計転任12/1団長、機関長黒川已太郎(兵18)機関大佐、副官木岡英男(兵30)大尉

12.3/9副官大橋朝正(兵27)少佐12/1副官(-13.4/1)亥角喜蔵(兵31)大尉、軍医長石坂真次郎(91)軍医中監>天羽恒太郎軍医少監、主計長滝山安栗(96s)主計中監>湯木英雄(00Is)主計少監

13.3/24舞鶴水雷隊に改編.

舞鶴水雷隊

13.3/24舞鶴水雷団を舞鶴水雷隊に改編、司令官土屋光金(兵12)少将5/24司令官(-8/10、11/15)鈴木貫太郎(兵14)少将12/1解隊.

UpDown

舞鶴鎮守府在籍艦艇一覧

軍艦

(伊吹).

木曽.利根.筑摩.

龍鳳.大鳳.日進.

敷設艇

成生.新井崎.

特務艦

神威.荒埼.


PREVIOUS  NEXT

Since 14 Feb. 2021.

Last up-dated, 25 Sep. 2022.

The Encyclopedia of World ,Modern Warships.

Maidzuru Chinjuhu.

Ver.1.22a.

Copyright (c) hush ,2001-22. Allrights Reserved.

Up


動画